嬉しいご報告が出来るようになりました

埼玉県加須市の騎西高校でのペット受け入れについて

ずっと交渉をしておりましたがやっと双葉町も教育委員会も

受け入れて下さいました

応援をして下さった皆さま 有難うございました ご安心下さいませ 

これからの季節に向かい今の状態のまま

車の中に犬猫を置いておくのは

すでに限界に達していますので

スタッフは毎日本当に心配をしていましたが

やっと安堵の気持ちになりました

早速29日に飼い主さんやスタッフと一緒に

弓道場の清掃をしてブルーシートを敷きつめました 

スタッフが到着をする前に双葉町役場の職員さんが

ほとんど敷いておいて下さいましたので助かりました

足りない場所だけを張りました

それから医療ケアにご協力をして下さる獣医さんが

ボランティアで東京からいらして下さいました

飼い主さんがたが一番心配をされていた

狂犬病のワクチン接種とフィラリアの予防薬と

のみ取りのフロントラインを渡して頂きました 
 
アライブからのご寄付と会の費用でまかないましたが

これから先もケアをしなければなりません 

またほとんどのペットが不妊去勢は受けておりません

集合の部屋でそのままではワンの場合は特に過ごしにくい環境になり

女の子ワンにヒートが来た場合には

男の子ワンはご馳走を前にお預けを

させられている状態ですので

相当な負荷がかかってしまい

脱走や噛み付き事故の原因にもなりかねません 

第一この施設で「子犬が産まれました」などという訳には

いきませんので今後は手術をして頂きたいとお願いをいたしました

他にも医療ケアが必要な機会があると思いますが

着の身着のままでいらした方々にはなるべく費用の負担は

かけたくないと思っています

弓道場の一方ではケージを組み立てました

長い滞在に耐えられるように猫さんは

二段のケージをセットしました 

一応ある程度の上下運動をしてもらおうと思っています

ワンちゃんはケージやクレートを置きました 

弓道場は広いのでかなりのスペースがあります 

飼い主さんの中に規則なども決めました

また次回にご紹介をさせて頂きます