あなたはとんでもない人生を生きている@滋賀県高島市 | New 天の邪鬼日記

New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
{049EB0A4-F9B7-41FA-A89C-3467E43E841F}

「私の人生なんて平凡です」なんて思ってるのはあなただけ!
毎回オレは他人の人生を聞くたび、腰を抜かすほど驚いてしまうのだ。
あまりの感動に泣いてしまうこともある。
まずは他人にあなたの人生を自己開示してみようよ。
そこから「あなたがあなたを大好きになる旅」がはじまる。
{043ED6B3-8298-4744-95FD-F28E97DE9CCF}
Photo by Shinji Morishita
「AKIRAさん、前代未聞の合宿になりますよ」主催者みかんが言う。
毎回合宿では参加者たちが強い絆で結ばれ、一人一人に大きな変容が起こる。
まるで化学反応のような反応は参加者の個性や想いによって変化する。
「えっ、コンちゃん、オリエ、なっち、カオリン、ケイコ、にゃこ姉、半分の6
人が主催経験者って、なんだよこのメンバー!」
「他の参加者さんもそれぞれに病気を患ったことがあったり、精神を患ったり、喪失体験をくぐってきた勇者ぞろいのすばらしい方々なんです」
こんなすごいメンバーじゃ化学反応どころか、爆発でも起きそうだ。
{792BEB92-2FBA-46F2-B810-33C045D44A2A}

2018年5月12日(土)秘伝伝授合宿1日目
全国から勇者たちが朝の10:00に琵琶湖湖畔にあるセミナーハウスに集合する。
受付で名札に名前を書き胸に貼る。
AKIRA合宿は自己表現のワークを通して、自己肯定感を高め、本当の自分と出会ってもらうのが目的だ。
まずは「ネアリカ」のワークショップからはじまる。
{799E4CD4-D76C-4696-9670-E15AABE8513F}

ネアリカはメキシコの先住民ウィチョル族の毛糸絵画である。
額のついたコルクボードに、木工ボンドで色とりどりの毛糸を貼っていく。
もちろん全盲のちゃん、弱視のテラちゃんも熱心に作品をつくる。
やっぱスゲーメンバーだけあって、スゲー作品ができあがった。
{C589A99F-2D34-47D0-B548-1DBCEAF119F1}

12:30-13:20 の食事のとき、アイヌのカムイノミと食事のあいさつを伝授する。
先住民は食べ物を分かち合うのが基本だ。
食事の前に3つの者に感謝しよう。

1、神の恵み(海の幸、山の幸)
2、人の恵み(農家、運送業、調理人)
3、仲間の恵み(いっしょに食べてくれる家族や仲間)
「フンナー」(アイヌ語で「いただきます」)
{FC629BB8-50B0-43B5-9FA7-5AEA1A56C4A1}

14:00に手話通訳の青山 好一先生がきてくれる。青山さんの通訳は情熱的で感情まで伝わってくる。
ネアリカのつぎは「塞翁が馬ライブ」である。
今までの人生で災い転じて福となしたエピソードを12人に語ってもらい、それに合ったAKIRA歌を本人かオレが添えるというものだ。
みかんの言ったとおり、すさまじいわ。こいつらの人生は!

