世界に貢献する安倍外交 | 猫の遠ぼえ『次の世代に残したい日本』

猫の遠ぼえ『次の世代に残したい日本』

やっと明るい未来を語る政治家が総理大臣になりました。しかし、闘いはまだまだこれから。子や孫が希望を持てる国になることを願うおやじのブログです。

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 

中東3国を歴訪中の安倍総理は、中東への自衛隊派遣についてサウジアラビアの国政を担っているムハンマド皇太子から全面的な支持を取りつけた。
これまで築き上げてきた信頼関係が生きたのである。

自衛隊派遣「完全支持」 サウジ皇太子、安倍首相に表明―中東安定へ連携
時事 2020年01月13日08時38分

 【ウラー(サウジアラビア)時事】安倍晋三首相は12日夜(日本時間13日未明)、サウジアラビア北西部ウラーでムハンマド皇太子と会談した。首相は中東地域で日本関係船舶の安全を確保するため海上自衛隊を派遣することを説明し、理解と協力を要請。皇太子は「日本の取り組みを完全に支持する」と表明し、両国が中東の安定や航行の安全に関して連携して当たる方針で一致した。




 会談は通訳のみを交えたものを含め、約1時間にわたった。皇太子は高齢のサルマン国王に代わり国政を取り仕切っている。
 軍事行動の応酬にまで拡大した米国とイランの対立を踏まえ、首相は「イランを含む中東での軍事衝突は地域のみならず世界の平和と安定に大きな影響を及ぼす」と指摘。「事態のさらなるエスカレーションは何としても避ける必要がある。日本は引き続き緊張緩和、情勢の安定化に向け最大限の外交努力を粘り強く行う」と伝えた
 これに対し、皇太子は「首相の見方に完全に同意する。当事国間の対話が必要不可欠で、サウジもさらに取り組みを強める」と応じた。両氏は「中東の安定と緊張緩和に向けて関係国が力を結集すべきだ」との認識でも一致した。サウジはイランとはペルシャ湾の対岸に位置し、米主導の有志連合にも加わる

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011300137&g=pol

サウジアラビア米国と同盟関係にあり、日本は原油輸入の約40%を依存している。
その国の政治を取り仕切っているムハンマド皇太子が「完全に同意する」と世界に向かって表明したのである。

これは大きな外交成果だ。

なにより、上記の写真の両首脳のこぼれるような笑顔が、両国の良好な関係を物語っている
そして、この後、安倍総理はサウジの隣国であるUAE(アラブ首長国連邦)とオマーンを歴訪し理解と協力を求めることになっている。

ここで、これらの国々の位置関係、我が国との関係、自衛隊の活動範囲などを確認しておきたい。


出典:http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2019/12/f30950101.html(バーレーンとサルマンの国名がなかったのでブログ主が追記)

(我が国との関係等)
アラブ首長国連邦米、仏、英と防衛協定を締結しており、日本は輸入原油の25%を依存

オマーン:全方位外交を展開しており、イランとも友好関係。日本は海上自衛隊の補給地として検討・調整中

上記の地図を見れば中東各国の位置関係すらあやしい私でも今回の中東3国訪問の重要さがよく分かる。

そして、問題のイランについても、安倍総理は昨年12月に来日したロウハニ大統領と会談し、中東への自衛隊派遣について説明し理解を得ている

イラン大統領、自衛隊派遣に理解示す 安倍首相、核合意停止に懸念
時事 2019年12月20日22時53分

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122000781&g=pol

さらに、昨年10月には即位の礼で来日したバーレーン王国サルマン皇太子と中東情勢についても緊密に連携することを確認している。そういう関係があるから、バーレーンの米海軍司令部に自衛隊連絡員を派遣することが可能なのだ。

また、カタールともいい関係を築いており、例のフリージャーナリスト安田純平氏の開放時に協力を得たことは記憶に新しい。さらにUAEとオマーンの理解と協力を得れば、ペルシャ湾、ホルムズ海峡、オマーン湾に面する各国の理解と協力を得られることになる。

安倍総理は就任以来何度もこれらの各国と首脳会談を行ってきたし、外務大臣レベルの交流も活発に行ってきた。
中東情勢に詳しい河野氏に外相と防衛相を歴任させてもいる。

このように様々な事態を想定して準備してきたから、開戦の緊張が異常に高まっていた米国とイランの仲立ちができるし、海上自衛隊の派遣などでこの海域の安全確保に貢献出来るのである。

いま、世界の首脳で最も平和に貢献しているのは安倍総理だ。

(以上)

 

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