芦屋のスタジオで Kuapapa Hula Studio の素敵なフラレッスンを取材! | プルメリアのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

芦屋のスタジオで Kuapapa Hula Studio の素敵なフラレッスンを取材!

 

昨日は午後から芦屋のスタジオで Kuapapa Hula Studio のフラレッスンを取材しました。主宰されている正木美保子先生は、あの「おはよう朝日です」でお馴染みの正木明 気象予報士の奥様。2018年にスタートしたハーラウの名称であるKuapapa(クアパパ)とはハワイ語で、穏やかな、平和なという意味で、優しく上品なフラを目指している。

昨日はハーラウのメンバーの皆さんが久しぶりに集まって、先生が用意したマウスシールドを装着。11月のイベント出演に向けての合同レッスンを取材しました。ベーシックの後は、先生がスタジオでの活動自粛中に動画で指導した課題曲2曲のレッスン。先生がメレの意味と背景を解説。ハンドモーションのレッスンでは一人ひとりの動きをチェックして、先生が分かり易く説明するなど、丁寧な指導で繰り返しレッスンが進みました。皆さんの動きも軽やかになって、笑顔が溢れた素敵なフラが出来上がって行きました。

今年は新型コロナの影響でイベントに出演する機会が少なくなりましたが、11月にはイベント出演や2人の高校生フラガールがオンラインで出演する「フラガールズ甲子園」などがあり、今後のハーラウの皆さんの活躍が楽しみです。

正木先生とハーラウの皆さん、ありがとうございました!! Mahalo Nui Loa

★ハーラウのHP:https//kuapapahula.net  

 

Mahalo Nui Loa

 

■ハーラウのご紹介
ようこそ Kuapapa Hula Studio へ!
Kuapapa(クアパパ)とはハワイ語で、穏やかな、平和な、という意味。
どのクラスも、和気あいあい穏やかな笑顔があふれています。
当スタジオは2018年にスタート。新しいスタジオだからこそできる自由な発想で、色々なことに挑戦しています。
いつ、どのクラスに入られても温かい仲間たちが迎えてくれますよ。
一緒にフラを楽しみましょう!

正木 美保子(Masaki Mihoko)先生のプロフィール
2002年、ハワイ旅行の時に観たフラに感動し、パウ(練習用スカート)を購入して帰国。そのパウは、タンスの中で今か今かと出番を待っていました。
そして2006年、フラ教室に入会しフラ生活がスタート。しかし、その時は自分のスタジオを持つなど夢にも思わず、楽しいレッスンを重ねていました。
伝統を重んじるクムフラ(フラの先生、伝承者)に、踊りだけでなく、ハワイの文化、歴史なども深く学ばせていただきました。
6年間のインストラクター経験の後、2018年「Kuapapa Hula Studio」を設立。今後も勉強を続けながら、ハラウ(教室)と共に成長していきたいと考えています。
「Kuapapa Hula Studio」は、優しく楽しく上品なフラを目指し、レッスンでは、素敵な笑顔で帰っていただけるよう心がけています。

★体験レッスン(無料)募集中です!
★お問合せはこちらへ!
ハーラウのHP:こちらから。。
https://kuapapahula.net/