{FC0E6F70-22D2-4303-965C-76CFF77F51AE}
1、コンちゃん
「こんにちは、全盲の旅人コンちゃんで〜す。
皆さんは目に見えない存在である守護霊やガイド、ご先祖様やガーディアンズなどの存在を信じられますか?
目が見えてる頃の僕にはまったく信じられませんでした。
見に見えないものは存在しないということが、当たり前の世界に生きていました。
網膜色素編成症のため、20歳頃全盲になりました。
全盲になってから、目に見えないものの存在を確信した2つの事があります。
一つ目は2002年の夏頃、なれた駅のホームから線路へ落ちたとき、偶然ホームにいた叔母さんが駅員さんを呼んでくれたので、ほとんど怪我をしませんでした。
二つ目は2005年、車にひかれたとき、革靴にタイヤの跡がくっきり残っていましたが後遺症もありませんでした。
その様な事から見えない者に守られてる経験をしたのでスキーやお遍路、海外進出もチャレンジできるようになったのです。
この身体で、この環境での人生は一度きりなので、一片の悔いなしと言えるくらい、人生を謳歌しようと想ってます」
「ガーディアンズ」(ボーカル:コンちゃん)
なんで半年で80本中75本もAKIRAライブにくるコンちゃんが4万円以上もする合宿にくるんだ! 必要ねえだろ?
「AKIRAさんと飲みたかったから」(笑)
毎日のように会ってるけどイーグルアイズで歴史を俯瞰するとき、コンちゃんこそ200万年間の人類史のなかで最高のチャレンジャーはいない!

{CBF06213-BDB4-4943-9A3E-D2AC0D4E58FE}
2、アリス
「私が12歳の時、父を交通事故で亡くしました。
多感な3歳上の姉が家庭内暴力をふるうようになり、私と母は息がつまるような生活が続きました。
30歳のころから音楽や映画やアートの世界にふれ、私は変というセルフイメージがくつがえされ、世界にはさまざまな人々や文化があり、等身大の自分を受け入れられるようになりました。
ただ自分で表現できないと、躁と鬱を繰り返すようになります。
ある日、AKIRA歌ミュージカル「ウレシパモシリ」に出逢いました。
舞台はもう一人の自分に出逢う、自分という宇宙に気づく素晴らしいもので、演じる側と観る側が一体となれる不思議な空間体験です。
その後のAKIRAミニライブ「勇者の石」で私が生まれてきた意味(ミッション)を思い出し、今の私に何が出来るんだと途方に暮れてしまいましたが、すっかりAKIRAマニアになります。
7年前に姉を病気で亡くし、母もその3年後に老衰で亡くなり、自己実現、家族、時々心に浮かぶキーワードを探す心の旅を続けています。
魂と心と肉体をつなぎ、今生きているわたしを素直に表現したいと思います」
「Born to love」(ボーカル:アリス)
歌手とか画家とか小説家とかじゃない、
「誰もが自分の人生を創造するアーティストだ」とオレは思う。
アリスはそれを見つけた。
「生きざま」こそが自分を表現するキャンバスだと。
今後アリスは「生きざま」を言葉や笑顔やさりげない思いやりでたくさんのひとに伝えていくだろう。

{80D6E964-4AD6-4E83-886D-9544118202D4}
3、慶子
4年前の47歳でがんを患い、半年間入退院を繰り返し抗がん剤治療を受けました。
がんのおかげでAKIRAさんとつながる仲間に出会えました。
治療中にAKIRAさんを知り、YouTubeで勇者の石、祈りの歌を聴きつづけました。
私には9歳で亡くなった同い年の従兄弟がいます。盲人野球を観て看護師になりたいと思いました。理由は、生死の回復過程に関わりたいと思ったからです。
病院で働く経験もしましたが、結婚して子育て中は家庭優先で働き、重度心身障害者の通所施設でパート勤務し、16年前から救護施設で働いています。
施設には、生活保護を受け、家族と疎遠で身寄りがない人、病や障害があってひとりでは暮らせない人たちが暮らしています。
苦しむ利用者さんを前に、共に痛みました。自分の不甲斐なさや、喪失感を埋めるために一緒懸命働きました。
そんな私の安らぎは認知症を患う父と過ごす時間でした。父はいつも、家族の中心で在宅介護の8年は家族が寄り添う時間でした。
そんな父が、もうわしのことはええから自分を大事にしろと言わんばかりに、急変し看取りました。81歳でした。
父の四十九日の翌日。私は手術を受けました。父を看取った時も、私が治療を受けている時も、私が関わり最期まで寄り添った利用者さんたちが、次々に頭に浮かび笑顔で見守ってくれました。
自分のがんをさほど窮地と思わなかったのはたくさんの困難の中にある人たちと出会い、その方たちと向き合うことで自分で自分を看護することを学んだからです。
生きることにつまづいた先は真っ暗ではなく、再生できるということをAKIRAさんに繋がるたくさんの仲間から学び、ありのままの姿で無邪気に命を喜ぶことができるようになりました。自分を満たして喜ぶことが生きる源だと気づかせてくれたガンちゃんありがとう!
「Life is perfect」
AKIRAライブを2回主催した慶子は、自分が我慢して他人を喜ばせる「自己犠牲の罠」から完全に抜けた。
「まず我がままに自分を楽しませることが、本当に他人を楽しませること」
に気づいてしまったのだ。
本気で人を抱きしめるけいこを見ていると、「美しい獣」だ。

