真剣に向き合うということ@香川県高松市 | New 天の邪鬼日記

New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
{FB361C80-7B35-4C82-9118-DD5B6C82DE64}

自分が、自分がと、「自我」にとらわれていると、人と真剣に向き合えない。
自己肯定感が高くなるほど、「自我」が消えていく。
人と真剣に向き合える人は「自我」にとらわれていない(自己肯定感の高い)人である。

{A8D8D752-A2A5-4F83-9F05-BE209A9AA5AB}

今日の主催者は主催者はもと保育士のめぐ、もと整体師のひろしさん夫婦である。
ひろしさんは妻や2人の子供を愛し、出会う人すべてと真剣に向き合ってきた。
クライアントから電話があれば深夜でも早朝でもかけつけていく。
ひろしさんは妻にも息子にも怒ったことがない。
しかし息子が20歳の頃、めぐにいつもよりひどい言葉で毒づいた。
ひろしさんは息子に組みつき、取っくみ合いのケンカになった。
2人とも少林寺拳法の有段者である。
部屋中暴れて、テレビは倒れる、物は潰れる、娘は泣く!
めぐは呆然と立ちつくす。
「俺、出て行くわ!」と息子が階段をかけ降りた。
いきなりひろしさんが追いかける。最後の段でひろしさんが息子に馬乗りになる。
「おまえも、いろんな事があるんやろ! 吐き出したか? 吐き出せたか? もうないか? ええんや、吐き出せ! 家族には吐き出せ! 
おまえもがんばっとる。俺はずっとおまえの味方や!」
ひろしさんは息子をぎゅーっと抱きしめた。
はじめて怒ったひろしさんを見ためぐは鳥肌が立った。
「こ、こいつ誰より真剣に向き合っとる。あたしはすごいやつと結婚してしまった!」

{545EC0AF-C6C3-47C0-8C2B-F3591F712E6D}

2014年4月、ひろしさんは東京の治療者会議の最中に脳内出血で倒れ、8時間におよぶ緊急手術を受ける。
30ccの脳内出血でも死亡につながるのに、160ccという大量出血で、5分遅れていたら助からなかった。
確実に亡くなられていたでしょう」と医者は言う。
2カ月間の意識不明がつづき、「植物状態か、完全マヒで歩ける可能性はゼロでしょう」といわれるが、めぐは「絶対意識はある」と信じ、体をさすり、話しかけつづける。
最初の反応は4日目に息子が帰る時、握手してって言ったら、指が5ミリほど動きにぎりかえしたのだ。
少しづつ反応が増えていったが、脳の感情を抑制する部分が欠損していて、夜中でも人前でも叫びつづけるので、買い物やインベントなど、人前に連れていくことができなかった。
めぐはひろしさんの現実と真剣に向き合おうと思い、夫婦でAKIRAライブを主催する。
「主人に主催者あいさつ挑戦するって聞いたんです。変な目で見られるかもしれないよってって言ったら主人は堂々と答えました。
俺は、恥ずかしい生き方はしてないって!」
2017年11月のライブでは、ひろしさんは車椅子から杖をもち、マイクまでの長い3メートルの距離を自力で歩いた。
「では主人から開会の挨拶をしてもらいます」
あいさつを紙に書き、何度も練習したひろしさんがしぼりだすように言う。
{F44F483E-C82A-44EB-A8E2-CC039B83CE13}

2018年5月のライブで、めぐがひろしさんに聞く。
「ぼくらは家族だね? 私たちと家族でよかった?」
「よかった!よかった!」と泣きながら答えた。
なんとひろしさんは翌日、友人の治療をはじめたのだ。

{143FB854-D8B4-43A5-AEDD-A251214B2073}

12月23日(日) 香川県高松市「La'なら別館~絆~」にてAKIRA LIVE 3
「愛が溢れる感動のクリスマスライブ。十人十色・それでよし」
{887835AB-21DF-49C4-923C-42D26B59DE69}

めぐをサポートするスタッフは最強だ。みんな自分の判断で動くし、ひろしさんのこともさりげなく気づかってくれる。
円陣になって手をつなぎ「ハッピー、ラッキー、イエーーーイ!」と気合いを入れる。
{DE7A4432-1033-4EAF-9881-5508C417955C}

めぐとスタッフのおかげで70人近い人が足を運んでくれた。
{B2BA0869-386C-40A9-B962-BEB47B6A3114}
めぐ作
観客ひとりひとりにかわいいプレゼントがわたされる。(これも真剣に向き合う心づかいだね)
{81273494-ADBB-4B9B-AA53-9F895AC44DAD}

ひろしさんは足首のギプスをはずし、普通の靴で歩く姿をみんなに見せてくれた。
ひろしさんが自らの足で立ち、あいさつする。
「みなさん今日は楽しんでください。よろしくおねがいします」
治療家だったひろしさんは人を助け続ける人生だったのが、つぎに人から助けられる人生を選んだ。
その両方を体験する勇者はなかなかいない。
めぐはたくさんの人に助けられ、夫の現実と真剣に向き合い、助ける人生を選んだ。

