福島県郡山市で
アレルギーとたたかう理学療法士
及川文宏より


今日は、私が考える

アレルギー症状を持つ患者さんにとって
理想のクリニック(施設)


がどんなものかをお伝えしたいと思います。


前回のブログで、少しお伝えしたのですが、今回は具体的に話したいと思います。

前回のブログ
【アレルギーの悪化因子とは?】


アレルギーを持つ患者さんがクリニックにいらっしゃったら、
下記の専門家に必要に応じてそれぞれに介入してもらいます。
多職種のチームで、1人の患者さんを診るという形を取ります。





専門家それぞれの役割は以下の通りです。


【医師】
患者さんの状態を検査や問診を通して、評価する。
アレルギー症状の状態に応じて、服薬によるコントロールを中心に治療する。



【セラピスト(身体を診る専門家)】
アレルギー症状を悪化させている身体の体質や姿勢、内臓の働きを評価し、アレルギー症状が出にくい身体に変えていくための治療を行う。


【栄養士】
アレルギー症状の起こしている原因を栄養学の観点から評価し、取り過ぎに注意すべき食べ物や必要な栄養素の取り方(実際の調理の仕方を含む)を指導する。


【臨床心理士】
精神面の負担がアレルギー症状に及ぼす影響を評価し、必要に応じて、カウンセリングを行う。


【薬剤師】
医師の処方する薬の使い方、注意点、効果と副作用についての説明を行う。







それぞれの専門分野からの視点で評価し、患者さんのその時々の状態に合わせてどの分野の治療を優先させて進めていくべきかを決めていく。

このようなやり方が出来れば、患者さんのアレルギー症状が良くならないわけが無いと思いませんか?

こんなクリニックが、各都道府県に一カ所ずつでもあったら、患者さんは笑顔になっていくこと間違いないですよね。

僕はこのような環境を目指します!


最後まで、お読みいただきありがとうございました。


====================================
及川文宏  理学療法士
アレルギー専門整体院『アレルコア』
日本アレルギーリハビリテーション協会
====================================