{0C73290D-A434-4E2F-9E5A-4AE424881FE5}

4、かおりん
「私は聴者家族の中でひとりだけ聴覚障害をもち音のない世界に生まれてきました。
まだ幼い私が姉の入院先から聾学校幼稚部に通っていたこと、病院へ帰っても入院の子たちは病気を抱えていて遊べなかったこと、親戚の家に預けられたこともあり、当時は甘えたくても甘えられなかった時期もあり、いつの間にか我慢することが上手になり、甘えや人に頼ることが苦手になってしまいました。
結婚して妊娠し、2回も死産を体験します。
私はお腹の中では育てられない身体なんだと悲観していた頃、父が急死します。
3回目もつわりがひどく24時間点滴を受けたにもかかわらず血を吐いてしまい、すでに私は身体的にも精神的にもボロボロでした。
藁にもすがる思いで霊能のあるおばあさんのところへいくと『この子は魂の高いステージから遣わされた子だから大事に育てなさい』と言われました。
突然父が夢に出てきて、2人の子を授かりました。
耳の聞こえない私にとって育児はまさに戦争でした。
夜中泣き出しても聞こえないので睡魔と戦いながら育ててきました。
息子がハイハイの頃、育児の疲れで布団をかぶって寝てしまったら、子供が私を探すために階段から転落してしまい、たまたま母が泊まりにきていて命拾いできたのです。
私は障がいを特別な苦労とは思わず、一生懸命生きてきました。
私の生き方は愛する者を守り続けろという『勇者の石』そのものでした。
度重なる困難とぶつかりながらも、それは必ず意味のあるものに変えることができる、いや、変えられるようになっている。こういう不思議な巡り合わせに感謝したいと思います」
「勇者の石」(アコーディオン:かおりん)
北陸福井県でAKIRAライブを主催し、数々の記者会見に呼ばれ、数百人を集める人間力はカリスマ級だ。
卓球部のキャプテンをつとめ、器楽合奏部でもアコーディオン奏者として活躍したかおりんは、ろう者の歴史を塗り替えていく。

{3AE8E480-912A-481C-95EB-90435C158EDF}
5、なっち
「耳の聞こえない私は幼いころ性的暴力を受け、男性から腕に触れるだけで鳥肌が立ち、呼吸困難になる程の男性恐怖症になりました。
中学生、高校生時代は友達が出来ず、休み時間の時はいつもひとりぼっちでした。
20代の初めの時にお付き合いしていた人が妻子ある人で、初めて宿った赤ちゃんをおろしました。
その時にお腹の赤ちゃんと約束しました。
『次にお腹にやってきた時、私一人でも産んで育てられる私になるね』と。
健聴者の世界でもろう者の世界でも、私の居場所がありませんでした。
仕事も耳が聞こえない理由で希望の仕事ができず、未来に夢をもてなくなり、私が生きている意味って何だろう、死んでしまったら楽になれるだろうなと考えていました。
ある日、パワーストーンとの出逢いに導かれ、セドナへ旅し、そのご縁でクリスタルボウルと出逢いました。
クリスタルボウルが私の魂の才能だということを知り、クリスタルボウルで生きていくことを決め、ご縁に導かれ、AKIRA歌に出逢いました。
私のこれまで歩いてきた道は、心の痛みと魂の輝かせ方と愛を知るためだということに気づき、耳が聞こえない私の人生すべてを抱きしめれるようになれました」
「祝福の歌」(アカペラボーカル:なっち)
これは世界で誰もできない驚愕のパフォーマンスだった!
なっちは血のにじむような努力で発語を身につけた。
「神様あんたはとんでもない嘘つきだな」
健聴者にとってはつたないけれど力強い一語一語が胸をえぐる。
オレはなっちの表現者としての才能に驚き、必死に絞り出す言葉に涙を止めることができなかった。
これはアート史上誰もやったことのない新しいジャンルを切り開く前人未到のポエトリーリーディング(朗読詩)だった。

