奈良学園前の相続・遺言弁護士栗須直樹のブログ

近鉄学園前駅南出口すぐ奈良市西部会館7階にある法律事務所ALEX綜合法律事務所の情報発信ブログ


テーマ:
こんにちは,奈良学園前の相続・遺言弁護士,栗須直樹です。

今回は,「生命保険金について」です。

1 生命保険契約とは

生命保険契約とは,契約者と保険会社との契約で,被保険者が死亡した場合に,保険会社が受取人に保険金を支払う旨の契約です。

保険契約に伴い,契約者は,保険会社に一定の保険料(=掛金)を一括又は定期的に(例:月払い,年払い)支払います。

保険契約の対価(または掛金)として,保険会社に支払うのが「保険料」,保険事故が発生したときに,保険会社が受取人に支払うのが「保険金」です。

保険契約に登場する各登場人物を確認しておきましょう。

①契約者:保険者と契約する人で,保険料を支払う人です。

②保険者:保険事故が発生した場合に保険金を支払う人,つまり,保険会社です。

③被保険者:生命保険の場合,この人が亡くなると,保険金が支払われます。

④受取人:保険会社から保険金の支払を受ける人です。保険事故が発生した場合,保険金請求権を取得します。

契約者,被保険者,受取人については,それぞれ別人の場合もあれば,一部共通する場合もあります。


2 生命保険金は相続の対象となるか

ここで気を付けないといけないのは,生命保険と一口に言っても,亡くなった人(=被相続人)は,その保険契約のどの当事者なのかによって,結論が変わるということです。

つまり,場合を分けて考える必要があります。

(1)被相続人が被保険者ではない場合

この場合,保険事故が発生していませんので,そもそも,保険金請求権は発生していません。

被相続人が契約者の場合,保険契約を相続人が相続することになりますので,誰がこの生命保険契約を相続するのか,遺産分割協議で決めることになります。

被相続人が受取人の場合,新たな受取人を指定することになります。

(2)被相続人が被保険者の場合

この場合,被相続人の死亡が保険事故になりますので,保険金請求権が発生します。

これを誰が取得するかが問題となりますが,保険金請求権は,いったん被相続人に帰属して相続されるのではなく,保険契約によって,直接,受取人に発生するものです。

したがって,相続の対象にはならず,保険契約上の受取人の固有の権利・財産ということになります。

よって,相続財産(=遺産)には含まれず,遺産分割の対象にはなりません。

ということは,被相続人の遺産について,相続放棄をしても,保険金は受け取ることができます。

3 相続税法上の扱い

ここで気を付けていただきたいのは,生命保険金は,相続税の計算上は,遺産と見なされて,相続財産の計算に入れられています(いわゆる「みなし相続財産」)。

しかし,これは,あくまで税金の計算のための話しであり,上記2(2)の場合の保険金が,相続財産に含まれないこととは別の話です。

税金の話しと遺産分割の話しを混同しないようにしましょう。

4 問題点

もっとも,生命保険金が相続財産に含まれない(=遺産分割の対象ではない)とすると,生命保険金の受取人は,保険金の他に,法定相続分の遺産も相続できることになりますが,生命保険金が,通常,非常に高額であることを考えると,相続人の間で大きな不公平が発生することが考えられます。

これを調整するため,生命保険金は,遺産ではないが,特別受益にあたるとして,相続人の間の公平を図るという考え方があります。

裁判例では,これを認めるものと認めないものが対立していますが,具体的な事案によって,適切な解決が図られているものと思われます。



最後までお読みいただき有り難うございました。

お役に立ちましたら,「いいね」を押していただけると幸いです。

また,よろしければ,読者登録をお願いいたします。

読者登録してね

************************

近鉄学園前駅南出口すぐ

TEL:0742-52-7330

ニコニコALEX綜合法律事務所公式webサイト

にひひALEX綜合法律事務所Facebookページ


人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

奈良市学園前の相続・遺言弁護士,栗須直樹です。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。