お寺巡りが好きな私にとって、京都は少ない時間で見て周るのに、どのお寺にするか絞り切るのが大変です。

今回は、行き当たりばったりでした。

 

 まずは、午前中に、桜が散りかけている平野神社を参拝して来ました。

京都のタクシードライバーさんとの会話も楽しいものでしたが、後でバスから眺めると、大通りに面した鳥居側の方が、桜が多い様に見えマシタ。

近所の犬を散歩に連れている人がいる位人がいない境内。

枝垂れ桜(4月4日撮影)

 

 ここへ来ると、金閣寺はもう歩いても行ける距離なので、序に金閣寺へ行ってみることにしました。

 日曜の朝9時半ごろでしたが、人があまりいないので、ゆったりと見ることが出来ました。

 

1987年新たに金箔が塗られてから訪れたのは初めてで、数十年ぶりの金閣は、圧倒的存在感に感動しました。過去数回来ていてもその度に感動するものです!

 

昔の記憶より、ライトイエローに感じる佇まいは、世界遺産の風格が感じられました。

 お抹茶を飲んで、お参りも出来ます。

不動堂のご本尊は、弘法大師が作られたと伝えられ、眼の病気に効くそうです。

境内は広く、金閣の裏や白蛇がいたという池やお庭を見ながら、1周します。

 

 その晩、白蛇の夢を見たのは、この言い伝えのせい!?

 

 

モチベーションに繋がるので、ぜひ、下のバナーにクリックをお願いします!

Thank you!