{CDC4EF41-3E3F-435F-AACF-B6F748532276}
6、にゃこ姉
「最初にお断りしておきます。私は小学校6年の時に心房中隔欠損症で心臓の穴をふさぐ手術を受けました。今日も、心臓が機械弁で動き、カチカチ音が聞こえてます。その音が聞こえるたびに、私は生かされていることを誰よりも痛感しています。
さらに今から20年前に脳梗塞で倒れ、左半身麻痺、言語障害の障害をもっているため、うまくしゃべれません。
口の筋肉の麻痺のため、ろれつが回らないだけでなく、脳に血栓がつまっているために口に出すまでに時間がかかるので、聞き取りにくいところやつまるところがあることをご了承ください。
一見障がい者だと思われないし、思われないようにふるまってきましたが、今回は無様な自分をさらすつもりできました。
私は、暴君な父親とひたすら耐える母親のもとに生まれ、小さい頃から父の怒鳴り声におびえながら育ち、母の泣き言の受け皿になって優等生の自分を演じてきました。
 結婚して子供を生んで幸せな時を過ごせると思いきや、思い出すのもおぞましいほどの虐待を子供にしつづけました。言葉による虐待は幼稚園の頃より7年~8年続き、子供の心をボロボロにして心身症に追いやりました。
 子供が中学になってから形勢は逆転にし、ふたりの息子は夜遊び、不登校、窃盗、恐喝などで警察のお世話になることが続きました。
 優等生に育った私には何もかも衝撃すぎて絶えられず、自殺未遂もしました。
 私の救いは当時飼っていた4匹の猫でした。私は子供2人と主人を家に置いて、猫たちを連れて知人もいない沖縄の宮古島に飛び出しました。
 観光客が猫とホームスティ感覚で泊まれるゲストハウス『深呼吸ハウス ニャンくるないさぁ~』をオープンしていました。
宿泊客と話すうち、みんなの悩みや心の痛みの相談にのってあげられる自分に気づきました。
みんな元気になって帰っていき、大人気のゲストハウスになったのです。
自分のやってきた行為は許されない事だけど、それがなければ今の私にはなっていないのです。
ひいては虐待のきっかけをつくってくれた最悪な父親と母親のおかげだと思うと、私の最悪な家庭環境すべてが私にとっては必要なできごとだったのだと感謝に変わりました。
もっともっと詳しい人生大逆転の法則を知りたい人は、私のセルフストーリーオペラを見に来てください。AKIRAさんに書いていただいた最高傑作の脚本です。
「Being you」(ボーカル:にゃこ姉)
「被害者」は語るけど、「加害者」は語ることを禁じられている。
その沈黙を破ってにゃこ姉が自分の加害者人生を自己開示するにはどれほどの勇気がいることか。
その重みがにゃこ姉の言葉に宿っている。
罪悪感を抱えたあなた。
10月21日(日)埼玉にておこなわれるにゃこ姉のセルフストーリーオペラにくれば、罪悪感を力に変える未来が見つかるよ。
予約問い合わせはFacebookで「猫戸縁」で検索。

