きみよ表現者となれ@兵庫県尼崎市 | New 天の邪鬼日記

New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:

{786514A0-F649-46DC-90DC-8522BE3E8F5B}

半年間外国暮らしで人に会わないオレは、残り半年日本で1万人くらいと会いまくる。

帰国第1弾は兵庫県尼崎市のTARAカフェで「フロントマン育成養成講座」のセミナーである。

「フロントマン」とは直訳で「最前線に立つ人」。

ホテルのフロントに立つ人をふくめて、グループの顔であり、リーダーであり、異なるものをつなぐ虹であり、あなたが無数に持っている数々の仮面の代表者であり、

「あなたという芸術作品」の表現者である。

職業にかかわらず、すべての人は朝起きてから眠るまで「表現」しつづける。

朝起きて服をコーディネートし、家族へのおはようや言葉や笑顔を選び、朝食を創作し、学校や職場で仲間と会話し、仕事を創作し、夜は友人やパートナーとカフェや居酒屋へいき自由な表現をする。

これほどあなたは表現に満ちた生活を送っているのに、あなたは「表現」に対して無頓着だ。

自分が「表現者」であることを自覚し、その技術を磨くことによって、あなたはとてつもなく魅力的な存在に変身できる。

今回は限定12名を超えたAKIRA歌のれん分けシンガーを中心に13人の参加者と4人のオブザーバーが集まってくれた。

人にメッセージを伝える時の3つのコツを伝授する。

1 「情報ではなく愛情を伝える」

人の脳(RAS。脳のコントロールタワー、検閲装置)は相手が味方と判断した時は話を聞くが、相手が敵と判断したとたん耳を閉じる。

恋人たちの長電話からビジネス現場のプレゼンまで人は情報より愛情(自分に対する好意)を求めているのだ。

啓発本が教える小賢しいテクニックで心理を操作しようとしてもばれてしまう。「人は愚かだからこそ愛しい」ということをはらわたの底から思えた時、敵がいなくなり、あなたのメッセージは驚くほど伝わる。

