猫の遠ぼえ『次の世代に残したい日本』

やっと明るい未来を語る政治家が総理大臣になりました。しかし、闘いはまだまだこれから。子や孫が希望を持てる国になることを願うおやじのブログです。


テーマ:

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 

一時は政権交代の可能性すら感じさせた希望の党だが、いまや支持率は1%にまで落ちている。
小池人気を安倍政権打倒につなげようとしたマスコミが例の排除発言などをきっかけに手のひらを返したことが大きい。

たとえ安倍政権打倒のためでも、憲法改正を含む踏み絵は許容できなかったのだ。
そして、創業者の小池氏が影響力を失いタマキンこと玉木雄一郎氏が代表に納まったことで、完全に民進党勢力が党を牛耳る形になった。

元々選挙のためにくっついたり離れたりする連中だから、支持率がここまで落ちたら再びくっついて元の民進党に戻るのではないか。そう思っていたのだが、タマ・・もとい、玉木代表の最近の発言は立憲民主党の枝野氏あたりとは一味違う。

例えば、10日の外国特派員協会での会見では次のような発言をしている。
尚、以下はDAPPIさんのツイートから拝借した。
リンクからその発言の動画も見られる。


https://twitter.com/take_off_dress/status/951007753195028486



https://twitter.com/take_off_dress/status/951009185440841733



https://twitter.com/take_off_dress/status/951004132336283649

会見の動画はこちら→希望の党の玉木雄一郎代表が外国特派員協会で会見(2018年1月10日)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/ca3153fdc9b1ce791c1269979d25c5b1 ;


これまでの言動から考えてもこれらの発言を素直に受け取るわけにはいかないだろう。ただ、以前から憲法改正そのものには反対していなかったし、防衛に関する考えかたも四国へのPAC-3の配備の必要性を主張するなど立憲民主党などより現実的だ。

北の脅威に備えて憲法改正や防衛力強化を図る観点でみれば、立憲民主党とは一線を画す。
そして、支持率こそ低迷しているが、希望の党は衆議院議員51名(参院は3名)の大所帯である。ほぼ同じ支持率の日本維新の会(衆院11名、参院11名)の倍以上いるのだ。

今後の国会運営や憲法審議などで無視できない勢力なのである。
そして、左派議員がかなり立憲民主に移動したから、残ったメンバーの多くは旧民進党の中では右派と言っていい。

だから、とりあえず希望の党はどこかとくっつかずに頑張ってもらいたい気がするのである。
そんな中、先日のNHK世論調査では、憲法9条に自衛隊を明記する改正案について次のような結果となった。



「変える必要なし」が38%と最多だが、「2項維持」と「2項削除」を合わせると46%となる。つまり、「9条に自衛隊を明記するべき」のほうがずっと多いのだ。さらに国民的関心を高め、議論を積み重ねていけば国民投票で過半数を取ることは可能なのだ。

希望の党が立憲民主党との違いをはっきり打ち出せるのは憲法改正や防衛であり、玉木氏の上記のような発言はそこを意識しているのではないか。北の脅威が高まっている中で、立憲民主と同じような非現実的な防衛論では支持が伸びないと考えたのだろう。

ここにきて公明党が9条改正に難色を示しているが、維新や希望の党も議論に参加して現実的な案がまとまる流れになれば変わるかもしれない。防衛力強化を望む支持者も多いはずだし、長年の与党の座をそう簡単に捨てることはできないだろう。

玉木氏は党首討論を行うことで首相や閣僚の国会出席を削減するという与党案に条件付きながらも賛成している。ここでも反対の構えの立憲民主とは一線を画し、相手からの質問もある双方向の議論を受け入れる姿勢を示しているのである。

彼が経済はもちろん、防衛や外交でも安倍総理とまともな議論ができるのか疑問ではあるが、そこは安倍総理も一方的に論破したりせず、うまく合わせそうな気がする(笑)

モリカケだのみから早く抜け出し、多くの国民が不安に感じている防衛問題を取り上げ、マスコミや野党の顔色を見て整備が遅れがちな政府のお尻を叩く。
そういう前向きの議論を心がけることで存在感を発揮できるのではないか。

モリカケから安保論戦へ。
それが支持率がとことん落ち込んだ希望の党に希望が芽生える道である。

(以上)
 

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

akiraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。