猫の遠ぼえ『次の世代に残したい日本』

やっと明るい未来を語る政治家が総理大臣になりました。しかし、闘いはまだまだこれから。子や孫が希望を持てる国になることを願うおやじのブログです。


テーマ:

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

公開された昭恵夫人と籠池夫人のメールのやり取りを読み、昭恵夫人の過剰とも思える誠実さやさしさを感じた。文面には籠池側のしつこさに辟易としながらも、極力相手の気持ちに寄り添おうとしていることがにじんでいる。

 

証人喚問後もメールやFAXなど様々な物証が出てきて、昭恵夫人が森友学園の認可や国有地の払い下げなどについて便宜を図った事実がないことがはっきりしてきた。ところが、民進党など野党は籠池氏が証人喚問で証言したから昭恵氏も国会に呼び出せと要求している。

 

しかし、この要求は法的根拠がなく、言いがかりのようなものだ。

 

どの法律のどの条文に違反する可能性があるかを明確にしなければ、偽証罪の恐れがある喚問を適用するのは国会の国政調査権の乱用になる。夫人からの寄付があったかどうかや講演料を受け取っていたかどうかは、法律とは何の関係もないのだ。

 

また、夫人付きの政府職員が籠池氏側に送った回答のFAXの文面に「本件は昭恵夫人にもすでに報告」を根拠に夫人の直接関与云々する向きもある。しかし、このFAXはかなり婉曲な表現ではあるが、要は「籠池氏側の要望に沿うことができない」と明確に断っている。

 

菅官房長官も述べているように、「そんたく以前のゼロ回答」であり、一体これのどこに法的な疑念があるというのか。このような内容では週刊誌のネタにはなっても国会で議論するようなことではないのである。

 

しかし、野党もマスコミもそんなことは承知の上で騒いでいる。
自由奔放で素直な言動の昭恵夫人の存在は安倍総理の弱点とも見える。
攻撃ネタ不足に困った敵は卑怯にもそんな彼女を狙ってきたのだ。

 

これは格好のワイドショーネタだから、昨日も今日も朝から晩まで取り上げている。その多くは野党側の視点であり、それを見ているとさすがに嫌な気分になってくる。
とはいえ、いくら印象操作をしても、案外、視聴者は分かっていると思う。

 

今回のマスコミの騒ぎ方は第一次安倍内閣や麻生内閣当時を思い起こさせるものではあるが、ネット時代の視聴者は当時よりもう少し賢くなっている。番組のコメンテーターの大半は相変わらずだが、以前よりはまともなコメントも増えたように思うのだ

 

以前はそこまで言って委員会くらいしかテレビに出られなかったコメンテーターが地上波に登場するようになっているし、タレントや芸人に案外まともな疑問を語らせる番組も増えた。プライムニュースのような硬派のニュース番組も以前はなかった。

 

マスコミと野党のスクラムは侮れないが、あの当時ほどの力はないのである。
だから、いくらマスコミや野党が印象操作をしても、事実は強い。
ウソは長続きしないのだ。

 

今日のフジテレビ系ワイドショー「グッディ」では、司会は冒頭からその気満々だったが、元警察官僚の葉梨議員が物証を示して印象操作をことごとくぶち壊していた。昨日の証人喚問でのスキのない尋問ぶりがここでもいかんなく発揮されていて、見ていて気持ちがよかった。

 

それに、事実関係より印象を重視しがちな世論も、昭恵夫人が籠池氏側に便宜を図ったとはあまり考えないだろう。印象面からみても、刑事訴追の恐れがあることを理由に何件もの証言拒否があった籠池氏の証人喚問と昭恵夫人のどちらが信用できるかは明らかだ。

 

妻のように、夫人がこの件がマスコミに取り上げられるようになってからもメールのやり取りをしていたことに呆れる人は多いかもしれない。しかしそれは、しつこい相手からのメールを完全に無視できない夫人が優しすぎるからだ。

 

そして、安倍総理は国会で「妻のことだからムキになっている」と述べたように、総理はそんな夫人を全力で守ろうとしている。世間はそんな雰囲気を自然に感じ取るものである。
そういったことが、意外に下がらなかった内閣支持率にも表れているのではないか。

 

今回のから騒ぎはまだ続くかもしれないが、すでに出口は見えてきている。
しかし、野党の妨害で60以上もある法案の審議は少しも進んでいないのである。
安倍総理が世論の動向を見たうえで国民の信を問う機会は案外早くやって来るかもしれない。

 

(以上)
 

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ
 

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(7)

akiraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。