秋のテーブルアレンジ

テーマ:

こんにちわ爆笑

週末は台風続きで楽しみにしてたおでかけが変更になったり、

さみしいですねアセアセ

 

さてさて、

明日義父母が我が家に来るということで

先日仕入れたお花でウェルカムフラワー作り赤薔薇ピンク薔薇

 

そのまま持ち帰って頂こうと思い、

持ち帰りやすく自宅に飾り安いもの。。

何にしよう?

 

そのまま置くだけですむテーブルアレンジメントにしましたルンルン

 

 

市場で選んだお花は。。

 

オレンジとベージュのような繊細な色味に一目ぼれした菊と、

秋のあったかさを表現してくれる赤のケイトウ。

ケイトウは夏の終わりから秋にかけて出回るお花なので

まもなく終わりですねキラキラ

 

ケイトウの使い方で、去年ハッびっくりとしたことがありましたので紹介します。

ケイトウは独特な鶏冠鳥のような形がユニークなお花です。

 

どんな風につかったらケイトウがより美しいのか。

 

ブーケにするにしてもアレンジメントにするにしても

他のお花より短めにカットして

ギュッと低く使った方が美しいように感じます。

 

他のアーティストさんもそのような使い方をしてる方が多いですお願い

 

ギュッとつまった感じのアレンジは

暖かさを表現してくれます。

 

寒い季節は、ギュとつまった感じのアレンジが

むいてる訳ですね照れ

 

 

モコモコした感じが暖かさが伝わってきますふんわりリボン

 

写真では表現できませんでしたが菊は繊細なオレンジ色です。

 

赤のグラデのようなアレンジになりました。

赤のグラデ、好きですピンクハート

 

失敗した花材はガラスのキャンドルホルダーの中へ。

ケイトウのビロードのような質感と、透明なガラスと相性がよく

宝石のように見えますキラキラ

 

 

ところで、、今回花材の選択の難しさを改めて感じましたぼけー

 

合うはずだと思って買ったものが思いのほか使いづらかったり、

念のため買っておいたものが意外に大活躍したり

わたしの予想といくつか違う過程を経てできあがりました。

 

今回はプレゼントするものだったのでいいのですが

レッスン用に花材を仕入れようと思うと

予算内で急な花材の追加には対応できない。

 

事前に準備して花材を置いておきたいけど

鮮度があるので直近に市場でしいれたものを使ってほしい。

 

生の難しさですねあせる

 

 

今できることは何だろう?

 

力をつけておよそどんな状況でも及第点のものを仕上げられるよう

経験と学びを重ねていくしかないのですねもぐもぐグッ!!