{9ECCDBAA-E097-40C8-81A4-97A8CF004B60}
7、マキ
「私の母は53歳の時に脳出血で倒れ、半身麻痺と失語症になりました。
長女である私は、足の不自由な父と共に引き取り、2歳と0歳六ヶ月の娘の子育てをしながら介護をしてきました。
母は元来明るい人で、倒れた当初は動かない手や足を眺めてはため息ばかりついていましたが、必死でリハビリに励んでいました。しかし思うような回復はみられず要介護5の寝たきりになりました。
でも小さい頃から7人弟妹の長女として働き続けてきた母にとって、体を休め、孫たちともいっしょに暮らすことができた晩年は幸せだったのかも知れません。
母が74歳で亡くなって気づきました。
「人は何もできなくてもそこにいるだけでいいんだよ」ということを母は教えてくれていたんです。
私は今、笑いヨガ(ラフターヨガ)のインストラクターで何度もインドの本部に通い、日本中で先生を養成し、笑いヨガの英語本を翻訳しました。
これからは歌に挑戦していきたくて、AKIRAさんから表現を学びにきました。
お母さんも歌が大好きで、きっと導いてくれているんだと思います」
「千年桜」(ボーカル:マキ)
なんとマキは今日聞いたばっかりの「千年桜」に挑戦した。
そうとうセルフエスティーム(自己肯定感)が高い人じゃないと、こういう無謀なチャレンジはできない。
短い休み時間にユーチューブでくりかえし聴きおぼえ、みごとに歌い上げたのだ。
美しく伸びやかなボーカルもさることながら、マキの生きてきた人生の味が深みを添える。
マキはみんなを笑顔にする笑ヨガに加え、深い感動を与えるすばらしいボーカリストに育っていくだろう。

{03F3CDB9-7696-4151-84FB-F6CEF7ED4648}
8、テラ 
「私は、弱視の父と母の長女として生まれました。
3人兄弟の私と妹は弱視で、末っ子の弟は眼が見えるのでうらやましいくらい可愛がられました。
私は小2から小学校卒業まで寄宿舎にいれられ、父から暴力を受けていました。
20歳ごろには生きてる意味もわからなくなり、電車に飛び込もうと計画しました。
そのときに止めてくれたのが当時つきあっていた彼でした。
彼とは盲学校のあんまマッサージ・鍼・灸の免許を取るための専攻科で出逢いました。
彼は若年性糖尿病で視力を失い、学校卒業まえに透析を受けはじめます。
幸せにしてやれないから別れようといわれましたが、私は幸せかどうかは私が決めることって答えます。
2年間おつきあいし、私が23歳、夫が40歳の時に結婚します。
夫はいつも私の味方でいてくれました。
4年と数ヵ月の最高に幸せな時間でした。
夫は46歳のとき吐血し、窒息死します。
あのとき気づいていればという罪悪感をかかえて生きてきましたが、AKIRAさんの絆という歌を聴いたとき、悲しんでいるうちはその人の死を許してないんだって気がつきました。
思い込みや観念から解放され、自分がやりたいことが自分から楽しめるようになってきました。
罪悪感から感謝に変わり、いつも夫の存在を感じています。
父さんが旅立った時、分かち合うこと、助け合うこと、愛し合うことを家族に伝えていってくれました」
「絆」
神様は奪うだけ奪うということはしない。
さらに大いなるギフトをあなたに与えるために奪うのだ。
テラは視力を奪われ、見えないものを感じる力を授かり、愛する夫や父を奪われ、人々を癒す力を授かった。
テラの骨盤矯正マッサージは微細な手の当て方で人を回復させてしまう。
ずっと人前に出るのを怖がっていたが、この合宿でひょうきんな天然キャラで人を笑わせる新しい才能も開花しつつある。

