私の論文ブログを直感ブログに焼直して宣伝するパートナーを募集します!スミルノフ学派डर佐野千遥 | フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授

フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授

資本主義主力の株式会社制をも覆す、貴方を悩みと賃金奴隷状態から解放するフリ-エージェント世界革命を、誤った現行全自然社会人文科学を根底的体系的に批判し、一枚岩無矛盾の全新厳密科学体系を創り出した(世界史上これに挑んだ他者無し)FA大学佐野千遥教授が領導する

ر私の論文ブログを直感ブログに焼直して宣伝するパートナーを募集します!スミルノフ学派Dr佐野千遥

ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派数理物理学最高責任者:ドクター佐野千遥


資本主義経済は、ブログを「日記」と見做し、その日限りのニュース性のみを求めて読者が集まるようにさせ、少し日数が経てば、最早情報価値を殆ど何も持っていないと見做し見向きもしなくなるように仕向けます。

ところで私・佐野千遥はブログに科学論文を書いているのであって、その日限りの日記を書いているのでは全くありません。つまり私・佐野千遥が書くブログは、今まで世界史上他の誰一人言った事が無かった科学的発見を綴った科学論文であり、これをその日限りのニュース性の価値しか持っていない日記と見做す事は誤りであり、何年でも大きな情報価値を持ったブログであります。だから何年経とうが、何時読んでも価値が有ります。

又、徹底した論理性を重んずる私・佐野千遥は、思い付き的に直感的にブログを書いているのではありません。美学を含んだ厳密科学のスミルノフ数理物理学を起点とした生命物理学等、厳密自然科学、厳密人文科学、厳密社会科学を一貫した厳密自然人文社会科学体系として既に確立している私・佐野千遥は、その体系に照らし科学的に何らかの新発見がされた時にブログとして発表しています。
 
資本主義経済社会に於いては、直感的なブログを書いた方が、多くの読者が集まります。私・佐野千遥は、直感的なブログを書いた方が、多くの読者が集まる事を百も承知の上で、あくまで論理的な論文ブログを書き続けています。例え読者数が少なくても、あくまで論理的論文ブログを書き続けています。

その訳は、新しい科学的発見とは既存の概念、用語では表現し難い事柄である為に、既存の概念・用語の枠組みに乗っかってしか結局表現できない「直感」なるものを避ける為です。若し私・佐野千遥が新しい科学的発見をした時に、直観的ブログを書こうとするなら、既存の概念、用語では表現し難い新たに発見された新しい概念を誤解が起こらないように説明する事が出来ず、それでも無理して直感表現とするなら、必ず酷い誤解を生みだすであろうからであります。

もう一つの訳は、美学を含んだ全厳密科学体系を背景に、論理的に世界観を論じると、その美学を持った世界観全体に対し深い同感を覚えた読者が数は少なくても確固たるファンとなって下さるからです。直感的なブログを書いていれば、多くの読者が集まるであろうが、雰囲気とか好き嫌いだけの絆でしかなく、直観ブログでは何か有れば簡単に崩れ去る甚だ脆い関係しかできないので、通常その関係を維持発展させるために、資本主義経済社会では会員制やアフィリエート等の金銭的利益を約束する方法が取られます。

私・佐野千遥の大目的は社会正義の為の社会変革なのですから、金銭的利害が絡む事を嫌います。

私・佐野千遥が半永久的な情報価値を持ったブログで扱っているテーマは

・スミルノフ物理学基礎理論
(ニュートンの動的作用反作用の法則F1 * v1 = – F2 * v2 を物理学の公理として設定すると、カッコ付「正統派」現代物理学を無矛盾の体系で批判し尽くす事ができるだけでなく、あらゆる実験式をニュートンの動的作用反作用の法則F1 * v1 = – F2 * v2から導き出す事が出来る。)

・スミルノフ物理学から導かれた生命物理学
(生体内は負の誘電率・負の透磁率。ガストン・ネサン氏が最初にソマトスコープで見た最小のソマチットはS極磁気単極子そのもの。ピエゾ物質のコラーゲン、DNAは生体内の負の誘電率・負の透磁率を強化する為に働く。)

・2人に1人が癌になる時代の健康法
(西洋医学の抗がん剤投与、放射線治療を受ければ必ず死亡する。)

