先日、日経ヘルスに掲載されていた

イライラ性敏感肌

いつもと同じスキンケアをしていても
ふと突然お肌が荒れてしまった・・・

そんな経験をされた方も少なくないのではないでしょうか


それ、もしかしたらイライラ性敏感肌かもためいき


イライラ性敏感肌とは・・・

ストレスが要因となって女性ホルモンのバランスが崩れ、肌の保湿・バリア機能が低下し、乾燥やニキビ・くすみといった肌トラブルが起こりやすい状態のこと。



女性ホルモンはエストロゲンプロゲステロンという2つから成り立っています

エストロゲンは美人ホルモンとも言われており、肌のキメや保湿・バリア機能に影響します

ですので、エストロゲンが減少しすぎると、肌荒れの原因になりやすいのです

しかし、エストロゲンが増えすぎても婦人科疾患に繋がるリスクがあるので、バランスが大事になります


ささいなことで、このバランスは崩れてしまうので女性って繊細薔薇



会社で、家庭で、忙しい毎日を過ごしていると知らない間にもストレスって蓄積されてしまうもの


私も治療をしていた時期は、会社と病院との両立に疲れとストレスが溜まっていきましたムカムカ

その頃の肌は何をしても自分の理想とする肌には程遠くて、気をつけていてもニキビが同じところに出来たり、メイクのりが悪い日が続いたりと、鏡を見るのも嫌になったりしました↓↓


美肌にストレスって本当に天敵ばいちゃん




ここからは、イライラ性敏感肌にならないために普段から出来ることをお伝えしますネイル☆

①保湿重視のスキンケアと紫外線対策

美肌の基本は保湿です。乾燥すると肌のバリア機能は低下しトラブルを引き起こしやすい状態になってしまいます。

朝晩の保湿ケアはもちろんのこと、日中もミストなどで保湿を心がけましょうキラキラ

また、くもりや雨の日でも気を抜かず紫外線対策をしましょう溜め息
日焼け止めは年中必須ですビックリマーク2

②大豆製品の摂取

お肌は内側からもしっかりケアしてあげることが大切です。
女性ホルモンの構造と似たイソフラボンや、ポリフェノールを含んだザクロを取り入れるのもオススメですキラキラ
前述の通り、女性ホルモンはバランスが大切ですので、適量をお守りください。

③低刺激化粧品でシンプルなケア

肌が荒れてしまうとついつい色んな美容液やフェイスマスク、クリームを投入したくなります。
だけど、そんな時こそオーソドックスなシンプルケアを!

いつも使っている化粧品が合わないと感じたら低刺激化粧品に変えてみましょう

ちなみに私はd programをよく使っています



④リラックス法をいくつかもっておく

ストレスが溜まった時、疲れている時大事なことは、リラックスすること

半身浴やマッサージなど自分が心地いいな~と思える方法をいくつかもっておくと良いですキラキラ

思い切って休んじゃう!なんてのもたまにはアリだと思います笑


私の一番のリラックス法は、お風呂にゆーっくり入ってスキンケアをたっぷりして、大好きな香りのボディクリームを全身に塗って、たくさん寝るガッツです笑



メイクやファッションを楽しむためにもお肌がキレイかどうかってすごく影響するもの


現代において、ストレスなく生活することはなかなか難しくもありますが、上手に付き合っていけるようにしたいなと思いますニコちゃん


ハートフォローお待ちしていますハート

  

姫りぼん田村あきこって?姫りぼん


姫りぼんLine@でお友達募集中です姫りぼん


AD