やっとこさ、仕事部屋を片付けました。

お盆休みにやろう!やろう!と思いつつ、

暑いからとズルズルと怠けておったのですが

やっと暑さも落ち着いたのでやりました。

が、早く本棚を買わないと

床に山積みのカタログはショック

 

 

こんにちはインテリアコーディネーターの為の

 

プロフェショナルメソッド塾のサイトーエリです。

 

 

収納不足解消できるか?

 

収納が足りないのは、どこのお家も同じ

だから整理収納アドバイザーとかお片付けコンサルとか

大流行りなんだよね

(一応私も整理収納アドバイザー&ライフオーガーナイザーの2級は持ってるよチョキ

 

そう、上の写真みたいにカッコイイ和室とかいいよね~

でも、収納とかもカッコイイけど、入るんかな?って心配アセアセ

 

最近はバリアフリー化でなんでもかんでも段差なし!段差悪!

みたいな風潮が・・・

 

そうねぇ~1or2~5cmの段差がつまづくのよぉ

足の小指とか骨折しちゃうくらいショック

 

しかも絶対量増えてないから収納部分

入るもんも入らんかったら、やっぱり減らすしかない

 

ああああ、無理!捨てられない、捨てちゃ困る
 

       ショック

ってこともあるよね

どんだけステキなインテリアめざしても(我が家がいい例だわ)

 

 

じゃあ、どないしたらええねん?(翻訳:どうしたらいいのでしょうか?
 

        えー?

 

 

収納をつくってしまえ!

 

(写真:パナソニック)

こんな小上がりスペースを設置してしまう方法はいかがでしょうか?

リビングは意外にものがあふれやすい場所だから

それに

ゴロンと転がれるスペースはありがたい

ベンチのように腰掛けることも出来て座ったり立ったりもラク

これはお年寄りもラク

これだけはっきりした段差だとつまづくことはなし!

 

つまづくのは1~10cmの段差

オマケに足の小指ぶつけて骨折しやすい段差のこと

 

友人の香港人のインテリアデザイナーは日本もこの床をみて

あちらでこんなものを作ったらしいウシシ

バリアフリーってのは段差をなくすことではなく

発想の転換もありだと思った

 

インテリアコーディネーターのあなたもいつもの見方を少し変えて

みませんか?

 

 

 

知っておくべきスキルがわかるインテリアコーディネーターになる為に!

ブログには書けない実践的な話が満載!

インテリアコーディネーターのためだけの
メルマガ登録はこちらをクリック!
     下矢印
【ブログには書けないICの実践メソッド】
 

 

 

クリックで応援して頂けると、更新のはげみになります

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印

インテリアコーディネートブログランキング