スキンケアカウンセラーの美肌の真理

スキンケアカウンセラーの美肌の真理

乾燥による肌荒れを防ぎあなたの輝く未来をサポートするスキンケアカウンセラーブログ
10年先を意識したエイジングケアを習慣に。美しく心豊かな女性になっていただければ幸いです。
※エイジングケアとは年齢に応じたお手入れのこと




Amebaでブログを始めよう!

お肌の乾燥が気になる季節になりました。

冷たい外気の空気で
目元のメイク崩れが目立って困る など
乾燥肌でお困りのお声もいただきましたので

本日はおいしい情報とともにご参考になさってくださいね。

 

乾燥肌を防ぐスキンケア方法は?

私は日々のスキンケアは常に水分、油分、保湿液のバランスを保つアイテムのご使用と
泡成分は夜のみにお試しいただくことをお勧めいたしております。

 

スキンケアと合わせて
体の内面からのアプローチもお忘れなく。

フグの成分は美肌と健康をサポート
先日、フグ鍋のコースをいただきましたので
今回はおいしい情報をご紹介させていただきます。

 


お鍋とフグ刺し、唐揚げ とってもおいしいですね。

 


しかしフグは おいしさばかりではありません。

 


フグは冬のお鍋の人気メニューのひとつですが
フグ成分は美肌と健康に役立つことはご存知でしょうか?

 


フグは高たんぱく低カロリーで脂肪分は殆どなく
あっさりとした味のお鍋で
ダイエット中の方にも人気があり、夜のお食事におすすめですね。

 


フグの身には、旨み成分(グルタミン酸やイノシン酸など)が多数含まれ
他の白身の魚とは違ったコクがあり フグを使ってお鍋をするときには、
だしを入れなくてもふぐの旨みが充分広がりいっしょにいただく
野菜や豆腐もとってもおいしいです。

フグの美肌と健康成分

フグには以下の
美肌と健康に役立つ成分がたっぷり^^

寒い冬に近づいてきますが
美肌成分と健康のために栄養を
しっかりと補給していきましょう。

 

コラーゲン:美肌の成分
私たちの皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つの部分から成っていますが、
コラーゲンは真皮の主成分となるたんぱく質で、肌の弾力を保つ役割をしています。
中でも海洋性コラーゲンは吸収が良く、サプリメントの原料としても良く使われています。
ふぐの皮には良質なコラーゲンが豊富に含まれています。

 

 

・タウリン:アミノ酸の一種であるタウリン。コレステロール値、血圧、血糖値の不安定な方には重要な成分です。タウリンは体内でもつくられますが、その量は限られているため、ふぐなどタウリンを豊富に含む食品から積極的に摂取する必要があります。

 

 

・セレン:活性酸素から細胞を守る働きがあり、ふぐには、皮の黒い部分にセレンが含まれています。できるだけ食品から採ることが理想といわれていますよ。

 

 

・ナイアシン:皮膚や粘膜の健康を維持します。ナイアシンとコラーゲンを同時に含むフグは
美肌のサポート素材として女性にとって嬉しい食材です。
肌の代謝を高め血行を促進、お肌にとって重要なナイアシンの不足は、肌荒れや口内炎の原因につながりますのでぜひ食事で採り入れたいですね。

 

 

・ビタミンD:カルシウムの吸収を助けます。年齢を重ねるたびに心配される骨粗鬆症。骨ごといただけるフグの唐揚げなどもおすすめです。

以上のことから ぜひ美肌と健康維持にフグ鍋を今冬にお試しくださいね。

 

おはようございます。



6月になり 少しずつ
気温も高くなりますね。



先日 大阪市北区の梅田スカイビルで、恒例イベント「滝見小路風鈴まつり」に行きました。

ガラスでできた素敵な風鈴が
風が吹くといっせいに鳴り響き
心洗われる気持ちになりながら
風鈴の音色が楽しめました。

心も透明感 を大切に。

風鈴の音をお聴きくださればと思います(^.^)








スキンケアカウンセラー
youtube

スキンケアカウンセラーの
ビューティアドバイス


肌荒れ 湿疹でお困りの節に、まず振り返る3つのポイント

皮膚科に通院してるのに治らず
お肌のトラブルを繰り返す。ことはございませんか?

もしかしたらその湿疹、ストレスが原因によるものかもしれません。
今回は外的、内的影響によるストレスで
お肌トラブル時の対処方法をご紹介します。

①自律神経に注目

ストレス性のお肌のトラブルは
自律神経と深くかかわっています。
自律神経には
活動している時に働く交感神経と
リラックスしている時に働く副交感神経とがあります。

この二つのバランスを保つことが健やかに過ごせるポイントですが、
精神的なストレスや睡眠不足、不規則な食生活などで
バランスを失ってしまった結果、
お肌のトラブルの他にも様々な症状を引き起こすことがあります。

精神面では思い悩んだり 
気の高ぶりで 胃液や胃の活動に敏感に反応しますので
激しい感情を感じたら深呼吸をしたり 気を紛らわす努力も大切です。

常にご自身の感情の変化を観察し
自分の感情を コントロールしましょう。

こころの充実感に注目しましょう。

脳科学者の茂木健一郎氏のメッセージでは

「若々しい顔の表情をキープするには
昔のことは忘れること。過去のいやなことやつらかったことをいつまでも覚えていると表情が老ける。」
未来に向かうときに、脳は白紙になり、これが表情を若返らせるそうです。

つらい思い出や悲しい思い出はすぐに忘れる工夫をすることがよいそうです。

②食事に注意
自律神経のバランスを整えることにも
役立つ栄養素には
ビタミン(主にA・B・E)やミネラルが大変重要です。
酵素の豊富な食事と
日々のバランス良い食事を心がけ胃腸 腎臓をいたわりましょう。
また咀嚼にも気をつけましょう。

胃腸が弱りやすいのは梅雨時期です。
湿気が強い為体の水分が発散しにくくなり
胃腸の働きが弱る為ともいわれています。
体の不調は 数か月前の生活状態の現れです。
今から梅雨時期に備え 体調を整えましょう。

③スキンケアに注目

ご存知の通り化粧品だけでは 美しさは維持できません。
成分も大切ですが肌トラブルが生じた際は
ご使用中の化粧品をすべて中止しましょう。

お肌は内臓の表れといわれています。
今後 ライフスタイルの見直しを教えてくれるサインと捉えて
皮膚科その他 医療機関で受診をしてください。

お肌の調子が整った後に化粧品を再開することが大切です。

私たちは生きています。常に変化をしています。
年齢に応じた生活スタイルや
スキンケア方法を取りいれ
いきいきとしたお肌で過ごしたいですね。