{FA137E43-2671-47CB-8E72-219A95781834}
9、アヤ
「私は住宅設計とインテリアコーディネーターをフリーランスでしていました。
仕事量が自分のキャパを超え、寝る時間はほとんどなく、数日お風呂に入る時間もとれません。
自分の身体もボロボロになり、幼稚園の子供も不安定になっていきます。
私は何の為に仕事をしているのかと仕事を辞めます。
2012年に突然41度以上の高熱が続き、血圧は上が74でショック寸前、体は赤紫色に変色し、自分の熱で皮膚が焼けて壊死、体の皮は剥け、幻覚が見え、抗生剤の投与で一時的に回復したものの一か月後、同じ症状で再び入院します。
医師から、たまたま生きていたと言われ、色んな検査をしましたが原因はわかりません。
退院後も食事が食べられなくなり、次に発熱したら薬が効く保証はなく、死の恐怖に捉われるようになりました。
私の体と同じように家庭が崩れ、精神的にも追い込まれます。
2014年小学校5年生の息子を連れてインドへいき、ヨガのリトリートとパンチャカルマ(アーユルヴェーダの治療)を受けます。
食事が食べられるようになり体調も回復してきましたが、2016年に声が出なくなります。
誰かから「まだ、気がつかないのか?」と、頭をカツンと叩かれたような感じがし、ヨガスタジオや住宅展示場などの仕事をすべてやめます。
2017年に慢性疲労症候群と診断され、この病気はまだ研究段階で治療法はなく、日本でも診察できる医師も地方にはいません。
病気とは闘わない、治る!って自分で決心したら、少しずつ回復していきました。
どんなにつらいことも必ず自分のためになると信じ、とても大きな宝物を受け取りました。
全ては自分の中にあること。
どこを探しても「必要な人」しかいない事。
否定(批判)できるものは何もない事。
自分の内側も外側も幸せや優しさに溢れ、揺るぎない安定感を持っていて、失うものは何もない事。
全てが自分次第で自己責任だと受け入れた時、自分が自由になる事。
そして、自然に終わる命はみんな必ず死にますが、それはとても美しいこと。
今は中学3年生の息子と主人の3人暮らしで、仕事はヨガのインストラクターと、マクラメ編みアクセサリーの制作をしています。これからは曼荼羅を描いたり、エネルギーワークも体調が回復したら復活する予定です」
「Hug yourself」
すげーオレの伝えたいメッセージが凝縮されておる。
大きな病をくぐったアヤは、メッセンジャーのパスポートを受け取った。
曼荼羅作品も美しかったし、ネアリカも生命力に輝いていた。
自分を犠牲にしていたアヤは病で死に、生きる歓びを伝えてゆくすばらしいメッセンジャーとして生まれ変わったのだ。

{BA8C8111-139A-471F-9F2A-175EB1EF3C2B}
10、ショウコ
「私は腹膜偽粘液腫(ふくまくぎねんえきしゅ)という100万人に1人の難病を抱えています。
去年15時間の手術で胆嚢、脾臓、肝臓皮膜、大腸半分、直腸半分、小腸の一部、卵巣 子宮とお腹の中のすべての腹膜も取りました。
一週間寝返りもできずに横になったまま、痛みに耐えていました。
しかし既に再発し、有効な治療法はなく今は延命の為の抗ガン剤治療を受けています。
私は一人っ子で、父は私が20歳の時に他界し、明るかった母はその後鬱病になり寝たり起きたりを10年以上繰り返して亡くなりました。
私は離婚し、人を信じられなくなりました。
その後も気を遣いすぎてしまう自分に疲弊し、何の為に生きているのか、早く死にたい、お母さん迎えに来てと思いながら何年も生きていました。
そんな中で病気になり余命宣告を受けた時、このままじゃ死ねない。今、死んだら私の人生なんだったんだろうって思うからと気づきました。
生きたいという想いが色々な出会いや出来事に繋がり、けいこさんやみかんさんにであって、お二人の元気の源の AKIRAさんって、どんな人だろうって思い合宿に参加しました。
私は生かされている、今まだこの世にいられる感謝に心が満ちていくのを感じています。
離婚や病気にならなければ、今ここにいません。
病気をせず長く生きても私は毎日死にたくて苦しいだけだったでしょう。 
でも苦しんだ事にもきっと意味があり、だからこそ今ここに辿り着けた巡り合わせに感謝しています。
「PUZZLE」
オレはさまざまな経験からその人が衰弱のベクトルにむかっているか、回復のベクトルにむかっているかを感じる。
ショウコは抗がん剤治療を現在もつづけているにもかかわらずバイタルエナジー(生命力)がしっかり息づいている。
ショウコもパスポートをもらった。その困難が大きければ大きいほどたくさんの人を助けていけるメッセンジャーとなれる。
歌をはじめるそうなので、リハビリにAKIRA歌をビシバシ歌ってくれ。
合宿中にどんどん元気になっていくショウコに目を見張った。
またすごい逸材があらわれたぜ。

