綿製等衣類の洗濯に予洗いが効果的! 石鹸VS合成洗剤④ | 海藻パック・タラソパックのアルガアイ
新型コロナウイルスに関する情報について

海藻パック・タラソパックのアルガアイ

タラソテラピーとは、海水や海藻・海泥などの海洋資源を利用した、効果的なスキンケア術です。フランス・ブルターニュの伝統に基づくアルガ・アイのタラソテラピー製品は、リゾートホテル様やエステサロン様での業務用の他、自宅用としても人気です。

 

この本は以前の記事 でご紹介させていただいた、シャボン玉石けん㈱の先代の社長様が書かれた本ですが、セッケンユーザーさんが意外と実践されていないことで、重要なことがひとつありました。それは「予洗い」です。

   

Book_for_soap

 

「予洗い」とは言葉のとおり、洗剤を使用した「本洗い」に対する言葉です。本洗いに先だって、とくに物理的な汚れを落としてしまうことです。この予洗いで汗等の汚れを落としておくことは、本洗いに大きく影響してきます。

 

汗に含まれるマグネシウム等ミネラルと石鹸成分が結びつくと、金属石鹸をつくってしまいます。一旦金属石鹸ができてしまうと、その石鹸成分は洗浄力を失います。合成洗剤の場合ももちろんマグネシウム等と結びつきますが、セッケンほど洗浄力が落ちない優秀性があります。

 

とくに汗を含みやすい綿製衣類のお洗濯の場合は、予洗いがとても有効となります。セッケン洗剤をご使用で予洗いをされていない方は、ぜひ予洗いをお試し下さい。しっかりとした洗濯効果が期待できるだけでなく、洗剤の節約もできます。加齢臭などの体臭が気になる方は、試す価値大だと思います。

 

以下は余談ですが・・・。

 

さきほど「金属石鹸」にふれる際に、合成洗剤の洗浄力を「優秀」と記述しました。じつは合成洗剤(合成界面活性剤)のこの「優秀性」が、お肌に直接使用した時や残留洗剤として衣類に残った時に、「危険性」へと変貌するわけです。

 

お肌の角質層にはミネラル類が含まれているため、通常の範囲で純石鹸を使用した場合、洗浄成分は角質層より先には進みません。しかし合成界面活性剤の場合は、皮膚に含まれるミネラルの影響が少ないために、どんどんお肌を突っ切っていきます。(過去の記事でも「セラミド」を突っ切ると記述させていただきました。)

   

石鹸洗剤による洗濯の場合は、ひと手間もふた手間もかかりますが、過去の記事のようにスキンケア性においては、明らかに石鹸のほうが優れています。とくにアトピー性皮膚炎患者さんには、間違いなく有効でしょう。

 

ココログの関連記事

 

はてなブログ縮小版記事 

 

公式サイト内のオリジナル記関連記事

 

 

 


 
 
公式サイト 内の人気記事集 肌トラブル編》
 

濃グリセリンとグリセリンの違い

 

パラベン vs フェノキシエタノール

 

ローズマリー葉エキスの安全性

 

1,2-ヘキサンジオールの安全性

 

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

 

グリチルリチン酸2Kはくすみの原因
 
グリチルリチン酸2Kでデコボコ肌に
 
エチルヘキサン酸セチルで額剥がれる
 
低分子ヒアルロン酸で顔カビの危険性
 
「アレルギーテスト済」の過信は禁物
 
石膏パック 不慣れな施術で低温火傷
 

 

  
【サブ公式サイト・ブログ等】
 
サブ公式サイト
 
メインブログ cocolog

 

FACEBOOK
 

INSTAGRAM  

 
TWITTER