・水についての真の物理化学
(単にH+とOH-に電気分解した還元水[アルカリ水]、水素水[酸性水]は身体に悪い効果を齎し、中性がph=7[10^7個に一つのH2O分子がH+とOH―に分離]でない、中性がph=6、ph=5、ph=4等々の解離水が人体に良い効果を持ち、解離水を得るには4つの方法が有る。)

・電磁波遮蔽
(携帯をズボンのポケットに入れておくと精子が激減し、急速に老いさらばえる物理学的訳。)

・ウラン・プルトニウム低温解体消滅システム 
(福島原発問題の究極の解決方法:メルトダウン・デブリの低温解体消滅)

・廃原発を言うは良いが、其処に残っている核燃料棒をどうするの?の問いに原発利権派と同じく誤謬のカッコ付「正統派」現代物理学に依拠している為に「コンクリートに詰めて海に捨てるしかない。」としか回答しようがない為に、説得力と迫力を根本的に欠いている現在の反原発運動の、スミルノフ物理学とウラン・プルトニウム低温解体消滅システムによる建て直し

カッコ付「正統派」現代物理学派は福島原発問題に成す術を知らず只右往左往するのみの状態に有るが、それを覆い隠す目的で、原子炉内や格納容器内をロボットで探索し、ミューオンを使ってデブリが何処に今有るかをX線撮影のような写真を取りつつ、“40年後に取り出す”と嘯いているが、

(http://colaryourlife.seesaa.net/article/419177057.html 参照)

タンタル、福島原発の非常に高温の融けたデブリは、全ての物質で最も融点の高い炭化タンタルハフニウムTa4HfC5ですらその融点は4215度Cでしかないために、実際に掴み出しようがない。

・HAARPを物理学者として告発

・CERN等の素粒子加速器研究を物理学者として告発

・自動車の燃料油に性能アップの為と称して混ぜられる猛毒神経性物質

・自動車の燃料油に京都議定書のCO2削減の名目で混ぜられるエチルアルコール、メチルエステルが転嫁した猛毒神経性物質アセト・アルデヒド、ホルム・アルデヒドが自然環境の中に大量蓄積されて行っている

・食卓に並ぶ全食品が遺伝子組み換え化されようとしている正に今日、農業用水・畜産用水の解離水化による、遺伝子組み換え食品の壊滅作戦の提案、健全なる農産物・畜産物の生産
(農大に遺伝子組み換え品種改良による農産物畜産物増産を止めさせる)

・草木のお蔭で呼吸が出来ている事を忘れた資本主義的人類は、加速度的に減少する大気中の酸素含有量(明治の初期21%、現在19.8%、アマゾン原生林を資本主義が伐採するため、最近10年間で一気に0.1%下落)が16%まで下落すると全人類が滅亡する事を知らない。

・これを阻止するには、貨幣を廃絶し、弱者シェルター物々交換自給自足の農村共同体を中核に資本主義を超えた経済体制を作る必要がある。

・太陽の減少して行く半径が黄金比に縮む度毎に、太陽表面から惑星が出現した

・現実のロシア物理学会で論じる反重力、テレポーテーション、タイムマシン効果

・地球人スミルノフ物理学派によるUFO開発

・反兵器

・人類史に於ける日本人、ユダヤ人の位置を言語科学から解明する
(“ハザール”とは、ムー大陸系白人のハンガリー人の母体にセム族とセム族から突然変異したヤテベ=ゲルマン族[モーゼは白人]がタルムード・ユダヤ教を維持したまま混血し、ハンガリー人をユダヤ教に改宗して造った民族)

・我々は何の為に生きるのか?“幸福に成る為!”は誤り。正解は「他人を不幸から救い、他人を幸福にする為!」

・世界的陰謀論の権威:ユースタス・マリンズの“自作自演陰謀論”の誤り
(2001年9.11以来、カネの流れだけでは真の陰謀を見抜く事が出来ない時代に突入しており、世界の卑計・戦争戦略論とロシア史、中東史を徹底的に調査して抽出した真の陰謀論を提起する。共産主義はタルムード・ユダヤ教の闇の権力イルミナティが造った物、との見解では、ジョン・F・ケネディの闇の権力による暗殺が説明付かない)