{C84E1A88-63D8-4E10-9302-449D39B1265F}

11、おりえ
「私は母親から虐待を受けて育ちました。
まだ物心のない時に頭の上から湯をかけられたやけどの痕がいまだに私の首に残っています。
理由がわかったのは母の死後で私を何度も亡き者にしようとした痕跡でした。
どこへいってもいじめのターゲットになるし、大人になっても人とのコミュニケーションはできないし、誰も信じられず生きてきました。
知識を学べばいじめられないのかと、何百万貢いでセミナージプシーを続けてきました。
自分の子どもたちにも母と同じ虐待をしてしまっている自分に気づきます。
た。
仕事は、人間関係が構築できず120以上かわりつづけました。仕事ができない、お金が稼げない、世の中の役に立たない、嫌われ者だと、何をやってもダメ人間だと、どうしようもないくらいに 自分が嫌いになり、自責の念で死のうと思いました。
やっと続いた仕事場でセクハラにあい、訴訟に負けたら死のうと遺書を用意していたとき、ユーチューブでAKIRAさんの負けろ〜負けろ〜という歌を聴いてしまい、私の世界観が崩壊しました。
ライブで号泣し、みかんちゃんとかコンちゃんと出会い、もう一度、生きるチャンスを自分にあげました。
みかんちゃんに自己開示インタビューをお願いし、AKIRAさんが私の人生を脚本化したセルフストーリーオペラは大成功でした。
仲間たちと出会ってからどんどん人生が変わり、もうこの一年は幸せなことしかなくなりました。
色んな試練をくぐり抜けてきたお陰で、有名なカウンセラーよりも人の痛みが理解出来るし、今は病院で悩める人たちの電話相談員をしています。
心の傷を癒すには先ず食べ物からと気づき、食と環境とココロの健康の活動をしています。
食べ物だけでなく、歌や、絵や、キャンドルなど、創り出すこと、表現することにも挑戦中です。
最近は、自分がやることも楽しいですが、目の前の人が変容する、過程成長を一緒に体感することの方がより楽しいなって気づきました。
どんな人からも気づきと学びがいただけて、愛おしいです。
何よりも 沢山の方々に出愛、助けてもらえると言う喜びをいただけた事に感謝!
今までの辛い経験が、ここに到達する為にあったんだなぁ っとシミジミ思います。
「いたいのいたいのとんでけ」(ボーカル:おりえ)

