夫や夫の身内といると、金銭感覚がおかしくなります。

過去記事に書きましたが、夫の負債が数百万円とか、家に現金が数百万円とか、普通に生活していて目の当たりにする金額でしょうか滝汗


お金の苦労はしたくありません。
苦労はしたくないけど、働いて節約しながらやりくりして、欲しい物も我慢しながら貯蓄するということが、常識だと思っていました。

でも夫の元家族は夫一人で稼いだお金のみならず、義父母から贈与されたお金も、厭わず使ってきました。

使う金額よりも贈与してくれるお金の方が多かったので、ごみ屋敷になるほど欲しい物を買いあさっても、借金地獄にならなかったのです。

そんな家庭で育った子どもたちは大丈夫なのでしょうか。

義父から贈与してもらった子ども名義のお金もあるけれど、使い切るのはあっという間でしょう。

節約してやりくりしてくれることを切に願います。
と、その前に、立派な社会人になってもらいたいものです。



今はもう、義両親も仕事を引退しているので、贈与してくれることはなくなりました。

だから、今残っているお金は、もう増えることがありません。

維持して老後の生活のために確保しておかなければなりません。

今は定年退職後の再雇用で働く人も増えてきました。
でも、給与はガクンと下がるし、定年退職までもう、カウントダウンが始まっています。

年金はいつからいくらもらえるかわからないし、それこそそれは全くあてにならないし、医療も発展して長生きできる時代にもなってしまったし、これから税金もどれだけ上がるかわからないし、私なんて気にし出したらもう、心配で心配でしょうがないけど、何も考えずお金を使ってきた家族には、私の気持ちは理解できないでしょう笑い泣き

ていうか、ここまでこの人たちと一緒にいて、私の金銭感覚がおかしくならないことを、自分に褒めてあげたい!


そして財布の紐も財産も全て(だと思うけど)握ってからは、無駄なものは買いません。
必要のないお金も払いません。

でも義父母がいちいちうるさいことを言ってきます。


それはまた別の記事で。