アレルギーテスト済みオーガニックコスメの安全性/危険性 | 海藻パック・タラソパックのアルガアイ
新型コロナウイルスに関する情報について

海藻パック・タラソパックのアルガアイ

タラソテラピーとは、海水や海藻・海泥などの海洋資源を利用した、効果的なスキンケア術です。フランス・ブルターニュの伝統に基づくアルガ・アイのタラソテラピー製品は、リゾートホテル様やエステサロン様での業務用の他、自宅用としても人気です。


 

 

この一連の記事は、オーガニック化粧品や自然派化粧品の、悪口を書くものではありません。いわゆる自然派化粧品に対する過信による健康被害を避ける、または重篤化を免れていただくのが目的です。あらかじめお断りしておきます

 

(オーガニックコスメ の真実⑦) 

 

前回の記事 では、オーガニック化粧品による肌荒れを、「好転反応」とごまかされて、より悪化してしまった事例について書きました。今回はアレルギーテスト済みの、オーガニック化粧品についてです。 

 

通常の化粧品(ケミカルコスメ?)であれば、アレルギーテストをすることにより、お肌が丈夫な方には安全であることがある程度証明されることになるかもしれません。「お肌が丈夫」と申し上げたのは、端的に申し上げれば、お肌の弱い方がお肌を危険にさらしてまでも、テストに参加しないでしょう。(→ 過去の記事 ) 

 

オーガニック化粧品の場合は、アレルギーテストはほとんど意味をなさないのではないでしょうか。通常の化粧品を使用してお肌に合わない場合は、比較的早期に異常が現れやすいものです。しかし天然成分の場合は、アレルゲンが体内にある程度蓄積されてから出るようです。

 

過去の記事「ローズマリーエキスによる時間差トラブル」 に書きましたが、使い始めの頃は快適であっても、半月~2ヶ月後から突然肌荒れ目立ってくる例が多くあります。当然のことながら、アレルギーテストは、これだけ長い期間は行いません。そういうわけで、天然成分の含有量が多いオーガニックコスメのアレルギーテストは、意味をなさないと申し上げたわけです。 

 

したがいまして、今お使いの化粧水に「アレルギーテスト済み」とPRされていても、過信は禁物です。お肌に異常が現れた場合は、勇気をもってご使用を中止しましょう。「高かったんだから・・・。」だなんて未練をもって使い続けると、重篤な健康被害にいたることもあり得ます。

 

 次の記事 では、農薬不検出のオーガニックコスメの安全性に関して、書きたいと思います。 

 

2123年4月27日付けcocolog記事 より商業性を排して転載)

 

はてなブログ縮小版記事

   

公式サイト内のオリジナル記事 ) 

 

 
 


 
 
公式サイト 内の人気記事集 肌トラブル編》
 

濃グリセリンとグリセリンの違い

 

パラベン vs フェノキシエタノール

 

ローズマリー葉エキスの安全性

 

1,2-ヘキサンジオールの安全性

 

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

 

グリチルリチン酸2Kはくすみの原因
 
グリチルリチン酸2Kでデコボコ肌に
 
エチルヘキサン酸セチルで額剥がれる
 
低分子ヒアルロン酸で顔カビの危険性
 
「アレルギーテスト済」の過信は禁物
 
石膏パック 不慣れな施術で低温火傷
 

ピールオフパックとピーリングパックの違い

 

  
【サブ公式サイト・ブログ等】
 
サブ公式サイト
 
BLOGGER

 

FACEBOOK
 

INSTAGRAM

 
TWITTER