31歳で亡くなったおじいちゃん | ゴスペルフラを踊ろう♪

ゴスペルフラを踊ろう♪

ゴスペルフラALOHA ANGEL*主宰フラちゃん牧師のブログです

今日は終戦記念日。

私には31歳で亡くなった祖父がいる。

私の知っている祖父は遺影の写真の若い将校さん。

警察官をしていた祖父は25歳で祖母と知り合い結婚し

二人の子どもを授かり、その幼い子どもがまだ5歳と3歳の時に戦死した。

亡くなったのは見知らぬ土地、ミャンマーであった。

祖父について聞いているのはそれだけ。

それだけ聞かされて育ってきた。

今から4年前、映画館で「永遠のゼロ」を見た。

祖父が今にも生きかえって、私に語りかけてきそうな作品であった。

遺影写真の祖父に思いを馳せて私は母と零の聖地、知覧を訪ねた。

ひとりひとりには家族があり、歩んできた道のりがあり、有望な未来があった。

そのすべてを「戦争」が絶ちきったのである。

祖父も然り。母や叔父の成長を楽しみにしていたと思う。



だけど、戦争はすべてを彼から奪った。

平和への思いは、おじいちゃんが残してくれた私への遺言。

戦争を、この過ちを繰り返してはならない。