2、「What思考」(何を伝える)じゃなく「How思考」(どう伝える)で表現する。

何を伝えるかではなく、どう伝えるかが大事。

「What思考」の人は、正しさや正論を伝えようとするが、そんなもん誰も聞きたくない。

「How思考」の人は、相手のことを思いやり、どうやったら相手に伝わるかを考える。

その姿勢を見てRASは「この人は味方だ」と判断し、耳を開く。

3 相手の共通言語を探す

相手の性格、年齢、状況、相手も気持ちに寄り添って話す。

上から目線じゃなく、へりくだらず、同じ目線に立って伝える。

物質も人間も言葉も思考もすべて振動でできている。

ラジオのチャンネルを合わせるように相手の周波数に合わせ、相手の場所に降りていって話す。

話の頭に、「でも、しかし、だけど、つーか」などの反意語を使わないようにする。

たとえ反対意見を言う時も「なるほど、いいね、そのとおり、わかってるね」からはじまるとRASは耳を開く。

しかし細かいテクニックよりも「人間の全存在を肯定する」ことができればRASがつねに最適な言葉を選んでくれる。

4 弱さをさらけ出す。

武勇伝は聞かないが、失敗やドジは爆笑してくれる。

強さを自慢する人は信用しないが、弱さをさらけだしてくれる人を信用する。

5 スキンシップが好感度を上げる。

ハーバード大学の実験で、握手をかわしたあいさつの方が好感度が大きく上がる結果が出ている。

握手やハグ、肩を叩いたり、背中をさするなどのスキンシップは愛情ホルモンオキシトシンや幸せホルモンのセロトニンが出る。

質疑応答と実技編

ライブでは、すぐ1曲歌って信頼関係を作り、自己紹介、「インラケチ」握手で観客同士のスキンシップをはかり、敗北ジャンケンでアイスブレークして観客の緊張をほぐす。

「Hallo my mom!」や「勇者の石」で観客をステージに上げ、つねに観客参加型のライブをつくる。

フロントマンは夢を与える役割を自覚し、服を選ぶ。

奇抜な格好、おしゃれな衣装など、自分をかっこよく見せるためじゃなく、人を喜ばせ、自由にするために着る。

あなたが自分につけている値段(自己評価)は服と食べ物の値段だ。

人間はマカロニなので肌にまとう服、消化器官を通過する食が大事である。

服の次にまとうのは部屋なので、大好きなものに囲まれてる暮らすようにする。

お金がなければ、自分で服や料理を作ったり工夫するのも最高の芸術だ。

{1FAF4A85-3305-43BF-922D-F5F373A781F2}

AKIRA歌は好きに変えて工夫していい。

のれんわけの考え方として、自分のためだけに、AKIRAが作詞作曲したと思ってほしい。自分のものにしていい。AKIRA歌歌い込むと、人を感動させる歌の構造がわかってくる。


「作詞のコツを教えてください」

できるだけシンプルな言葉を使う。

「だいじょうぶだよ」、「ぼくらは家族だね」、「愛することをやめないで」など。

反意語を使って衝撃を与える。

「負けろ」、「堂々とまちがえろ」、「だめなままでいい」など。

世間の常識と逆のことを、サビにぶつけると目からウロコが落ちる。

その言葉が生きるように、Aメロ(説明。滑走路)をつくる。

サビはシンプルで感情に訴えかける言葉を選びリフレインしてくさびを打ち込む。


「歌う時の表現の工夫を教えてください」

ギターを引いているときは手が使えないので、顔の表情、声質で表現し、伴奏がいるときは手の動きや全身で伝える。

Aメロは、「語る」ように歌う。

サビは大きく抑揚をつけて「歌い上げる」。


「失敗した時の回避の仕方、度胸の染み込ませ方は?」

絶対に「まちがえました」とか照れ笑いなどを見せない。

お金を払ってきた観客に失礼だというプロ意識をもたなければならない。

すげー大まちがいの場合は笑いのネタにする。

「堂々とまちがえました!」(笑)


「アウェイでどう歌うか?」

観客を味方につけるため、「パズル」などサビからはじまる曲で首根っこをつかみ、観客参加型のアイスブレークでラポール(信頼)を築く。

ストリートライブで通用すればステージでも通用する。

「ストリートにはすべてがある。もしないものがあるとすれば、それが偽物だからだ」ヘンリー ミラー。


「純粋な創作への情熱を続ける秘訣とは?」

自分(自意識)で作ると言うより、見えない世界(自分の魂)から降ってくるメッセージの翻訳者だと思っている。

自分(自意識)でつくるとすぐ限界がきてスランプにおちいるが、優れた翻訳者には無限にメッセージが降ってくる。

優れた翻訳者になるにはボキャブラリー(経験)をつねに増やし続ける。

自分の魂と会話する時間をもつ。

京都や千葉でやっている10日間人と話さないヴィパッサナー瞑想に参加したり、自分の魂と語り合う(ひとりになる)時間をなるべくもつ。

オレは10日間じゃなく半年間ヴィパッサナー瞑想。(笑)


「つぎつぎと作品を生む秘訣」

その時にしかできない作品を必ず形にし、すぐ忘れてつぎへいく。

「忘却力」が大事である。

自我をいつも空っぽにしておくこと。


「キャラの変性の歴史は?」

極悪人からスタートしたおかげで、なにをやっても自由。

麻薬で捕まる芸能人は叩かれるが、最初から麻薬の売人やってましたと本に書いてるし。

弱さやだめさや悪さをさらけだしていると楽。

変遷は自分ではわからない。

ボール設定や将来設計を立てず運命に身をゆだね「泳ぐな、浮け」でいくと、自分の想像よりも遠くへいける。


「全アルバムをユーチューブで公開した意図は?」

インディアンは与え尽くしを「ポトラッチ」と呼び、パーティーでみんなにもっているものを与え尽くす。

次のポトラッチでもっといいものがやってくるのでだいじょうぶ。

狩でとった獲物も、みんな平等に分け合う。食べ物が行き渡る。

著作権の時代は終わり、無償で提供する時代だと思う。

昔は宣伝費1千万円とかかかったものが今は誰でも無料で発信できる時代になった。

オレ自身も事務所やレコード会社にも属さず自分でやってきた。

渋谷に日本初のインターネットカフェできた時からパーソナリティをたのまれたし、ネット創世記からホームページで発信し、集客してきた。

これからは自著の朗読や絵本など、全作品を動画で発信していこうと思う。

のれん分けシンガーもFacebookライブ配信とは別に、これだって言う動画を作品集として残すといい。


「タラカフェ」で贅沢なランチですよ〜。

本や映画になった「ありがとう農法」佐々木ファームの野菜をマクロビオティックの重ね煮したスープ、食べログ全国1位の芦屋にあるパン屋「ビオブロート」のサンドイッチと一流の味を体で覚えられる。

