Ale House西口移転10周年のアニバーサリービール造りに行きました‼︎ | alehouseのブログ

Ale House西口移転10周年のアニバーサリービール造りに行きました‼︎

お仕事の方もお休みの方も。

日々お疲れ様です。

連休を過ごすって生活リズムを一定に保とうとする事がなかなか難しいなと思います。

ついついダラッと甘えちゃいがちになっちゃって良くないなという事で、最近は1日1時間は部屋の掃除とか片付けにあててみるかなと過ごしてます。

さて。世間はGWですね〜。

Ale House、西口に移転してきて今年で早10年を迎えようとしています。

そんなこんなで、先日オリジナルビール造りに行ってきました‼︎


今回ありがたい事に引き受けてくれたのは、西川口にあるGROW BREW HOUSEさん。



ホームブリューで経験を積みあげ、卓越したセンスを持ち合わせた醸造家の岩立 佳泰さんに今回の希望のスタイルを相談して、コーディネートして頂きまさした♪


ちなみに西川口のGROW BREW HOUSE

ビアジャーナリストの田口さんという方が良い記事書いてるので、こちらもオススメ↓↓↓

西川口「GROW BREW HOUSE」 人的交流の潤滑剤を作る”まちのビール醸造所”2019年5月現在、3つのブルワリーが存在する埼玉県川口市。その1つ、西川口「GROW BREW HOUSE」には、人的交流の潤滑剤を作る”まちのビール醸造所”という思いがあります。待望の1stビールを2019年5月25…リンクwww.jbja.jp


今回のテーマは昔の良い所と現在の良い所の融合。

モダンでクラシック。

クラシカルでモダン。

どっちが先が正解か??

兼ねてから飲んでみたかったESBのシェイク。

そして好きなアールグレイの香り。

てな感じで、シェイキーでアールグレイでESB

そんなESBを目指してスタート‼︎



200リットル仕込み釜で使うモルトは50キロ近く。片っ端からゴリゴリ粉砕‼︎

吸い込まれてく〜。

ベースはあくまでもクラシカル。

ほぼほぼマリスオッター麦芽。



仕込み釜は直火の寸胴‼︎

最近はオートメーションが多く、常陸野の手作りビール以来のこの手作業。テンションあがる〜♪


僕みたいに体験的に触らせてもらえるのは大変ありがたく、日常的にこの作業をこなすのは力もいるしホント頭が下がります。大変そうだなぁ。



糖化が終わると今度は煮沸釜へ。

一番麦汁はトロリとした甘く穏やかな味わい。

今回ビールは最近好きなシェイクのテイストも融合したいと願い出ましてオーツ麦も使用。

その為、すでに滑らか♪

ほんのり甘い汁粉みたいな感じ。

濁りのあるダークブラウン。



手作業は掃除も大変‼︎

スコップで麦芽を取り出しました〜。

鶏のご飯にとか、畑の肥料に使われるみたいですね。

GROW BREWのロゴ。

中々かわいいなと♪


煮沸中。カフェラテみたいなモッタリした泡が出てきますね〜。あくみたいなものですかね。

あらかた溜まっては網ですくいあげたりして


コーヒームースみたいにトロトロw
食べられないけど何だか食べてみたくなっちゃう。

期待とテンション上がるわ〜。

オーツ麦を使ったタイプのビール仕込みが僕は初体験なので新しい発見が沢山。

徐々に、このあく?も落ち着き始めます。

大体すくいとってもらいました。


この後はホップを投入。

今回はほぼほぼチャレンジャー。

おぉ〜。クラシカルビターですね〜。

なんて話しつつ追加にビターオレンジっぽい香りを付けたいっ。て相談してアマリロ追加してもらったり。


ホップ入れたらまた泡が出てきます。

緑と茶色で宇治金時みたいな見た目のムース泡

こいつは中々w


それからそれから。

乳糖も投入。

こちらも初めて。

サラサラの粉状。

片栗粉とかコーンスターチみたいに、柔らかく思った程そんな甘くは無いんだなと。

大福の外側についてる粉みたいだなぁ。

あ〜。大福食べたくなってきたなぁ。


それからカラギナンっていう残りかすとかタンパク質とか吸着してくれるものを投入して混ぜていきました。


めちゃエエ香り〜。

ホッピーな香りだわぁ。

アマリロ良い香りだなぁ。

クラシカルなESBにはそんなに無くても良い香りだけど、クラシカルモダンなESBだったら、これくらいアメリカンなアロマでも全然良さそう。

紅茶の香りにも合いそう〜。


ひたすら混ぜてアナログなワールプールみたいに



こちらの麦汁は、ジョン フルシアンテの名前をつけられた熟成タンクに移動。4つのタンクがあって、それぞれにレッチリメンバーの名前がつけられてて♪ こういうのも中々イカスじゃない。


ホップを投入したあとの麦汁。
爽やかにビターオレンジでミルキーで。
こいつは理想のシェイクESBが出来そうな予感にワクワクが止まらないですなぁ〜♪

最終的にはアールグレイの茶葉で香りつけをしてTEA SHAKE ESBを飲みたい!!
ミルクティーみたいな美味しいまろやかビター‼︎

ただ、このままで既に美味しい予感はしてるから、経過を見つつ入れるかどうかを、また判断しよかなとも思ってます。お楽しみに。

〜おまけのお話〜
今回はグアムでミナゴフビールを造ってた石井さんも見学にいらっしゃっいました。

岩立さんと熱いビール談議も交わして貴重な番組みたいだなと♪  今後は日本でビール造りするようで、こちらもホント楽しみです。

それではまた♪

記 やっしー