奈良学園前の相続・遺言弁護士栗須直樹のブログ

近鉄学園前駅南出口すぐ奈良市西部会館7階にある法律事務所ALEX綜合法律事務所の情報発信ブログ


テーマ:
こんにちは,奈良学園前の相続・遺言弁護士,栗須直樹です。

今回は,「退職金・遺族年金について」です。

1 退職金

相続において,退職金の処理が問題になるのは,被相続人(亡くなった人)が退職前に死亡し,未だ退職金を受領していない場合です。

退職後,退職金を受領した後に死亡したのであれば,退職金は,被相続人の財産に入っていますので,当然,相続財産になります。

他方,退職前に労働者が死亡した場合,勤め先から,いわゆる「死亡退職金」や「弔慰金」が支払われることが一般的ですが,これは,当然に,相続財産になるでしょうか。

死亡退職金や弔慰金の受給権者が法律や退職金規程等で決まっている場合,これらは,受給権者の固有の権利であり,相続財産には含まれません。

つまり,遺産分割の対象にはならないということです。

それでは,退職金規程等で受給権者が定められていない場合はどうでしょうか。

実は,学説・判例とも,まだ定説はありません。

ただ,死亡退職金は,遺族の生活保障という側面があるので,やはり,単なる法定相続人で分割するよりも,生計を共にしていた親族に取得させるのが,制度の趣旨にあっていると思われます。

また,死亡退職金等を取得した場合,持ち戻しが認められるべきか(特別受益や遺留分の算定の基礎になるか)が問題となりますが,これを肯定した裁判例,否定した裁判例がそれぞれあり,これも定説がありません。

理論的一貫性からいえば,相続財産に含まないのであれば,持ち戻しは認めるべきではないでしょう。

2 遺族年金

遺族年金も,被相続人の死亡をきっかけに発生するものですので,相続財産に含まれるか問題となります。

しかしながら,遺族年金は,より一層,遺族の生活保障という性質が強いものですから,相続財産には含まれず(=遺族の固有の財産),また,持ち戻しも認めるべきではないでしょう。


最後までお読みいただき有り難うございました。

お役に立ちましたら,「いいね」を押していただけると幸いです。

また,よろしければ,読者登録をお願いいたします。

読者登録してね

************************

近鉄学園前駅南出口すぐ

TEL:0742-52-7330

ニコニコALEX綜合法律事務所公式webサイト

にひひALEX綜合法律事務所Facebookページ


人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

奈良市学園前の相続・遺言弁護士,栗須直樹です。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。