すぐに予約が取れてがんセンターへ

 

これからまだ造影剤を入れての検査をする前なのだが どうやら確定のようだ。

CTのデーターなどを見ている若い医者の顔を見たら すぐにわかる

悲しいかな こういう時に営業経験が生きてくる

しかも どうやら既に遅い様子 声のトーンでわかる。

 

となれば、色々と準備をしていかなければならないが、今あまり頭が回らない。

 

残された家族の将来 子供の事

親友 知人 同窓生 色々なパートナーの事

 

できるだけ 自分の足と声で伝えに行こうと思う。

 

同時に仕事の事も整理していかなければならない

最後まで誰にも迷惑を掛けれない

 

ホームページも退会すれば、全て消えてしまうということになるので準備が必要である。

 

ご縁のあったこれまでのお客さんにも、ハガキを送れるようにしておかなければならない。

 

誰かに引き続きしてもらいたいが、永遠にできる事でもないし、私の仕事は、簡単に誰でもできる事ではない。

 

私が生きたあかしとしてどうにか残しておきたい。

 

こう書いていても 死ぬ前提だ

 

これから 色々と調べたり情報を整理しないと藁をもつかむ思いで、そこを付け込んでくる人がいるので要注意も必要だ