・2011年3.11から5年目の2016年、福島原発から漏れる放射能による内部被爆(そして中共スパイ飯山一郎は、2016年には日本人が4000万人~5000万人内部被爆で死亡し、日本は統治能力を失い日本の国が消滅するから、その時世界の覇者の中国共産党が日本を支配するのが理想的である、と自分の掲示板・方知技の前文に書いて有った)を彼等の理想の中共による日本の支配へと持ち込む為の又と無い口実、絶好のチャンスと見做して、元テキヤ親分在日中国人中国共産党対日戦略スパイ組織の頭目・飯山一郎のグループと中国共産党は、日本全国で放射性物質をばら蒔き内部被爆を推進させ、中華人民共和国の旅客機から日本上空でケムトレイルとして放射性物質のばら蒔き、米国と違って軍隊が警備していない日本全国の原発を年間2000万人中国人観光客に紛れて来日している中国軍特殊部隊が同時連続爆破して、“遣ったのは北朝鮮!”であるかに装い、中共スパイ飯山一郎の友人の東北大学地球物理学科地震学専門の中国人・超大鵬教授が福島原発地下の活断層で間もなく超巨大自然地震が起こるとデマの発表をし、中共スパイ飯山一郎の友人の名古屋工業大学の地面に深い深い穴を掘る事が専門の張鉾教授に福島原発の脇に対策立案の調査の為と称して深い深い穴を複数掘り、その穴の中に、年間2000万人の中国人観光客に紛れ込んで来日した中国軍特殊部隊の兵員が核爆弾を仕掛けて爆破すれば、福島原発の核燃料棒がメルトダウンし、岩盤を貫いて地下水に接触している地下の猛烈な圧力下に有る数百トンのデブリが超巨大核爆発・超巨大人工地震を引き起こし、“日本消滅”の中共スパイ飯山一郎の“予言”が“実現”し、飯山一郎グループは万歳三唱をし、北方領土は日本にではなく中国に返還せよ!とロシアに要求している中共はその北方領土の直ぐ南の北海道に広大な土地を既に買い占めており、“北海道は中華人民共和国の領土”と何時言い出しても可笑しくない状態に有るが、その北海道の中共の権益を護る為と称して、中国軍が急遽北海道に上陸し、日本の自衛隊は単独で正面対決できる戦力を持たず、世界経済の覇権を中国に譲った米国のオバマは弱気で米軍は日米安保条約に基づき中国軍と対決することを避け、鹿児島県志布志に中共スパイ・飯山一郎のグループが在日中国人中国共産党臨時革命政府を樹立し、中共による日本全土支配が実現する。

・私・佐野千遥は、飯山一郎とは2015年6月末から9月までの3か月付き合い、飯山一郎が中共のスパイである事を突き止めました。その後、公安調査庁が動き出し、飯山一郎を外患陰謀罪の容疑で調査を開始した矢先、2016年2月に中共スパイ飯山一郎は中共へ逃亡(亡命?)しました。現在、中共スパイ・飯山一郎は中国から日本国内の手下に指示しつつ、中国共産党の中枢と接触しつつ、絶好のチャンスである福島原発問題を利用しての中国共産党に依る日本支配を実現すべく画策しています。

・“飯山一郎の世界の読み方、身の護り方”=「中共スパイ飯山一郎の世界の誤読法、身の破滅法」なる本は、中共スパイである事を読者の眼から隠蔽するため、自分が日本人の人達に寄与しているかに見せ掛ける為に飯山一郎が意図的に書いた本ですから、日本全国で不買運動を展開しましょう!このような悪意を持った中共スパイに本の売り上げ資金を与えてはならない。

・2011年3.11から5年目の今年2016年は、絶好の口実である福島原発問題を梃子に日本支配を実現せんとする中国共産党と対決する事が、日本にとって最重大なテーマとなります。日本の左翼系の人達には、2016年この中国共産党社会帝国主義との対決は、反米闘争を二の次にしても、安倍晋三批判を二の次にしても、最重要な課題となります。中華覇権社会帝国主義闇の権力はユダヤ教イルミナティ闇の権力と別系統の闇の権力であり、後者が“理知的な”闇の権力であるために、それに対抗する戦略は論理的に策定可能だが、前者は欲望の赴くままの「人食い猛獣のような」闇の権力であるために、それに対抗する戦略は論理的に策定不可能であり、緊急対処が是非とも必要と成ります。

