福岡で在留資格申請・更新をお助けします

福岡の外国人在留資格ビザ申請(就労ビザ、結婚ビザ、経営管理ビザ、永住許可、家族滞在ビザ、短期滞在ビザ、定住ビザ、帰化許可、ビザの更新・変更など)に関する詳しい解説をしています。アライアンス行政書士法務事務所

在留資格申請お問い合わせ
行政書士、山中賢一です。

外国人のビザ(就労や結婚、起業)に関する
手続きを中心に行政書士として
みなさまのお手伝いをしています。

福岡県で外国人ビザのことは

ぜひ私にお任せください

初回相談は無料ですので
お気軽にお問い合わせください。

ホームページもぜひご覧ください
外国人ビザ申請福岡.com
NEW !
テーマ:

 

通訳・翻訳・語学の指導に関する業務について、自社で外国人の雇用を検討されている企業も多いかと思います。そこで、今回は「通訳・翻訳・語学の指導に関する業務」に関する在留資格「技術・人文知識・国際業務」(就労ビザ)について見ていきます。

 


通訳・翻訳・語学の指導に関する業務は、在留資格「技術・人文知識・国際業務」(就労ビザ)に該当します。通訳・翻訳・語学の指導に関する業務についての在留資格「技術・人文知識・国際業務」(就労ビザ)の要件としては、概ね以下のようになっています。

①大学卒業以上の学歴があること又は3年以上の実務経験があること
②日本人と同等額以上の報酬を受けること

 


この通訳・翻訳・語学の指導に関する業務における在留資格「技術・人文知識・国際業務」(就労ビザ)の要件に関する注意点としては、「専門士」(専門学校等を卒業し「専門士」の称号を授与された)だけでは、要件を満たさないという点です。

よくある事例として、「専門学校を卒業して専門士の称号を授与された外国人を「通訳・翻訳業務」に従事させるために雇用して、在留資格変更許可申請を行ったが不許可になった」ということが挙げられます。

 

 

このように、「通訳・翻訳・語学の指導に関する業務」については、「専門士」だけでは要件を満たさないこととなるので注意が必要です。

 


福岡・佐賀・熊本・大分の在留資格のお悩みは、ぜひ在留資格申請のプロフェッショナルにお任せ下さい。私、山中賢一が解決します。

電話でのご相談はこちら
092-327-5517
(受付 8時~20時 ※土日祝日も可)

また、ウェブサイトでは在留資格申請の詳細や料金について掲載しています。

法人の方はこちら
http://外国人雇用福岡.com
個人の方はこちら
http://外国人ビザ申請福岡.com

在留資格問い合わせフォーム


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。