2014年04月26日 23時37分48秒

あきらめるか、修復し続けるか

テーマ:起業

「フェルマーの最終定理」という本がすごく面白い。

・3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組が存在しない

このシンプルな定理がなぜ成立するのか。
360年間、数学の歴史は進み続けたにも関わらず誰も解き明かすことができなかった。
「フェルマーの最終定理」ではフェルマーの最終定理に挑戦する数学者たちの苦悩を描いていて、
360年間もさかのぼったものであるため、半ば数学史となっている。
たくさんの数学者たちが登場する。
その一人一人が面白いストーリーを持っている。
積み重ねの結果、フェルマーの最終定理をついに証明したのは、アンドリュー=ワイルズだ。

アンドリュー=ワイルズは元々著名な数学者で、
あるときからフェルマーの最終定理打ち込むことになる。
それまでの数学者たちの活躍によって、フェルマーの最終定理を解く下地が飛び石のように浮かび上がっていた。
その飛び石を行ったり来たり。
食事と散歩と睡眠を除いて研究に打ち込む日々が、まるで小学生の夏休みのように終わることなくいつまでも続く。

1993年、ついにこの証明を発表する日が来る。
しかし数ヶ月後にその証明に致命的な誤りがあることを指摘される。
証明になっていなかったのだ。
この致命的な誤りを修復できるかどうか。
以前より更に重たいプレッシャーを抱えて、再び長い闘いを迎える。




世の中には成功したサービスが溢れかえっているけれど、その100倍くらい失敗したサービスがあります。
課金するほどの利便性はなかった、ユーザー獲得にコストがかかりすぎた、クチコミがほとんど発生しなかった。
失敗したサービスのどれもが何らかの「致命的な誤り」を抱えています。
この「致命的な誤り」は些細なことかもしれないし、根本的なことかもしれない。
いずれにしても成立していなければ価値はありません。

CUBKI β版をリリースしてから、各所からフィードバックをいただきました。
これによってある程度の方向転換が必要であることも分かりました。
大局的な変更はなくても、詳細レベルでの変更はそれなりに必要で、これが結果に大きく関わってくると思います。
先週からさっそく修復作業に取りかかっています。

あきらめるか、修復し続けるか、選択肢は2つしかなくて、
今までそうだったように、僕には基本的にあきらめるという選択肢がありません。
アンドリュー=ワイルズのように粘り強く打ち込んで、良いプロダクトを作ろうと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

酒井 聡さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■初めまして(´∀`)

最近アメブロ始めて、色々見てたら辿り着きました。
楽しく読ませてもらいました。
また覗きに来ます(゚ー゚)

3 ■初めまして

遊びに来ましたよ!
等身大のステキなブログですね♪
お互いブログ更新がんばりましょうね(*´∇`*)

2 ■初めまして(´∀`)

アメブロ始めたばかりで、ウロウロしてたら辿り着きました。
ご挨拶代わりに書き込みしていきます。
また覗きに来ます(゚ー゚)

1 ■こんにちわ(●´ω`●)

唐突ですが、面白い!!
いろいろ参考になるし、読めば読むほど面白いです♪
また遊びに来てもいいですか?!来ますね!!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。