ホルニスト♪小川敦公式Blog

ホルニスト♪小川敦公式Blog

ホルン奏者、小川敦の日常です☆
演奏活動だけでなく、プライベートも色々ご紹介します

編曲の依頼も随時受け付けています(/^ ^)/~~

編成は金管アンサンブルから吹奏楽まで、ご相談内容に合わせて色々と対応していきますので、ご希望の方は気軽にご連絡下さいビックリマーク


※2012年8月21日(日)に行われた震災復興支援コンサートでは、総額¥20,010の寄付金が集まり、それらを楽器用品に変えて宮城県楽器BANKを通して寄付させていただきました。

ご協力いただいたすべての方々に厚く御礼申し上げます。


公式ホームページを開設しました。

演奏会情報やその他多くの情報を更新していきますのでぜひご覧ください音譜

http://alex1210jp.wix.com/hornist-ogawa-a


テーマ:
皆さんお久しぶりです。

すっかり更新もしなくなったこのブログ、どうせ続けていないのならいっそのこと閉じてしまおうかとも考えてましたが、時々「ブログの更新待ってます!」と言うお声もいただいていたのと、元号が変わったのも勢いに更新しようと思い腰をあげました(笑)

実はブログに限らずSNS自体の更新も昨年下旬から頻度も減らしていました。

以前は積極的に投稿していましたが、少しSNSとの向き合い方を変えていこうと思ったのがきっかけです。

年齢ももう今年で35歳。

節目を迎え、いわゆる若手から中堅どころと言ったといったところでしょうか?

元号も変わったこのタイミングで、再スタートという意味も込めて、これからも自由気ままに投稿や更新はしていこうと思いますので、皆様末長くよろしくお願い申し上げます。

というわけで、先日まで久しぶりに吹奏楽の本番でした!

スーパーコモロウィンドオーケストラ、通称SKWOの3回目となる定期公演の賛助で、長野県上田市へ。この団体は長野県にある小諸高校出身者の音楽家が集って結成された団体で、久しぶりにお会いできた方もたくさんいました。


とりあえずの美味しいお肉たちと。。。。


どちら様でしたっけ??

吹奏楽の本番は、よく考えたらすごく久しぶりでなんと4年ぶりでした!

ちなみに4年前の本番はPBでした…またこっちの吹奏楽もやりたいなぁ。。。

そしてやはり吹奏楽は金管楽器にとっては体力勝負。ひと公演のプログラムを吹き切ろうと思うとそれはもう…。

ですがメンバー同士意気投合して、とても充実した本番になり、4日間とても楽しく過ごせました。

関係者の皆様、大変お世話になりました。
また機会があれば吹奏楽での本番も吹きたいですが、しばらく予定はないので、次の機会を楽しみにしたいと思います。

テーマ:
みなさんこんにちは!
もうすぐ夏休みが終わりますが宿題はちゃんと終わりましたか?というより今からラストスパートという方もいるんでしょうか?

さてさて、前回に引き続き今回もよくある質問に答えていこうと思います。

第2回目となる今回は、

「合奏になるとホルンが聴こえない」です!

パートで抜き出して演奏させると聴こえるのに合奏になると全然聴こえないのでどうにかしてほしいと言われることがあります。
確かに中音域のホルンがよく響いているとバンド全体のサウンドがまとまって好印象ですよね。

ただ、楽器の構造上ベルが後ろを向いているので、闇雲に吹き散らかしても音は飛んでいかないので結果的には聴こえてきません。

1番大切なのは、正しい奏法で音を飛ばすことなのですが、そこについてはまた別の機会にお伝えするとして、今回はあくまで「合奏」という場、さらにいうと吹奏楽編成ということで、主に配置場所に焦点をあてていきます。

早速ですが、ホルンの場合は合奏では特に音を飛ばす方向が大切になってきます。

例えば、よく見る配置だとトランペットの目の前にホルンが真っ直ぐに並んでいるのが一般的なのかなと思いますが、個人的にこの配置はあまり好印象ではありません。

というのも、この配置だとホルンとトランペット
のベル同士が向き合っていて、お互いの響きに干渉しあってしまい充分な響きが得られません(あくまで個人的見解です)。

なので、可能であればお互いのベルが干渉しないような配置になるようにすべきだと思います。

それともうひとつ、後ろの反響板に対して平行になるよう、斜めに椅子を置いて座っている団体さんも見受けますが、これも僕が指導に行っている団体ではオススメしていません。

