タラソテラピー入浴剤/バスソルトで海水再現?② | 海藻パック・タラソパックのアルガアイ

海藻パック・タラソパックのアルガアイ

タラソテラピーとは、海水や海藻・海泥などの海洋資源を利用した、効果的なスキンケア術です。フランス・ブルターニュの伝統に基づくアルガ・アイのタラソテラピー製品は、リゾートホテル様やエステサロン様での業務用の他、自宅用としても人気です。


 

 

前回の記事 では、タラソテラピー入浴剤やタラソテラピ入浴料では、現在の海水や太古の海水を浴槽内で再現することは、現実的には不可能であることを書きました。今回は塩分(塩化ナトリウム)を大幅カットした、タラソ入浴剤/入浴料の、効果的な活用方法について、書きたいと思います。

 

浴槽内の海塩の濃度が、太古の海水や羊水の濃度に比べて低くても、上質なタラソテラピー入浴料では、充分リラックス効果やスキンケア効果が得られます。それはいわゆる、「ミネラルバランス」です。太古の海水や羊水とミネラルバランスにおいて、ある程度「相似」であればよいわけです。

 

弊社ではタラソテラピー入浴料やタラソテラピー海藻パックを、企画・開発するにあたっては、フランス・ブルターニュのCEVA(海藻工業研究所)と、学術的なやりとりを行います。CEVAによれば、減塩したタラソテラピー入浴料の最大のメリットは、浴槽から出た後は掛け湯(シャワー)を浴びなくてもよいことなのです。

 

掛け湯を浴びると、せっかくお肌にチャージされた潤いリラックス成分(ミネラル)が、肌上から流れ落ちてしまいます。そういうわけで弊社製品でも、浴槽から出た後はシャワーを浴びないことをオススメしているわけです。こうすることにより、たとえお湯のミネラル濃度が低くても、お肌にチャージが可能なわけです。

 

もし粗塩を、同等のミネラルをお肌にチャージできるだけの量を浴槽に投入したとすれば、浴槽から出た後は掛け湯を浴びるのが望ましいとのことです。なぜなら肌上には多量の塩化ナトリウムが残って、お肌に刺激を与える可能性があるからです。

 

というわけで、浴槽内で太古の海水を再現しなくとも、タラソ入浴料が溶け込んだお湯に15分~30分つかることで、充分なリラックス効果や潤い美肌効果は得られます。

 

なお前編の①で、脱塩行程で硫酸カルシウムが析出されてしまうため、タラソテラピー入浴料からカルシウムが大幅に減ってしまうことを書きました。じつはこのことに着目して、軟水中にカルシウムを放出しやすい海藻「リソサムニウムカルカラム」を加工配合したものが、弊社の上級タラソテラピー入浴料なのです。

 

前編からとおして読んで頂ければ、タラソテラピー入浴剤/入浴料の概要を、ご理解いただけたと思います。ぜひデタラメな広告などに惑わされることなく、上手にタラソ製品をご購入され、上手に効果的にお使い下さいませ。

 

2013年10月20日付けcocolog記事 より商業性を排して転載)

 

 


 
 
公式サイト 内の人気記事集 肌トラブル編》
 

濃グリセリンとグリセリンの違い

 

パラベン vs フェノキシエタノール

 

ローズマリー葉エキスの安全性

 

1,2-ヘキサンジオールの安全性

 

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

 

グリチルリチン酸2Kはくすみの原因
 
グリチルリチン酸2Kでデコボコ肌に
 
エチルヘキサン酸セチルで額剥がれる
 
低分子ヒアルロン酸で顔カビの危険性
 
「アレルギーテスト済」の過信は禁物
 
石膏パック 不慣れな施術で低温火傷
 

ピールオフパックとピーリングパックの違い

 

  
【サブ公式サイト・ブログ等】
 
サブ公式サイト
 
BLOGGER

 

FACEBOOK
 

INSTAGRAM

 
TWITTER