アレルギーとたたかう理学療法士
及川文宏より


アレルギーセラピストコース
『Basic①』
の内容の一部を
お伝えいたします。

 

Basicコース全体の概要
Basic①
Basic②Basic③Basic④

につきましては、それぞれのリンクよりご覧ください。

 



【目次】

1.アレルギーはなぜ生じる?
2.セラピストの担う役割

3.自律神経のバランス
4.自律神経を変化させる要因
5.ストレスとアレルギー
6.アレルギーに対する7つの治療
1)骨の柔軟性の確立とアライメントの修正
2)血液循環を促す(血管への介入)


これらの内容を通して、アレルギーとはどんなもので、アレルギー疾患に対してセラピストにどのようなことができるのかをお伝えする導入部分です。



【内容】
1.アレルギーはなぜ生じる?
・抗原抗体反応(自己-非自己)
・タンパク質の消化の問題
・血液循環の障害
・排泄機能(発汗を含む)の障害
・ホルモンバランスの乱れ
・免疫器官(脾臓・胸腺・リンパ節)の障害
・自律神経の乱れ(白血球のバランスの乱れ)
などの観点より。

2.セラピストの担う役割

・抗原抗体反応(自己−非自己)

  ▶︎ 白血球のバランスの乱れ

・タンパク質の消化の問題

・排泄機能(発汗を含む)の障害

・血液循環の障害

・ホルモンバランスの乱れ

・免疫器官(脾臓・胸腺・リンパ節)の障害

 

3.自律神経のバランス
・自律神経とはどういう役割と持っているものなのか
・自律神経のバランスが乱れるということはどういうことのなのか
・自律神経の乱れを明文化する必要性がある

3.自律神経を変化させる要因
・日内リズム
・気圧(季節)
・月齢
・ストレス
・睡眠(メラトニンとセロトニン)
・ホルモンバランス
・自律神経に対する機械的刺激 など

4.ストレスとアレルギー
 心とアレルギー症状のつながりを生理学の視点より説明

5.アレルギーに対する7つの治療
 7つのうちの下記の2つについて実技を中心に伝える
 1)骨の柔軟性の確立とアライメントの修正
 2)血管の治療(血液循環を促す)


Basic①は
このような内容となります。

 

Basicコース全体の概要
Basic①
Basic②Basic③Basic④

につきましては、それぞれのリンクよりご覧ください。

 


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

====================================
及川文宏 理学療法士
日本アレルギーリハビリテーション協会 代表
  Mail:allergy.rehabilitation@gmail.com
福のしま研究会 代表 
アレルギー専門整体院『アレルコア』 代表
====================================