{2D3FDEF2-B2C7-4368-A40D-21FEC50C1374}
世界最高峰のサンドイッチが700円。(儲け30円)

午後は参加者の発表時間だ。

自己紹介+前振りトーク+歌を10分でやってもらう。

自己紹介+前振りトークも歌の一部だと考える。

自分の人生とリンクさせ、なぜその歌を選んだのかを語り、歌を最高の状態で聴かせられるよう観客の心理を誘導する。

歌詞とかぶるベタな説明でオッケー。何度でもくり返して説明したらいい。前振りによってさらに歌の歌詞が染み込む。

自己紹介も30秒バージョン、1分バージョン、3分バージョンと書いておく。


1.Happy birthday (大阪 えみぽん)

{7A50EF55-13ED-4B1E-984A-8DA1D53F6EA3}

笑いヨガしてます。子供の頃から「女の子はいつも笑ってればいいんやで」って母に言われ、自営のお店で笑ってました。

笑顔と笑い声をどこでもドアのように運んでます。

ハッピーバースデーを歌います。今この瞬間を出会えて、ありがとう。  

アドバイス:えみぽんの存在そのものが人をハッピーにさせてしまうボーカルだった。


2.勇者の石(石川 のぶりん)

{54DB1F21-36AE-4A36-93BE-EC64EA601759}

総合病院の医師をしてるので、勇者のイシを歌います。(笑)

何科の医者かと言うと、タナ科です。田中なので。

患者さんに、勇者の石をギターで、AKIRAさんの前振りの通りにトークして歌ったら、大粒の涙を流して泣いてるのを見てこれは僕の伝える歌と思って選びました。

アドバイス:ヘタウマでじつにペーソスあふれるボーカルは人の心を開かせる力を持っている。


3.奇跡(愛知 テラ)

{CA324DD0-524D-4C24-A580-148C4732C240}

弱視のヒーラーテラちゃんです。愛知県の半田市からきました。東三河で生まれ、目の見えにくい両親のもとに生まれました。長い間二次元で見えてたのが、最近は三次元で見えるようになり、数字でも視力が上がっているんです。

対人恐怖症だったのが、滋賀合宿からどんどん変わっていって、今私がこうしてあるのも、AKIRAさんに出会えたのも奇跡だと思います。(会場から拍手)

アドバイス:引っ込み思案だったテラがこんなにも堂々と歌えるようになる成長は眼を見張るものだった。


4.shining soul (東京 あけみ)

{03A33178-7635-4F8F-82E8-21ED4449BA2D}

神奈川の藤沢からきました。三年前に乳がんを全摘手術しました。

再建手術や抗がん剤もやり、再発と転移に怯える日々でした。

杉浦貴之さんに出会って、その流れでアドラーフェスタに行ったら、AKIRAさんに出会いハマりました。

パニック障害 やガンも「人生を楽しみなさい」ってことを教えてくれたのだと思います。

のれんわけシンガーのを見た時、これだなって思いました。前回はオブザーバー参加でしたが今日は歌わせてもらいます。

「shining soul」の歌詞で「おまえをまちがわせた同じ力が、おまえを再び連れもどす」というのがあって、自分を大切にしてこなかった懺悔の歌です。

アドバイス:カポの調整で声を出しただけで、みんなが「いい声!」だと驚く。

5人くらい泣いていたし、すごいボーカルがあらわれた。


5.ハイボクノウタ & 空と海のとけあう場所 ( 大阪エナ)

