本日は排水管洗浄の模様です。

屋外の汚水管のフタを開けたところです。
全部で6つある枡のうち、ここだけが木の根で覆われていました。震災で、この付近の塩ビ管が割れて隙間が生じたようで、そこから漏れ出る水をたどって伸びた根が遂には枡の中にまで侵入して育ったようです。



このため、ここより上流になる4つの枡は水がせき止められて常に水が溜まっていますが、割れ目から漏れていく分もあるため、流れが悪くても溢れるまでには至らないようです。
ただ、このままにして根が更に育っていくと完全に詰まってしまう可能性もあるので放置しておく事はできません。



まず根を取り除きました。あとは洗浄ホースを使って高圧洗浄を実施、管内部を一通り洗い終わったら屋内各所の蛇口を開けて水流をテストします。
勢い良く流れていますので問題なしと判断します。



最後に6つの枡全ての内部をキレイに洗浄して…



蓋を閉じれば完了です。
震災時の塩ビ管の割れ目から根が侵入して中で育ち、水をせき止めてしまうというケースが、ここ最近、非常に増えています。

排水管に汚水が溜まったままだと生活上、不便なだけでなく害虫や菌などの温床になり、大変危険でもあります。

定期的な洗浄を心がけることで、こうした不便、不安が解消されますので、是非、排水管洗浄を実施してください。

powered by ALPHA CLEAN SYSTEM Inc,.