オープニングアクトは兵庫のかずよん、岐阜の彩乃、岐阜のみかんという、最強の「かしまし娘」ユニットである。
{20792861-3692-4BD2-B2F1-F0BC39A1BD83}

1.雲のうえはいつも晴れだから
3人がそれぞれ1、2、3番のソロボーカルを担当し、見事なコーラスで歌い上げた。
よく歌番とかである即席ユニットで人の曲を歌うやつ、これがむっちゃ好評だった。
{761D1582-AF73-41D6-A48D-6B55F7AD0DEE}

さあ、今日も曲順を決めず、観客といっしょにライブを作り上げていこう。
2.ウレシパモシリ(手話パフォーマンス かずよん)
メキシコ マヤ族のインラケチ(あなたはもう一人の私です)握手をみんなでかわす。
{AF151296-E64C-4D0A-AD95-DF5E9386FEC5}

今日はめぐファミリーがきてくれたので、めぐと86歳のお母さんをステージに呼ぶ。
AKIRA「なんと今日の朝、めぐの娘に男の子が生まれましたーー!」
{FDD56D14-E5F5-4188-9904-613A13DE9762}

めぐ「今朝、8:30に孫が生まれました!
AKIRAライブの日に生まれた奇跡の子です。
予定日はもっと後だったのに、私がライブいけるように早めに生まれてくれるなんて、空気読める赤ちゃんね」
「おー、人事部長とかになるんじゃない。ところでお母さん、昔は何やってたの?」
母「歌手よ」(笑)
{3C69BFAF-169B-4902-9FB6-CE21BEBC3246}

AKIRA「がっはっは、そういうギャグセンスまでメグに似てるな」
{1805760D-E864-4530-9E72-F25EE8476242}
顔面蒼白
めぐ「母は今もスポーツジムに通ってます。もちろん最年長。走ることが好きな86歳ランナー」
3.Hallo my mom!(メグとお母さんに捧ぐ)
ここで親子三代に登場してもらう。
前振りの話に登場しためぐとひろしさんの息子香西さとるくんだ。
{FB67971D-89B3-4E76-91C0-933346A7857A}

ひろしさんはさとるさんが前に出たのを見て叫ぶ。
「えーむすこや!」
{8D2D5A95-DCBA-4C74-981F-3576C0C9E5FC}

さとる「尊敬する人は誰ですか? と聞かれて、昔から、そして今も変わらず両親、と答えています」(それを聞いて、涙ぐむめぐ)
AKIRA「それはお年玉のためのリップサービスじゃなくて?」
さとる「あ、その前にクリスマスもあるし、孫へのプレゼントお願いしますって意味も兼ねて」
AKIRA 「ちなみに親子三代で、それぞれ何才?」
めぐ「お母さんが86才、わたしは61才、さとるは35歳、孫のひまりは7歳、たくみは4歳です。
向日葵のように明るい子に育ってほしいと、ひまり、
何か一つ秀でたものができればと、たくみにしました」
たくみ4歳「たい焼き〜!」
AKIRA 「たい焼き焼かせたら日本一の匠か!」(笑)
4.千年桜
5.Proud

{AE7D07BA-70E0-4E22-AE46-CD8A6BAA41AC}

ハイボクジャンケンは負け残った敗北者3人にAKIRA カラオケアルバム、みかんミニアルバム、メグからのイノシシタオルと彩乃からの飴が贈られた。
6.ハイボクノウタ

ステージにはオレの描いた向日葵の絵が3枚飾られている。
この絵のオーナーたちにでてもらう。
香川の住田いづみさんはいちばん大きなM40号(1m×65,2cm)の「ソウルメイト」を買ってくれた。
{5F0B25E8-881F-4D30-8952-46260FAF94D9}

{0CE23BBB-DD38-4211-83B5-77DB1ED195C0}

{F2955D9A-AE82-4D05-B47B-65AFA83E1412}

いづみ「ブログを見て色が付いてない段階で、オーダーしました。これだけが、二本のひまわりで、枯れてる、なんとも言えない魅力を感じたんです」
岡山からの原陽子さんはM12号(60,6×41,0cm)の「家族」を買ってくれた。
{CE9572E9-853F-4B8B-88D4-B012B5B18835}

{ED60B08B-2DF5-4EF2-8C1C-D4C2C48BBAFE}

ようこ「4月の個展は、AKIRAさんの絵を見たくて来たのに下書きだけだったから腹がたちました。
下書きの段階で売って、どんな色がついても文句言うなみたいな。
でも下書きも魅力的で、この絵のタネのところが、世界を見ている目のように見えて、買ってしまいました。(笑)
信頼してる作家とはいえ、色をつけたらどうなるのか不安でしたが、できあがったのはすごい作品でした。
作家とその世界観を信頼するドキドキ感が、すばらしい個展でした」
香川の西塚ゆきさんはF3号(273×220cm)の「これはあなたの人生」を買ってくれた。
{518BB5D5-9A59-4FE6-B26C-3A332CFD9BC1}