{8E0FE558-BF82-4349-BF30-CB52193D6A30}

エナです。みんなの歌に感動して言葉が出ないくらいです。

子供の時から生きづらくて、中学生の時激しいいじめにあって学校に行くと学校中の人がしゃべってくれない。毎日死にたい気持ちでした。

中学三年生の時、お父さんが経営者保険で億とかけていたので、自殺装って殺されました。

父が亡くなってから友達もできるようになり、父に助けられたのだと思います。

結婚は三回、暴力、女、借金、警察によばれたり、火事になったり、事故ったり、3度目の結婚でやっと幸せに慣れました。息子も27,25になり、子供時代を取り戻すかのように生活しています。

インクルーシブ教育をやっているので、子どもたちにAKIRAさんの歌を聴いてほしい。この二曲を歌います。

アドバイス:むっちゃいいボーカルだわ。すさまじい人生が表現に深みを与え、みんなを感動させるパワーになっている。またすごいやつが現れたな。


6.ミタクオヤシン (サビなしアレンジ)(沖縄 ダッチャー恵子)

{8809E155-7205-4DC4-8ACD-0822E451BF7E}

{E0071940-EA21-4D76-8316-71C7E8BA8DCA}

沖縄で医師をやっているダッチャーです。クラシックをやっていましたが今はコードハープという楽器で弾き語りしてます。 

「ミタクオヤシン」のサビなしバージョンで歌詞も変えて、勝手にアレンジしました。

「ムーンタイム」は 子供産んだ後にじわじわ実感すること、歌詞やサビのメロディーも入れ替えてみました。

アドバイス:ひょえー美声と大胆なアレンジに驚いた。圧倒的な歌唱力に支えられて、AKIRA歌を変幻自在に作り変える力技にまいりました。

AKIRA歌は素材でいいのだ。このくらい自由にぶっ壊してくれるとすがすがしい。


7.幸せのひみつ (栃木 くるみ)アカペラ

{4834221B-3C46-493C-99E3-1F3031A5FF77}

恵子さんの歌で泣いちゃいました。栃木県のくるみです。

20年前から精神病の本を開くとぜんぶ私のことが書いてありました。

去年の6月に魂が死にかけてると思った時、AKIRAさんに出会いました。

アルバムをぜんぶ聴いて毎日泣きつづけていたらどんどん自分が変化していきました。

人生で初めて歌いたいと思った「幸せのひみつ」を道端で出会った人などに歌い、700人近い人々に届けてきました。(観客の驚き)

歌そのものにがグレートスピリットがいて、大きなものに導かれています。

この千人プロジェクトを達成したら、たくやくんやご家族に何か伝えたいです。

人間を信じられなくてどん底にいたのに、今は人間ってすごいなって思ってます。手話をしながら歌います。

アドバイス:オレは嗚咽するほど泣いてしまった。

観客はピュアな魂がもつパワーに圧倒された。くるみはピュアな魂のせいで傷ついてきてマイナスだったものが、表現という武器を手に入れるとそれがすべてプラスに変わった。

自己否定のエネルギーはとてつもないエネルギーを要するので、同じ力が表現に使われるととてつもない感動を生むのだ。

くるみに教えられた。

「人間ってすごいなあ」


8.PUZZLE (宮崎 みーな)

{B0B58B3F-7691-4B01-8F4B-0D8A788CF7F9}

宮崎から来ました。主婦でもあり、保険の仕事してます。

今日もAKIRAさんの話がズンと入ってきました。全国にご縁を繋ぎたいなって思っています。

本当は歌手になりたかったんです。友だちにAKIRAさんのことを聞いて、ブログ読んだらアルバムの作り方が出ていて、音響のフセインさんに電話して、去年のお盆に一週間レコーディングしました。

ミンミンって音が入らないように、窓を締め切って、息の音を消すためにハエたたき二枚をマイクの前においてレコーディングしました。(爆)

12曲入りのアルバムで1曲はカラオケ入りで合計13曲です。

夫がデザイナーしてるのでジャケットをデザインしてもらい、フセインさんがプレスしてくれました。

途中で遠回りしてもじれったいこともあっても、今があるのはそれがあったからこそ、一つも欠けたらダメで、今日会う人は、会うべくして、出会う人なんだなって思います。今日は特別な日になりました。

アドバイス:おおー、とんでもない歌唱力!