なぜかというと、確かに後ろに音を当てるという点では正しいのですが、正確には真後ろというよりも斜め後ろなんです。
なので、舞台上で言うところの横の側板に音を当てて響かせるような配置の方がよく響くと思います。そしてなにより他の楽器が指揮者に向かって演奏しているのにホルンだけあさっての方向を向いているのは若干見た目が良くないかなと…。

以上2点を改善するだけでも、合奏の中でのホルンの響き方は変わって来ると思います。

プロのオーケストラ吹奏楽団体でも、ベル同士が向き合った状態にならない配置だったり、側板に当たるような角度で配置されていたりするのを見かけると思いますが、おおよそその辺りを考慮したものになっています。

まれにプロでも、ベルが干渉し合う配置の時もありますが、それはその配置でもちゃんと響かせられるくらいの高度な演奏技術を持ち合わせているから聴こえてくるのであって、一般的な中高生にとっては容易ではないので、なるべく自然に音が響くような配置で演奏させてあげるのも、合奏でホルンを聴こえさせるための手段の1つなのではないかと思います。

前回に比べて今回は技術的な内容ではなかったですが、こうしたこともホルンを演奏していく上では大切になっていくことなので是非参考にしてみてください。

ご質問やご要望があれば随時コメントなどに記入していただければお答えしてまいりますので是非お願いいたします。

それではまた!

テーマ:
みなさんこんにちは!
連日猛暑が続いていますが夏バテは大丈夫でしょうか?
吹奏楽コンクールの時期ですが、今年はあまり関わることが無い年になってます。

普段から指導に行っている学校には普段通りのペースでのレッスンでしたし、合宿に参加する事もなく(合宿がそもそもない学校だったりなのでw)、この時期には結果報告の連絡を受けるくらいですね。

僕が指導に行っている団体は全て結果を連絡いただきました。
(一部、生徒からではなく講師仲間からの連絡で知ったのもありました…ちゃんと報告はするようにw)

これらの団体は、納得のいく結果ではなかった団体がほとんどだとは思いますが、その悔しさは次年度の生徒達がしっかり引き継いでいってほしいですね!

さて、普段レッスンに行くと、コンクール時期に限らず大抵頂く質問があります。

・高い音が出ない。
・合奏になるとホルンが聴こえない。
・後半になると口がバテて音が当たらない。
・いつも顧問の先生に「ホルンもっと吹いて!」と注意される。

などなど、、、おそらくホルンを教えたことのある人なら一度は聞いたことのあるフレーズだと思います。
なので、しばらくこのブログでは個人的な主観に基づいて1つずつ解説していこうと思います。

初回となる今回は「高い音が出ない」について。

これは多くの生徒に、何か質問があるかどうかを聞くと1番多く来る答えです(笑)

先に結論から言うと、高い音を出すようにするには口ではなく息の使い方を改善しないといけません。
口に頼りすぎると高音は出しにくいし、出たとしても絞り出したような音色になってしまいます。それではせっかく出ても合奏では埋もれてしまい使い物にはなりません。

では具体的にどう出せばいいのか?

高い音を吹こうとするその瞬間、まず息の支えをグッと下から持ち上げるようなイメージで押し上げます。

そして口の中の形を(口腔内)、アパチュアはそのままの形を維持しながら「い」の形にする。

この時、舌の位置が口腔内の後ろ斜め上辺りにあるようにして、息の支えを上げて圧力の高くなった息を、遠くに置いたロウソクの火元だけに当たるようなイメージで吐く。

そうして吐き出された息の圧力でマウスピースが押し出されないようにするために、ある程度しっかりと口にセッティングする。
※ここの加減がいわゆる「押し付けすぎない」とか「口に跡が残るくらい力が入ってる」などといった議論を生み出していると思っています。マウスピースを口に押し付ける圧力はセッティングするためだけの分は最低限必要です。

そして最後に大事なのは出したい音のイメージ。
ここが出来ていないと、イメージと身体の準備とのバランスがくずれて音があたりません。

と、普段自分が意識していることはこんな感じでしょうか。文章だけでは中々理解しにくい部分もあると思いますが、少しずつ実践していけばコツをつかんで頂けるのでは無いでしょうか。
もし参考になったと思って頂ける方がいたら嬉しいです。

次回は「合奏になるとホルン聴こえない」について書いていこうと思います。

最後に今日の1枚!

