ソシャゲを作ろう。その3 | Alfineの散らかったおもちゃ箱

テーマ:
少し間が空きました...少し?

締め切り前で忙しかったり、fripSideのライブがあったり、忙しかったり、怠けたり...

ん?

ほら、秋クールも始まったので、新番組のチェックとか、ほら。。。ね(汗)



さて、本題ですが、今回からちょっとテクニカルに。

せっかくなので、Parseから。



まずParseのHPに行って、アカウントを作ります。

そして、アプリの名前を決めて・・・

キーをもらいます。

必要なのは、アプリキーと.NETキー。

Parse Key

次に、データをアップしておきます。

何かないとテストすることもできませんので。

そこで用意したのが、パラメータ表です。

昔作ったゲームから必要なとこだけをとってきたものです。



これをParseのHPからインポートしてあげます。

方法は簡単。

まずPraseのHPでログイン。

ダッシュボードのCoreタブのDataからインポートを選択。

Parse Dashboard

エクセルから出力したCSVをドロップします。



この時、CSVはUTF8でないと文字化けします。

ウチのエクセルはバージョンが古いので、UTF8で出力できない模様。

フリーソフトなどで変換する手間がかかります。

新しいのを買ってくればいいんですが、新しいエクセルはあんまり好みじゃなくて...


ここで、よくわからない点

IDというカラムを用意していたのですが、これは正しくインポートされませんでした。

インポートされるとobjectIdカラムが生成されるようなのですが、

これと内容が同じになっています。

ですので、並べ替え用にsort_idカラムを別途準備。

なお、インポートしたものに再びインポートするとレコードがダブります。(当たり前か)

なので、修正するときは丸消しして、インポートしなおしということになりそうです。

ところで、論理削除の方法はあるのでしょうか。

Alfineさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