【インテル】今夏の補強進度に関して・・・ | 欧州サッカーニュース

欧州サッカーニュース

欧州サッカーについてを扱う予定。
移籍市場話、監督去就、試合分析、
代表チーム情報、代表チーム情報等のネタに
独自の思考や知識を付加物として提供します。


テーマ:

 





『Sky Sport Italia』 『gianlucadimarzio.com』 








エリック・トヒル会長が就任して最初の夏を迎える今夏の移籍市場で
インテル・ミラノは守備面から攻撃面に至るまで、
多くの選択肢と共に市場でのクラブの動きを検討し始めているようです。


















フェネルバフチェのトルコ代表DFカネル・エルキン(25)は、
トルコクラブとの現行契約が今夏満了を迎える手頃な候補と解されている中、
クラブは納得していないとして勢いを失っている候補にあるようです。


















SB(WB)に関しては2004年から2006年にユースカテゴリーに在籍し、
昨夏レアル・マドリーにも関連が取り沙汰されたものの、
グラナダからベンフィカにローン移籍していたブラジル人DFギリェルメ・シケイラ(28)に
インテルは再び好意を持っていると解されています。
シケイラに関してはライバルのACミランや、
レアル・マドリー、リヴァプール、エヴァートン等とも関連が取り沙汰されているそうです。
















中盤に関してはクルゼイロのMFニウトン・フェレイラ・ジュニオール(27)が
依然としてインテルにとってのフロントランナーであるとして
南米から欧州へと渡ることになるようです。

















他方でボスニアMGのスイス代表MFグラニト・ジャカ(21)は
彼らにとって若すぎる候補であるとされる中、
チェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル(27)、
マンチェスター・シティの元スペイン代表MFハビ・ガルシア(27)が
考慮されているリストに含まれているとみられている模様です。
また、一時期噂されたヴォルフスブルクの
ブラジル代表MFルイス・グスタヴォ(26)は手の届かない候補と解されています。
















攻撃面に関してはトヒル会長やピエロ・アウジリオTDがターゲットと認めていた
マンチェスター・シティのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(28)や
レアル・マドリーのスペインU-21代表FWアルヴァロ・モラタ(21)は、
ビッグクラブが争奪戦に次々参戦していることから
色褪せてきた(弱まっている)レベルにあるそうです。





もう1人の公認ターゲットであるチェルシーの
スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(30)に対しては
依然立候補したままとしてターゲットにあり続けている模様です。

















そんな中新たなセンターストライカーとして
ナポリがイグアインに控える選手として獲得に熱心だと解されてきた
広州恒大のブラジル人FWエウケソン(24)に関して
インテルはその機会に飛びつくかもしれない、と噂されています。





他方でインテルはセンターフォワードを今夏中に獲得できなかった場合、
その周辺から固める作業を続けることを思案しているとして、
補強への焦点をセカンド・ストライカーへとスイッチを切り替えるつもりのようです。

















トッテナムのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(22)を第1ターゲットに、
マンチェスター・ユナイテッドのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(25)を
第2ターゲットとして考えているとのこと。




インテルは正確かつ慎重に現有戦力を大型改造するつもりであるともみられ、
MFエステバン・カンビアッソ(33)、FWディエゴ・ミリート(34)、
そしてDFワルテル・サムエル(36)といった契約更新をしなかった選手達に続いて
放出作業も同時並行で進めていくと解されています。








『Sky Sport Italia』 『gianlucadimarzio.com』 









Ameba人気のブログ