いい天気だったので公園で吹いた時の写真です!
それではまた!

テーマ:
すっかりご無沙汰になってしまっていたこのブログ、最近は投稿しようと思ってはいても中々重い腰が上がりませんでした。。。

元々そこまで文書書くのは得意ではないのでお許しください(笑)

さて、しばらく更新しない間に世間は夏休み。
吹奏楽コンクールのシーズン真っ只中ですね!

地域によってはすでに地区大会が終わっているところもあるようですが、僕が日頃レッスンに伺っている学校は来週が地区大会。
まさに今が正念場です!

ちなみに今日はこれからとある中学のホール練習にお邪魔してくる予定なので、できる限りの指導をして来ます。
どこの団体も、正直なところ成績も気になるところがあるとは思いますが、まずは後悔のない演奏が出来るように最大限に準備をして本番に臨んでほしいですね!
心から応援してますよー!!

そしてそして!
久しぶりの投稿なのでもうひとネタ(笑)

先日思い切ってベルを購入しました!!

。。。。。。???

ま、ぱっと見では何が変わったんだ?となっているかもしれません…。
本体は変わってないのでつけられるベルも基本的には同じですから(笑)

ただ、本体と違ってベルにはラッカーはかかっていないので近くで見ると色合いも少し違うんですよ。ご覧になりたい方は僕のところへ是非!

本当はマウスピースを選びに行ったはずなんですがね…人生どうなるかからないものです。
普段高額な買い物はほとんどしないのでおそらく今年1番の高額買い物だと思います…頑張って働こう…(笑)

そんなわけで、最近はブログに限らずSNS投稿も、思うところがあってかなり頻度が落ちてますが元気にしています!
少し前の何かの投稿でホルンの技術的な内容について書こうかなと発言したのですが、そちらはコンクールシーズンが終わって落ち着いてからにしようかと思いますのでお楽しみに!
引き続きこちらのブログやTwitter、Instagram、Facebookもよろしくお願いいたします。

それではまた!

テーマ:
急に気温も上がって着る服の選択を間違ってしまっている小川です…(笑)
皆さんはちゃんと気温にあった服装でお出かけ下さいね!

昨日もこれ↓
{CC0E0AD7-6FA9-4FEA-B7FF-E9DC290C096A}

昨日まで大阪にいたのですが、ポカポカの春陽気…などという甘いものではなくこの日はもはや初夏。。。

今年の夏はどうなるんでしょうか?
さて、写真の説明ですが、今回のレッスンで最後になる生徒さんたちとの写真(掲載許可済)と、2校からいただいた寄せ書きたち…偶然にもどっちもドラクエっていう(笑)

確かにドラクエ好きですが、T高の皆さん…↓
{7237104A-1132-4550-BC0E-6E9549A86E42}
これは去年もらった寄せ書きと一昨年もらったスライムのクッキーが入ってた缶なんですけど…(笑)

もはや定番化してるんですけど、、、しかも今年は別の中学でもらったものにすらスライムがいました。

でも、こうして時間を割いて作ってくれたものは本当に嬉しいですね!
みんな本当にありがとう!

この先ホルンを続けるかどうかはそれぞれ違ってくるとは思いますが、今までホルンを頑張って来たその精神力はどの道に進んでもきっと生かされるものになると思いますので頑張って下さいね。

それと沢山の後輩のためにもたまには遊びに来てあげて下さいね!
もちろん僕に会いに来るのも大歓迎(笑)

今回も楽しい大阪訪問でした!!

Ameba人気のブログ