独特のユーモアと安心感のある歌声だわ。


9.君よ始祖鳥となれ(愛知 智也)

名古屋から来たトモヤです、夢はヨーロッパで居合斬りを広めること。

むかし娘に「おまえは社畜だな」って言われ、AKIRAさんに出会ったことで会社も辞めて、子どもたちに言葉より行動で示していきたいので、歌います。

この歌が好きでずっと歌って温めてきた歌、みんなの前で歌うのは初めてです。

かっこいいじゃん! ともやは根っからのロックンローラーなんだよ。五人の子どもを育てて、オリエを支えるのに必死だったんだけど、居合斬りもあって、切腹介助の免許も持ってて、アメリカの視察も行って、外国人がどう学んでるかみてくる。

アドバイス:AKIRA歌に出会って仕事辞める人は多いが、とんでもない人生展開だ。


10.Proud(岐阜 彩乃)

岐阜県の彩乃です。普段はものづくりしてますが、音楽歴も長いんです。

子供の頃からピアノとエレクトーンを習って、今年のお正月にギターやるって思って習い始めました。

今日は歌に集中します。

最近私の両親のお友だちが立てつづけに亡くなって、誰もが親がいていつかはなくなるんだと、親のありがたさを感じたのでこの曲にぐっときて選びました。

アドバイス:今まで聞いた彩乃の歌で一番いいかも。声の音域も広いし、その魅力が発揮できて、微妙なニュアンスも表現できるようになったなあ。


11.キャラバン(兵庫 かずよん)作詞ランディさん

兵庫県から来ました きむらかずよです。

手話歌から歌も歌わせてもらってます。

ライブであまり歌われないものの中にもいい曲がたくさんあって田口ランディさん作詞のキャラバンという曲を選びました。

この歌は宇宙に連れて行かれるような気持ちになる大好きな曲です。

かずよんは天性の美声をもっていている。

歌い上げるサビを大きく歌い上げることができてきた。

アドバイス:Aメロに語りかけるところはもうすでに完璧なので、さらに大きく歌えるようになれば鬼に金棒である。


12.祝福の歌(文ちゃん)ピアノ弾き語り

神戸のふみちゃんです。笑いヨガで施設をまわったりしてます。

お腹の中におっさんが住んでまして、頭で色々考える自分は繊細で傷つきやすいのですが、おっさんは大胆で楽天的です。

子供の頃から父が母に暴力、母が私に暴力で、外でも男の子たちに暴力を振るわれ自己肯定感も低かった。

でもこのおっさんは、いいこと悪いことの判断はなく、体験すべてを味わって喜んでいます。最近やっとおっさんと会話できるようになりました。

祝福の歌はまるで私とおっさんの会話みたいなのでこの歌を歌います。

アドバイス:すごいディープな、その人の人生じゃないと歌えない歌を聞かせてもらえた。

A「今までの人生は、表現することでどう変わった?」

文「まだ、その過程にいるけど。体験にいい悪いはなくて、体験して味わうためにあるのかなって思います、

A「そのとおり、人生で起こるすべては現象で、自分が意味づけいているんだよ。じつは不幸が人を救うパスポートだったと気づくと、生き方の根源から変わっていくんじゃないかな」


13.Destiny (静岡 ゆこりん)

静岡のゆうこりんです。

助産師をして職場も色々変わり、離婚して、再婚して、不登校の息子を抱え、私のせいだと自分を責め、病気になりました。

AKIRAライブで号泣して、どんどん動いて、長野合宿や札幌合宿にも行きました。

子供たちが不登校で立ち止まったお陰で自分は今ここにあると思えるようになりました。

毒親との関係も断ち切れたのも、子供たちがこの連鎖を断ち切ろうと行ってくれたおかげです。

この世は地獄で私は一生不幸だと思ってた真っ黒な自分から、AKIRAさんに出会ってから、だんだん考えが変わってきて、自分を好きになり人に寄り添えるようになりました。

執着しなくなり、失敗しても大丈夫ってことが私を力強く支えてくれました。

アドバイス:名唱です ! 自分で檻を作ってたんだね。自然にそれがほどけてもともと持ってたものが爆発してるわ。ゆうこりんの不幸に乾杯!