{BBB23DC5-A8C5-4CF9-BADA-A3B24C4CDFF2}
12、タクマ
「皆さんスゴすぎて、なんでここにきちゃったんだろうって感じです。
両親は小さい時からけんかが多かったですね。
父からは母の悪口、父からは母の悪口を聞いていました。なんで一緒にいるんだろうと不思議です。
僕は喘息、アトピー、コミュニケーションもできなくて、なんで自分ばっか、みたいのはありました。
スタンドプレーで目立ってしまい、いじめにあってリンチされました。
その時、仲良しと思ってた人に裏切られ人間不信になりました。
醜形恐怖症で自分の醜さが笑われているんじゃないかとおびえていました。
高校は友達いないし、大学ではトイレにこもってメシを食ってました。(笑)
20歳でバイト先の6歳上の女性と結婚します。(一同唖然)
親と同じように毎日喧嘩ばっかで、バーで知り合った方と不倫して、6年で離婚して、また結婚」
「どこが醜形恐怖症なんだよ、2回も結婚して」(AKIRAのツッコミ)
「今度は年下の人で2人ともたよりたい願望で、また2年で離婚。(おーい!)
「結婚したからいいじゃんって言われるけど、うまく言ってるとか、楽しい時期が特にあったわけではなく、やっぱ自分はダメなんだと思ってきました。
仕事はいってますが、こないだパチンコで30万すっちゃうし。
自己啓発セミナーとかいろいろいっても誰ともつながれなくて、AKIRA ライブに来ると元気になるんで思い切って合宿に参加しました」
「ハイボクノウタ」
負けろ、負けろ、たくまー!(替え歌)

{6C904E62-2563-4FA4-8FE2-601B3C94741C}
AKIRAトークは「イーグルアイズ」を獲得する方法やWHAT思考とHOW思考など、ライブでは語れない秘伝を伝授した。

夕飯後の交流会では1人3分間のマンツーマンセッションをおこなう。
前回は酒を飲みながらやったので、今回は終わるまで酒禁止。
けっこうこの3分で人生変わる人も多いので、ディープだった〜。
{188F9020-9738-49BE-B356-1284412E8502}

今回のメンバーもふくめ、人の人生ってみんなすごいわ。
オレだったら絶対ムリみたいな試練をそれぞれが乗り越えてきた。
こういうライフストーリーを聞くと、人間が愛おしくて愛おしくてたまらなくなる。
あなたはあなたが思っているより100万倍すばらしい人生を送ってきたんだよ。
オレは競馬馬につけられたブリンカー(目隠し)をそっとはずす。
すると今まで見下していた自分の人生が驚くべき輝きを放って立ち現れてくる。
やっぱ人の思いは宝物だ。
{A9816873-25D4-40BB-BDA0-CEC8AF3AFBF6}

★「向日葵Paintings」は 残り3作品のみとなりました。(予約受付は5/31までです)

※6/2(土)、6/3(日)、6/17(日。父の日)、6/23(土)、6/24(日)、6/30(土)、7/1(日)のライブを募集します。AKIRAまでメールください。
akiramaniacom@yahoo.co.jp

■ ライブスケジュール

□ ライブ主催申込みページ


■『アジアに落ちる』『アヤワスカ!』レビューキャンペーン

https://ameblo.jp/nikonikomikann-0707/entry-12344046819.html

 

AKIRAライブの作り方

★アルバム販売ページ:http://akiramania.thebase.in/ 

アルバム、名言写真集Will の 海外発送も承ります。(一部地域を除く)

→ AKIRA ALBUMの注文方法がかわります。海外発送もはじめます。

「ストーリーテリング」語り部養成プロジェクト

AKIRA命の絵本~ストーリーテリング~≪facebook page≫ 

≪≪ 手話 × 日本語・英語訳字幕 AKIRA歌 ≫≫動画リスト。

AKIRAライブ撮影のコツ

著作ページ

CDページ

★ たくさんの自殺志願者を救ってきた「COTTON100%」がNHK日本の100冊に選ばれました。

こちらのYouTubeでNHK「あさイチ」の「アジアに落ちる」紹介部分が見られます。

★動画ページ  【 1.Shino Tanaka 】 【 2.Toshi 】 【 3.Mr.ピーン 】

AKIRA歌ギターコードつき

AKIRA歌のれん分けプロジェクト

AKIRA歌のれん分けプロジェクト~楽譜・譜面共有~≪facebook page≫


AKIRAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス