みなさま スタート相変わらず出遅れますが

あらためてあけましておめでとうさんです。 今年初トップ写真はこれですジャ〜ン

 

 

 生徒さんに撮っていただいた1枚です。

今年初めてのコンサート、こんな素敵な場所で無事終えることができました。

お天気にもめぐまれて幸せ度さらに倍増です。

 


 とにかく 綺麗! 素敵! なロケーションと場所でどこを撮っても写真映えします。
こんな雰囲気にぴったりの曲で1番こだわったのは選曲と入場です。

 

マリア様になりきって、そして衣装もウェディングドレスにならず、かつ中国の雰囲気を醸し出せるものでこの衣装を新調しました。

 

 

 

 

教会⛪️にぴったりの選曲で「アベマリア」(シューベルト)を藤原さんのオールピチカートの伴奏で、私がアベマリアの歌を弾きながら入場。年末年始は鏡を見ながら立奏とマリア様のような雰囲気に見せる練習しました。歩きながら二胡弾いたのは初体験です。立奏で弾くと二胡と弓が十字にクロスして、十字架っぽく見えるでしょ? 

 入場にこだわったのは、白と黒の衣装でバージンロードを一緒に歩いて入場したら、なんか結婚式?と間違われないため、というのが本音です(笑)

 

 場所がチャペルなので教会にぴったりの選曲&アレンジで

今回の目玉曲が「アメイジング・バッハ・グレイス」!

 

  

 

 

 

このオファーを受けた時から、バッハの無伴奏チェロ組曲のプレリュードを教会でやったらすっごいきれいやろうなあと思い、プレリュードにアメイジンググレイスのメロディを重ねた「アメイジング、バッハグレイス」(注:私の造語です)をアレンジしました。やっぱり狙い通りでとにかく教会の空間いっぱいに広がるチェロが美しかったです。

他にも「喜洋々」「早春賦」などで新春の慶びをみんなで分かち合いました。

「ふるさと」「早春譜」をみんなで歌いましたが、賛美歌に聞こえました。

そしてアンコールで「幸せなら手を叩こう」でみんなで手と足をならして感動のフィナーレ?


ブログ読者さんや、大阪の生徒さんも聞きに来ていただいて、お腹いっぱい「幸福」に満たされました。生徒さんたちから見に来ると聞いてなかっただけにすっごくうれしかったです。

 

 


また、ここで演奏できたらいいなぁ。
ホントに演奏後は幸せオーラに包まれた優しい気持ちになれたコンサートでした。

 

  ここで、この話を終わりにするつもりでしたが、このコンサートの二日後にワタクシに本当に信じられないラッキーが訪れました。

  今年初のレッスンは三田のさとのね練習室で行いました。ここで二胡をレッスン中に

見知らぬ男性が突然入って来ました。

  え??自分?  私時間オーバーしてないし、レッスン場所も間違えてない。

何なに? と戸惑う私に開口一番 な、な、なんと!

 

「二胡習いたいんですけど…」

 

と、心の準備してなかったサプライズ!

この4時間後、この方は家に帰って二胡をとりに出直して、さっそく体験&即入会してくださいました。

 

コンサートに来てくださったみなさんにも、これから ラッキーが訪れますよ。

 

そして、これからもみなさんに幸せな気持ちで帰っていただけるよう演奏&レッスンします。

今年もみなさまにも素敵な出会いとサプライズが訪れますように願い