みんなの感想

テラ:ゆうこりんの高音が良かった。

エナ:うっとり聴いてた。体で聴いてた。私、歌いにきたって言うより、みんなの歌を聴きにきたんだと感じました。

満たされたっていうより、よけいなものがなくなってみんなの歌が体に染み込んできた。

ふみちゃん;AKIRAさんの歌だけど、それぞれの方の人生と言葉として聞けて泣いた。

みーな:みんな良かった。号泣した。くるみさんが魂から歌ってるのが感じた。

思いが歌として出たとき、人に届くと感じた。

さとみ:みんなその人らしさを出して歌っててすごい。ゆうこりんは去年聴いた時より、声量あって別人みたいでした。

くまさん:選んでる曲が自分の人生の中にある。自分も歌いたい。くるみさんの歌が良かった。

まさえ:それぞれの人生、背負ってきたものが心に響いて、もっと、聴いていたい。

悩んだ分だけ入ってくる。もっと悩んでおけばよかったって思った。消化してる皆さん見て、ゆうこりん、神々しかった。

ゆうこりん:歌がその人のものになってる。AKIRAさんの歌だけど、その人の人生聞けた。

だっちゃーさんのアレンジにびっくりした。

えみポン:数時間で人生を色々見れてすごいな。くるみさんの歌が良かった。

それとだっちゃーさんの生声初めて聴いてびっくりした。

ふみちゃんの歌がすごく良かった。

かずよん:みなさんすごい人生経験されて、キラキラの才能もってることに感動しました。みーなさんの「パズル」が楽しくて良かった。

彩乃:みんなその人のオリジナルみたいでした。色々な歌と人生が聞けてよかった。

トモヤ:自分は歌うときに走ってしまうので、みんな余裕あるみたいに見えた。自分の足りないところを勉強した。彩乃ちゃんの間が良かった。

くるみ:生きててよかったと思える濃い時間でした。

あけみさんの「シャイニングソウル」とダッチャーさんの「ムーンタイム」に号泣した。歌わせてもらえて、向こうにいる人と繋がってる感じがした。

あけみ:くるみさんは声を張ってないし、飾りもないのに魂が震えた。

ダッチャーさんの音にしびれました。

ダッチャー:「ムーンタイム」はAKIRAさんの歌だけど、沖縄の戦争で死んでった女の人の歌のように感じる。

のぶりん:のれ分けってわかってなかったが、深いところで、自分に人生を表現者として歌うことはすごいことだったのかと思った。

それぞれが輝き出す姿はすごいとしか言えない。

心に刺さったのは、ふみさんの歌です。

オリエ:みなさんすごくて、時が止まったみたいな瞬間もあった。

参加者の時は自分でいっぱいだったけど、今日はオブザーバーとしてゆっくり聞けてよかった。

あけみさんの「シャイニングソウル」とダーリンの「きみよ始祖鳥になれ」歌良かった。

タラ(会場「たらカフェ」オーナー)

長野合宿に参加した仲間やみんながどんどん輝いていく。みんな繋がっていくと感じた。当時と今がちがって、輝かしいゆうこりん見られうれしい。


AKIRAミニライブ

ジャンケンで負け残った4人からのリクエストライブ。

1. Beautiful (かずよんリクエスト)

2.祝福の歌 (くるみリクエスト)

3.マーマレードスカイ (ゆうこりんリクエスト)

4.エンライトメント (おりえリクエスト)

5.ありがとう(主催者みかんリクエスト)


帰国初日のセミナーは中級編へとレベルアップした内容で、参加者たちの豊かな人生とレベルの高さに驚いたぜ。

みんなとんでもない潜在能力を持っているのに自分で檻に閉じ込めている。

それをセミナーで開けてあげると、怒涛のように才能が溢れ出してくる。

のれん分けを集めて「わくわく座」とかつくって、AKIRA歌やストーリーテリングを発表していくといいんじゃね。

その日のメンバーでステージの構成を決めて、安い料金で観客を呼び、打ち上げで交流する。

タラカフェとか石ちゃんちとか全国に拠点を作って各地を定期巡業するのもいいね。

※アメブロの文字制限を超えてしまったので写真のない参加者よ、許せ!


AKIRAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