・日本の左翼系の人達に再度訴えます。中国は、第2次世界大戦終結時には未だ植民地であって帝国主義では有りませんでした。しかし、鄧小平以降の中国は完全なる社会帝国主義へと発展しました。国境を接する13か国全てと、領土をめぐる国境紛争を推進している中華覇権中国は、今日紛れもない社会帝国主義に成長転化しています。ですから今日、新疆ウイグル人、チベット人、法輪功を殺戮している社会帝国主義・中国共産党との対決は日本の左翼系の人達にとって、第一級の重要性を帯びた物となります。日本の左翼系の人達の善意は、欲の赴くままに行動するしたたかな人食い中国共産党に悪用されています。

発狂中国

日本の左翼系の方々は、この事を良く理解する必要が有ります。日本共産党が今日尚基本的に依拠するスターリン理論の一国主義に基づくなら、連合軍側の米・英・ソ連のやった戦争は全て“聖戦”であり、枢軸国側で戦ったから日本の遣った戦争は悪い戦争であった事に成るのであり、今日、日本共産党とその影響下に有る左翼系の人達が“日本軍国主義反対!”と叫ぶとき、枢軸国側で戦ったから日本の遣った戦争は悪い戦争であった、米英ソの遣った戦争は“聖戦”であったという意味でしかない。日本の左翼系の人達に訴えます。貴方達はこのように普遍性の無い、スターリン一国主義の論に同調するのですか?!それは理不尽と言う以外無いのではありませんか?

・先に述べたように福島原発問題は確かに、絶好のチャンスとして中国共産党により日本支配の為に利用される危険性を帯びたもので有る為に、日本政府から依頼されたアメリカとフランスは福島原発デブリの取り出し作業を進める為、共同調査研究を推進している。しかしスリーマイル島原発事故とは状況が全く異なっており、福島原発の非常に高温の融けたデブリは、全ての物質で最も融点の高い炭化タンタルハフニウムTa4HfC5ですらその融点は4215度Cでしかないために、実際に掴み出しようがない。であるから私・佐野千遥は「ウラン・プルトニウム低温解体消滅システム」を提案しているのだが、誤謬のカッコ付「正統派」現代物理学を信奉するアメリカやフランスや日本政府は佐野千遥の「ウラン・プルトニウム低温解体消滅システム」を見る目を持たず、又、福島原発問題を解決する糸口を未来永劫に見出しようが無い。

等々と、あらゆる専門分野に跨っております。

そのブログの一つ一つが半永久的情報価値を持っているのに、そして私・佐野千遥自身、社会正義の社会変革の為に、それ等のブログを広く日本の全ての皆さんに、そして全世界の民衆の各人に伝えようとしているのに、結局1万人程度の人が3日間読んだだけで、後は誰も見向きもしなくなってしまい、忘れ去られてしまうのは、私・佐野千遥にとって甚だ不本意であります。

このような背景で、私・佐野千遥は本ブログを書くに至りました。

私の読者・ファンの方々で、私の世界観に同感し、半永久的に大きな情報価値を持つ佐野千遥の論文ブログの情報をより広く多くの人達に、私のブログを引用しつつ、直観的ブログに焼直して伝え広めるのを手伝って下さる方々を募集します。直感的であるために若干、論理的厳密さが失われる事が有っても、圧倒的により多くの人達に知って貰えるメリットがあります。そのような、手伝って下さる方々と社会変革の為の戦略的影響力を持った一つの大きな情報発信グループを形成したいと考えます。

読者・ファンで情報発信を手伝って下さる方々は、何も私の最新ブログのみの情報発信に限るという事ではなく、私が今迄、過去4年半に渡って書いたブログのどれを扱っても結構です。

私の書いた世界史的ブログはそれぞれ他の人が真似できない確固たる独自性と多大な情報価値を持っていますから、それを上手く直感に焼直してヒットするキャッチコピーを題名として宣伝すれば、手伝って下さる方のブログ自体に、私のブログ以上に多くの読者が付くように成る可能性も有ります。それでも私は甚だ結構な事だと考えます。何故なら私・佐野千遥は金銭や個人的人気を得る事を目的とせず、社会正義の社会変革を実現することが大目的だからです。

私の論文ブログを直感ブログに焼直して宣伝するパートナーと成って見ようかと御考えに成られる方は、アメーバ・ブログのメッセージ機能又はコメント機能を使って御連絡下さい。お待ちしております。創ろうとしているのは、先にも述べましたように、金銭的アフィリエイトのような関係では無く、有志連合です。