ハワイ島の私の思う備蓄のすすめ | ハワイ島で癒し
新型コロナウイルスに関する情報について

ハワイ島で癒し

ハワイに住む夢も結婚も叶えた後に人生色々ありましたが、幸せの仕組みみたいなものが分かってきたし、自分をもっと好きになれました。このブログの何かを必要とする人と繋がれていやしをシェア出来たらいいなと願って記事を書いています。

アロハ〜、ナオコです。




最近、日本のソーシャルメディアや色んな所で備蓄をすすめる声があがっている様に感じます。




ハワイ島のコナでも、非常事態宣言が出てから、あっという間 (数時間位?) にスーパーの棚から、食料が無くなってびっくりしたので、私も日々少しずつ備蓄するアイデアに賛成です。


(ハワイはまだパニックにはなってなかったけどね)




ハンドサニタイザーは、食料品よりももっとずっと前に無くなりましたが、日本でも同じでしょうか??




既に色んなものがなくなってしまった今になって、私がこれを買っておいたらよかったな〜と私が思うものや、買っておいて正解だったと思うものは、







1、消毒アルコール(70%以上のエタノール or 消毒用アルコール、無水エタノールなど)


精油や保湿用に植物オイルを少し混ぜて、簡単にハンドサニタイザーのスプレーが作れるので。。。


アメリカではもうスーパーにもアマゾンにも売って無いですが、日本はもしかしてまだあるでしょうか?!


日本では、消毒には次亜塩素酸水を使ってられる方も多い様ですね。




2、お米 & 乾麺、煮豆レトルト or 豆缶


これは、多くの方が既に買ってらっしゃるかもしれませんね。ハワイでは、あっという間にお米の大袋と豆缶がスーパーの棚から無くなっていました。




3、浄水器、浄水フィルター


ハワイ島だと、Berkey という、浄水器を使ってる人が多いです。


ハワイ島のうちの近くのスーパーでは何故か水のペットボトルがどんどん無くなっていったので、浄水器が家にあってよかったと個人的には思いました。




4、手袋


ハワイではまだ見ませんが、テレビで見ていると、NYの人達は、手からウィルスを貰わない様に、外出時に片手に薄い手袋(ゴム手袋?)をはめてATMを使ったりしていて、賢いなと思いました。




5、カレーなどレトルト食品や豆や野菜の缶詰め、チョコレートやトルティーヤチップスなど。


こういうのは既に買ってらっしゃる方も多いかな?と思いますが。。

非常食と言っても、毎日同じ物を食べるより、レパートリーがあると食事が楽しく、癒しの時間になるかなと思って。







6、現金


これは、備蓄とは言わないのかもしれませんが、いざという時のために当面 (1 ~ 3ヶ月位?) の生活費が手もとにあれば安心かなと思いました。




以上、ハワイ島に住む私の視点から書きましたので、もしかしたらちょっとピンと来ないモノもあるかもしれませんが、イメージを膨らませて、それぞれの方に合う備蓄をされると良いかな〜と思います。




私が思うのは、


-安全で過ごせる様にと言うことを考えつつ、

-全国的に超長期のお正月休みがあって 楽しく引きこもるには何があったら良いかな〜みたいな観点で選ぶと、


備蓄も楽しめる様な気がします。


(そうすれば、もし備蓄品が残ったとしても、その後楽しめそうですし。)




普段は私は、ミニマリストや断捨離アンさん達に憧れていますが、今は念の為を考えて、正しく食料などを溜め込むと安心な時かなと感じます。




日本は、非常事態宣言が出る事があったとしても、まだもう少し先かもしれません。


色んなインフルエンサーの意見をみると、多分今からでも4月はじめ位までの間に、毎日少しずつ買いためて行けば一気に買占めなくて大丈夫そうですが、もっと早いという意見もあります。




備蓄があれば、いざという時に家族や友達に分けてあげたり、いざとなってから書いに走る人にも物が行き渡るのではないかなと思ったりします。




そして、備蓄というのは、買占めとは違います。日々少しずつ買っていく事で、他の人にもちゃんと物がまわる様にと、人を思いやることができる様に思います。




こういう世界的に大変な時にこそ、思いやりの気持ちをハートに持って日々過ごすと、周囲にも良いエネルギーを発せられるし、運を引き寄せ、私達自身の免疫をあげる事に繋がる気がします。




御自身を大切にし、またご家族や大切な人への愛の気持ちも大切に、チャンスを見つけて愛や思いやりの気持ちを伝えていきましょう。




愛の交換は、お互いの免疫を引き上げてくれます。




愛を送って祈っていますキラキラ




今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。