{B3629C52-E450-41DF-9D28-E0A20340142C}

ゆき「AKIRA ライブ参加して面白い人だと思って、ブログを見てたら、下絵をみて、絵は無縁だったけど、手元にあったら素敵だなってポチッとしてしまいました。
家族に内緒で買ったんですけど、届いたら素敵で額まで買っちゃいました。
額縁屋さんに絵を持って行ったら、既成の額じゃこの絵に負けちゃうねって言って、わざわざこの絵のための額を作ってくれました」
{56ED0648-D6E2-4376-B3B6-A798DB7186F4}

7.向日葵

8.コトバノナイフ

めぐのリクエストで親友を亡くしたさゆみさんをステージに呼ぶ。
{B5CE5349-6964-4C6F-80DC-399491AD4520}

「親友の熊野さんが9月21日にがんで亡くなった。
彼女はいつも人を喜ばせるために働くすばらしい人でした。
スポーツ大会やイベントでお弁当やおはぎ作り、3年前からいっしょにお手伝いさせてもらった親友です」
9.スイウヌカラアンロ(さゆみさんの親友 熊野さんへ捧ぐ)
アイヌ語の「スイウヌカラアンロ」はまた会いましょうという意味で、先住民は魂が永遠だと知っているから、また会いましょうと言って死者を見送る。
{E1FFEB99-15F8-44C0-BAD3-5E2C2C67F9C0}

10.ガーディアンズ
11.名もなき命
{84663DAE-BF21-4B56-8D0E-32003D2C4803}

12.Destiny(運命)

{C8A72CEF-EA72-4895-8E99-3A683C8C64FC}

めぐが1/13日主催する香川県初医療機関でのかっこちゃんの講演会、上映会のお知らせをする。
「かっこちゃんが白雪姫プロジェクトをやってくれたから、今の主人があるんです。希望なんか持てないと言われた病院でやります。これは討ち入りです!」(笑)

12月25日の主催者、岡山の原陽子さんが告知する。
{D8A2A3D9-5B9F-4F14-9E34-4EFE0BF7E523}

「倉敷からきました。7月6日の夜からの豪雨で尾田川が決壊し、私もボランティアにはいり、夜の部炊き出しなどしてきました。
ボランティアのみなさんともみんなで家族のようになりました。
クリスマスは、みんなで仲良く過ごす時期です。
倉敷駅前すぐのキリスト教会です。乳児院もあったところで、国の有形文化財です。ぜひお越し下さい」
{B7E34A88-A63B-4987-9A6D-A49CBA7AA44C}

13.幸せのひみつ
14.これはあなたの人生
15.Merry Xmas  Children
16.Hug yourself
{BDF2CC50-047E-42D8-B999-51DA0A4B67F0}

いっしょに歌ってくれるひろしさんに感動した。しかも音程まで合ってるし(笑)。
{2B891BC8-660E-4727-AD35-DB887308DDC7}
「君の人生は最高だった〜」イェーイ!
17.PUZZLE
{8A7BB8D8-D2F6-480F-9890-0B77C60EAF03}
ウォー!
{D0E93587-ACED-4B9F-866A-1864E8ACB4CD}

18.家族
{C981C5D1-E73F-436B-BACE-E4B5DA1FED4E}

70人でメディスンサークル(聖なる輪)をつくろう。
{1C840DC2-4238-4076-8077-F47C0ABAAD21}

{709B7C83-E9C3-4FBA-8F0D-C4F951F08885}

19.えん
20.ありがとう

{C7630AEE-DA1C-41D1-8AA9-7E68433325BA}
グッド!
最後に主催のめぐが感謝の言葉を述べる。
「皆さん、本当に今日はありがとうございます。
ピン札がくしゃくしゃになった一万円札でも価値はいっしょです。
たとえピンとしていた人間がくしゃくしゃになっても命はいっしょです。
だからそれぞれちがった人でも、おたがいを敬い助け合う明るい未来を作っていきましょう」

{34D67D65-83DB-44E2-A21D-E2568DFBC43A}

めぐたちはお手伝いしてくれるスタッフを「ハッピーさん」と呼んでいる。
最強のはっぴーさん:めぐちゃん、直ちゃん、ナオコマル、Snow、あおいちゃん。おだっち。さとみちゃん、たまちゃん、ぶっしー、のりちゃん、キムキム。
ありがとうーーー!
{E0908C85-4C5C-4B3E-841D-885941004B2A}
向き合うことはハートを抱きしめること

今日のブログも長いね〜。でもオレが13年間ライブレポートを一つももらさず書きつづけるのは、主催者や観客と真剣に向き合うためだ。
こんな地味で真面目なミュージシャン世界中探してもオレだけだろう。
人と真剣に向き合うということは、自分と世界に対して真剣に向き合うことなのだ。
{F3A7B63D-C038-46B5-B517-A2F2B7EC848E}
今回も大切なことを学ばせてもらうすばらしいライブだった。

★アルバム販売ページ:http://akiramania.thebase.in/ 

アルバム、名言写真集Will の 海外発送も承ります。(一部地域を除く)

→ AKIRA ALBUMの注文方法がかわります。海外発送もはじめます。

 

AKIRAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス