Canon EOS R 相変わらずのクロップ4k | きまぐれブログ

きまぐれブログ

ここでは、映像系やらいろんな事
を不定期にやったりやらなかったり

Canonから初のフルサイズミラーレスが発表されましたねぇ~

 

仕様的には5Dに近いけど、6Dみたいな

個人的には6Dの位置づけに思えます。

 

価格も小売で24万切る所から対抗馬はα7lllなどでしょう。

 

写真の面でも

フォーカスポイントが5655点

実際使うであろうポジションは143点

とsonyの像面位相差693点より遙かに多いです。

しかし、Canonの方は撮像領域の88%(EFは80%)

に対してSONYは93%をカバーしています。

実際、端っこの方にAF入れるかどうか聞かれると

写真ではあまりありません....動画では結構あったり

 

Sonyキラーの瞳AF

瞳AFと言えばSONYですが、

Canonからも出ました

 

次に自分はこれが売りだと思ってる

低高度合焦がEV-6

めっちゃ暗くてもAFが合うよ的な

実際そこまで暗いとMFを私は使います。

ちなみに

SONYのα7シリーズはEV-3

NikonのZ7はEV-4

 

正直、私が おっ ってなったのはこれくらいでして、

後は、普通....もしくはBAD!

 

肝心の私たち動画マンで必要な動画機能ですが、

一部は良かった物の相変わらずでした.....

 

まず、悪い点から

相変わらずのmpeg

フォーマット

ALL-Iで3.44GB/分(480Mbps)

32GBで8分

128GBで35分

 

IPBで860MB/分(120Mbps)

32GBで35分

128GBで2時間21分

 

いつも通り、膨大ですな(笑)

後で編集掛けるのであればALLI仕様推奨です。

 

解像度が3840x2160

これは仕方ない。有償でDCIも撮れたらうれしいぐらいかな?

 

フレームレートが29.97/24.00/23.98p

みんな大好き30フレーム

HDでは59.94が可能

 

ハイフレームレート撮影

119.9fps 100fpsはHD(720)

これも相変わらず

 

4kクロップ

4k撮影時は1.75(説明員によると)

画素数が5d4と同じで

解像度が3840なのを考えると5d4とクロップは同じ

5d4は1.64

ドットバイドットもいいけど、

いったい何時になったらコンシューマー機で

オーバーサンプリングで全画素読み出しできるんでしょうか....

Sonyはやっとるぞ

 

因みに、発表会場で同じ質問してる方が結構いました。

 

次に良い点

 

5Dと違いc-logが標準で搭載された

初期のlogなので扱いやすいっちゃ扱いやすいです。

 

やっと出たピーキングとフォーカスアシスト

ピーキングがやっと出ました。

それに

C700、C300llで出たフォーカスアシストも搭載されました。

これでフォーカスが一安心出来ます。

でも、動画の場合外部レコーダー使うと意味な.....

 

4kスルーアウト

5D4では出来なかった

4kスルーアウトが出来るようになりました。

しかも10bit出力が出来ます!

 

サンプリング

上記の通り、HDMIにて4:2:2 10bitが出力出来るようになりました。

8bit,10bit、BT709,2020が選択可能

 

これにより、ATOMOSなどを使えば

4k 4:2:2 10bit の収録が可能です。

 

HDR撮影

1080ですがHDR撮影が出来るようになりました。

 

高ISOでの動画撮影

最高感度では102400で撮影可能

使えるかどうかは分かりませんが、

常用感度100~12800は使えそう

 

そんな所ぐらいでしょうか

 

会場ではそんな長期間触れなかったので

 

実際は発売してから触りに行って...

ってかんじですね。

 

お値段も案外買えちゃう値段なので

供給不足は目に見えてますが....

 

次は普通な点みたいな

電源off時のシャッター閉じ

 

埃の侵入がうんちゃらで

電源off時にシャッターが閉じる仕様となりますが、

文字通り電源OFF時にしか閉じないので

 

現場使用での電源つけっぱでレンズ交換すると意味なかったり...