さて、今回の子連れディズニーで選んだホテルは… 『オリエンタルホテル東京ベイ』バラ

これまた前回と同じホテルです。


ホテルについてはホテルエミオン東京ベイミラコスタも候補にあったのですが、ミラコスタについては両親たちも泊まりたがっていたので、次回の3世代ディズニーの時にしようと思います。



エミオン東京ベイのッズプレジャールームも子連れにはすごく良さそうえへっ

(画像はお借りしました)

壁一面がお絵描きボードになっていて子どもが喜びそうだし、お風呂に洗い場もあるし、最後まで迷ったのですが、結局朝食付きのお得なプランのあった『オリエンタルホテル東京ベイ』にしました。




ママサロンにて快適にチェックインを済ませ、お部屋で一休み星

こちらのホテルも子連れに嬉しいサービス満載です矢印 詳しくは 前回の記事 にて。


前回泊まったのは一番広いミルフィユ】だったのですが、今回は【エクレール】というお部屋。

部屋自体の広さはミルフィユよりだいぶ狭いですが、ベッドの広さはこれでも広すぎるくらい。

充分快適に過ごせました音譜


一番大きな違いは、 【エクレール】のお風呂には洗い場がないことでしょうか。

寒い時期だとやっぱり洗い場はあった方がいいですよね。


あとミルフィユはベッドとリビングが厚いカーテンで完全に間仕切りできるのに対し、写真からも分かるように 【エクレール】のカーテンはただの飾りです。

この飾りって意味あるんだろうか(笑)


あと、子連れ目線で書くとミルフィユは洗面やお風呂場もすべて靴を脱ぐスペースにあるのですが、【エクレール】のユニットバスは土足スペースにあります。

この辺、子どもが小さいとストレスを感じることはあるかもしれません。


この日の夕食はもう外に出るのが面倒だったので、ホテル内のレストランで済ませました。




ブローニュの森のライトアップが素敵。



黄色い花日目黄色い花

朝食はグランサンクへ。

この日にインパークの予定だったのですが、お天気が良くてテンションが上がりますにこっ



できたてのキャラメルフレンチトーストが美味しいですクローバー




あと、こちらのレストランには完全個室のキッズスペースがあって便利です。

床も壁もクッション素材で柔らかく安全です。


ちなみに、この日のワンピもラポシェビスキュイ むふ~

旅行中は写真もたくさん撮るので、今季購入したラポシェの秋冬物が大活躍しました。

この日のディズニーは「寒さの底」と言われており、この裏起毛の花柄ワンピもコートもとてもあたたかくて重宝しましたlove

今季の秋冬購入品→  



キッズスペースの様子は、テーブル席からモニターで確認できます。




さて、ソフィアのティアラとペンダントを付けて、いざディズニーランドへ!

(この後、ティアラは速攻でなくされてしまうんですけどね うーん)




普段はベビーカーを卒業した3歳児でも、ディズニーでは必携です。


今回もホテルでA型のものをレンタルしました。

このベビーカー、幌も大きいし、使い勝手も操作性も抜群で、子どもが途中で寝てしまっても快適にお昼寝できると思います。

ホテルで借りるなら、バギーではなくこちらのタイプをオススメしますピン!





☆★☆★☆★☆★☆追記★☆★☆★☆★☆★


結局その後のディズニー旅行でもこちらのホテルのキディスイートに宿泊しています。


『オリエンタルホテル東京ベイ』初回&再訪レポ↓

(クリックすると記事が開きます)



《2歳児とオリエンタルホテル東京ベイ ミルフィユルーム》宿泊レポ


《5歳&0歳とオリエンタルホテル東京ベイ 宿泊レボ》