宝塚観劇
月組公演「カンパニーと BADDY」
感想の続きです。
カンパニーの感想
 
 
 
 
「どっちが宇宙人でどっちが地球人???」
 
 
 
 
小学生の娘が、ショーの間、ずっと聞いてきます。
 
 
 
 
しーっ、静かに!!
 
 
 
 
と小声でたしなめますが、何度も何度も聞いてくるので
 
 
 
 
お母さんもよくわかんない!!
 
 
 
 
そう答えました。
 
 
 
 
本心です。
 
 
 
 
 
公演の後半ミュージカルプレイ。
「悪党は月からやってくる」
 
 
 
 
おそらく宇宙人ではなくて地球人と月の人ってことだったのでしょうか?
 
 
 
 
とまぁ、隅から隅までそんな感じで、
 
 
 
 
とにかく設定がわかりにくいです。
 
 
 
 
そもそも、あのビジュアル・そしてどう見てもお人柄の良さそうな月組トップスター珠城りょうさんが、悪党という時点で、既に混乱しています。
 
 
 
 
{6566B844-5321-46EE-9D9A-98CE57F713E3}

 
 
 
 
どうせだったら、妖艶さが光る美弥るりかさん?この方が悪党だったら、まだすんなり理解できます。
 
 
 
{293854ED-7BB3-4313-9F99-C5677A6090D4}

 
 
 
そもそも美弥るりかさんの役は、グッディ?バッディ??
 
 
 
 
公演パンフレットをもう一度読み直してみましたが、
 
 
 
 
よくわからないんですよ〜泣
 
 
 
 
善と悪、地球と月、禁煙と喫煙
 
 
 
 
どれも対比してるんですけど、なぜか意味がわからなくなります。
 
 
 
 
なんでこうなってこうなってこうなるのか???
 
 
 
 
最初から最後まで???続きです。
 
 
 
 
 
そのまま最後の羽を背負った最後の場面になりますから、そういう意味では???のオチがつく、ラストシーンなのか???
 
 
 
 
 
あのような終わり方って他にあるのでしょうか??
 
 
 
 
 
調べてみたいと思います。
 
 
 
 
 
 
子供はグッディ(愛希れいかさん)がかわいい〜と喜んでいました。
 
 
{96A7ACED-FFE6-43C2-BBD4-68AAC5412593}

 
 
 
一つ一つの場面は丁寧に作られ面白いかとは思うのですが…
 
 
 
 
 
結局何が言いたかったのか??
 
 
 
 
 
全くもって理解できず(私だけだと思いますが)とても残念でした。
 
 
 
 
 
 
{9A5449E2-50D5-4517-8DA5-E86ED83D8E78}

 
 
 
気なる月城かなとさんは、見た目にも割と普通のビジュアルで、役どころもまあまあわかりやすかったです。ちょっと安心材料。
 
 
 
 
 
{DFD147B8-FC4B-4356-BA76-3ABE5EA9708B}

 
 
そして、終始無表情を通された輝月ゆうまさん。
 
 
 
 
 
このいでたちで頑張られたんですもの…。そりゃ、次の舞台のご活躍が当然楽しみになります。
 
 
 
 
このように、未消化部分がたくさん残る作品も結局次の公演が気になったりして、
 
 
 
 
まさか2作続けて?はないだろうという期待もこめて、もう一度観劇しに参りたいと思っております。
 
 
 
 
さんざん文句言いながら、結局行くんかい〜笑笑
 
 
 
 
{B9BA17E6-92C9-4389-8DC5-D1937215FCE8}

 
 
行きますとも〜〜笑