プロバイダの料金比較

テーマ:

 

あくび光」などの「光コラボレーション(光コラボ)サービス」は、NTTの「フレッツ光」の回線をそのまま使用できて、サービス提供事業者が料金を決める事ができる。
その為価格競争が起っている。

各プロバイダによって「月額使用料」「申し込み特典」「オプション」
などが様々で違っている。
ユーザーは単に「月額使用料」だけではなく、その他のオプションや割引特典なども確認してから契約するべきです。
また、プロバイダ光回線の相性やサービスのことも考えましょう。

例えば「月額利用料」だと
・BIGLOBE⇒1200円
・@nifty⇒1000円
・OCN⇒1100円
・plala⇒1000円
・So-net⇒1000円
・DTI⇒951円
・AsahiNet⇒780
・excite⇒500円

というようになる。
しかしながら「月額利用料合計」となると

・BIGLOBE⇒5800円
・OCN⇒5700円
・@nifty⇒5600円
・plala⇒5600円
・So-net⇒5600円
・DTI⇒5551円
・AsahiNet⇒5380
・excite⇒5100円

というようになる。

単純に安いプロバイダが自分にとって良いとは限りません。
よく考えてプロバイダを選びましょう。

AD