アネモネです。





淳さんがこの投稿を読んでくださるかどうかは別として爆笑(笑)、



慶應通信卒業を目指すことに
慶應通信卒業の先輩として、
まずは全力応援させていただきます✨





さて。
今回のニュースで、
にわかに「慶應通信」にスポットライトが当たりました。



皆は、
少なからず興味津々かと思います。
慶應通信とはなんぞや?と。
赤本解かないで入れるのか?と。



また、




「なーんだ慶應通信か」、とか(れっきとした慶應だよそんなこと言ってると慶應の教授達怒るよ❗(笑))、

「淳さんは果たして卒業できるのか」、とか(大きなお世話だ自分も入学して卒業してみろ❗(笑))。

「青学で学びたかった青学情熱を捨てるのか」、とか(うるせぃ落ちたんだよ落ちたら通いたくても通えないだろ❗(笑))、

「慶應の大学名がほしいだけかい❗」、とか(笑)、

逆に、
「淳!慶應通信なめんなよ❗」、とか(主に現役通信生の声)。





有名人だけに
いろんな意見をぶつけられていると思います。
そんな中のスタートは大変だと思います。






しかし、
有名人なら有名人としてのメリットもあります。

それは、
ありのままを国民に見せ続けること。





慶應通信をガチンコで取り組んで、

さんざんレポートも科目試験も不合格になって、

それでも食らいついて、

何千回やめたくなっても諦めないで、

スケジュール通りに行かない学習進行具合を悔やんだり、

慢性的な毎日の睡眠不足を抱えながら、

学んで、覚えて、考えて、

勉強時間をアレンジして、

勉強方法をアレンジして、

相変わらず家族に迷惑をかけ、また協力をしてもらい、

仕事先にも無理を聞いてもらい、

あちこち頭を下げながら、

重さがわかってない人に「何年かかるの?(笑)」と軽く言われたりしながら、





それでも続ける。





ボロボロになっても何百回も起き上がる、
それらの等身大の姿を
世に知らしめて欲しい。



大学の通信は「カルチャースクールか趣味の習い事みたいに
お気楽で簡単だ」という、
世間の間違った先入観を見事覆して欲しい。



(画像はお借りしました)




イメージは、
学力の24時間マラソン!





そしていつしか、
知識や思考力が深くなり、
卒論に大手がかかったその時!(武道館が見えてきたその時!)、



ZARDの🎵負けないで はかかりません。


が、





その参道には、
応援する人が増えてくる。






まず、同じ通信大学生の仲間が応援し始める。

慶應生(昼間の)が応援し始める。

同窓生が応援し始める。








慶應の教授陣は
通信生が
金持ちだろうと、
会社で地位が高かろうと、
有名人だろうと、
老齢だろうと、
海外在住であろうと、
仕事激務だろうと、
育児中であろうと、
病気中であろうと、




採点に一切の妥協や甘えを許しません。





それだけに、
単位が積み上がればそれは、
そのままその人の実力になります。






慶應通信は12年在学できます。
絶対休学はせずに、学費は払い続けてください。
たとえ12年間あまり勉強する時間がなくても、
学費だけは払い続けてください。
その理由は、払い続けていれば見えてきます。
払い続けて良かったと思う日が必ず来ます。











卒業したら、



今までの辛い諸々は全て帳消しになります。



そこに来てもとやかく言う人達は、
軽く放っておけます。
自分の中にいろんなことが身に付いたその頃は、
そんなのはもうどうでも良いのです。





だから絶対卒業してくださいニコニコ
そして卒業したら、家族や周りの人に
たくさん恩返しをしてあげてください。






以上、
アネモネからの私信でした爆笑
がんばれ淳さん!
がんばれ慶應通信生!





11年半かかって卒業したアネモネよりリラックマ