アロハ。
メンタル・ヘルスには書くことが良いということはわかっていても、なかなかできなかった
PTSDのパニックアタックで
時々固まってしまう身体で生き抜いている
ミュージック・アンバサダーのカイルア
お天です。


ビーチに行くときに、いつも“の”って書いているのか、“ト音記号か”と
いちいち、考えしまう、気になるこのポストのサイン。⬇︎



やはり私の世界観というか、目の付け所って少々不可解に多くの人には映ることは
メンタル・ヘルスの診断を受けて、
学んで、
受け容れて
癒して
また失敗して

そして、また、学んで。。。
この繰り返しでございます。

これって、何よりADHDの症状なのかな。。。

自分では診断受けるまで
気にもしてなかった自分の症状です。。。

それは。。。こんなののがあります。⬇︎


時間の感覚が鈍い
⬇︎
出かけるに2時間とかかかっても、出られない時もある。


周りとの関係性がはっきりしないと動けない

⬇︎
無視していると誤解され、気付いたら誰もいなくなっている時がある。


適当にみんなに合わせて
動くことはできる時もあるが、
やり続けると行動が意味不明になり、
次に何らかの爆発的な行為で
他人にも自分にもダメージを起こす場合がある

⬇︎
それを恐れると動けなくなる時がある


また、良かれと思って始めたことが
他人の意見や言葉を聞いているうちに
ノーが言えなくて、
ジグザグな動きになり、
何をしているのかわからなくなり、
とても辛くなったり、
元に戻るのに
物凄く人の知らないとこで
苦しい思いをしていたりする


なので非常にスピードがかかり
世の中の人が忘れた頃に
私は一つのことやっと成し遂げることが
できるのかもしれないというぐらいのスローです。





など、色々見えないけけど、
実際肉体では大変な負担が
筋肉の中にメモリーされていうのは
PTSDというものらしいですね。。。


毎日、自分を発見中です。


ところで、余談ですが、
オバマさんは、大統領になった直後、
私も現在のカイルアに縁がありたどり着きました、

当時は観光客要らない
っという目に見えない看板が
カイルアには人々のライフスタイルとして
はっきりと現れていました。

そんなオーセンティックな白人全盛のコンサバのビーチタウンに私もオバマさんも
同じ時期に縁をいただいてカイルアにやってきました。

当時の私は、
アメリカの大統領ってこんなに簡単に
自分の生活にいていいものなのか。。。。

と ぼーっと鬱のままたどり着いたカイルアで、
道でオバマさんの警備と出くわす度に
感じていました。

そして、その同じときに私はこの白い可愛のベービーグランドのあるカイルア・ミュージック・スクールにやってきました。



それから、何年経ったのか。。。

私のピアノとの関係はこの写真のように↑
こんがらがったまま、まだ使い道探しにさまよっているようです。

このピアノがまるで自分もみたいに感じるのです。


何かする事が、あったはず。。。
何かをしようとこの世に
私達は音楽というギフトを届けに
やってきたはずなのに、
忘れてるよ。。。。


何をするんだっけ?



そして忘れたまま、この世を去るつもりだったのに、
ハワイアンとアメリカ人の夫に思い出してもらいましたね。。。



もつれたコードを解いてくれるのは
このピアノが教えてくれる気がします。



確か。。。。
メンタル・ヘルス・サバイバル・チャンネルのツッキーが主催してくれたズームのワークショップで知り合いになった、ラーキーさんと一緒に歌いたくて、生まれて初めて

自力でこのデュエットというアプリをダウンロードしようとしたのが、二週間前。




クリックしてから。。。。

本当に人生のドラマが起きました。。。




開け方がわからない。

パスワードと聞かれたが、何のパスワードかわからず、

初めてアップルケアーに電話して

テキサスのブラックのカスタマーサービスと
仲良くなって、

ダウンロードしている間に日本語講座したり

調子に乗っている間にマウスが動かなくなり、

マックを全てリインストールするという作業を
一人で乗り切り(もちろんサポートは受けましたよ。)


もう、ほんまにこの画面が出てくるまで大変なジグザグでした。




こんな不可解な日々のつながりがないようなジグザグ行為を他人が見ると
「一体何がしたいのかわからない。」となり、
親からも夫からも
世間からも不憫な人になってしまうのです。。。




突然ですが。。。↑

ようやく念願だった明太子を祝うのに
アボカドにわさびじょうゆ
ご飯じゃなくてカリフラワーの焼き飯を
アメリカの国旗がヒラヒラする
インスタ映えするラナイ(ベランダのこと)で食べています。。。


こんな所に、しっくりとくる
心の平和を感じるのです。


それから、
私は未だに、
昨日のことと今日のことと明日のことが
繋がってない気がします。

でも、その事に意識しだしてから
少しずつ繋げ方がわかってきた気がします。





生きるためには、人間の基本のタイミングでや
お金という物の作り方や付き合い方も
怖がらずに、
パニック乗り越えながら
進むしかないのです。




大丈夫。
音楽がここまで私を運んでくれたから、
これからも、このピアノに乗っかっていこう。。。


それにしても、このピアノもっと大切にしてあげなくちゃ。