New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:

{DC6D5CA1-1A32-48C3-9442-86E28BDA019B:01}
滑稽なことに、生きている人全員が「自分が一番正しい」と思いこんでいる。

これはとてつもないギャグなのよ。

自分の「判断基準」は自分の経験から作り上げたものだと勘違いしているからだ。

本当のことを言うと、あなたの判断基準の80%は他人から「イン プリンティング」(刷り込み)か「ブレイン ウォッシュ」(洗脳)されたものにすぎない。

あなたの体験(20%)があまりにも少なすぎて、あとは親からの刷り込みや社会の奴隷製造教育による洗脳、友人や他人のなにげないひと言、本やネット情報、テレビのコメンテーターや権威からの受け売り(80%)でできている。

なかでも最悪なのは、富や名声によるものさし(判断基準)だ。

「富や名声を得られない自分は価値のない人間だ」と自分や他人を否定する。

あなたはそれに踊らされ、国民総奴隷社会を作りたい権力者や、あなたに足りない価値を物で補いなさいという消費社会の操り人形になってしまう。

「価値のない人間を連れてきたものには褒美をとらす」

「ははっ、面白奉行様、こやつはじつにつまらなき人間。

親に捨てられ、麻薬を売り、人々のものを盗み、ホームレスになりました」

「はっはっは、じつにおもしろき人生!」

こうして面白奉行の前に連れてこられた価値のない人間全員がすげー価値のある人間だったってのが落ち。

社会から押し付けられてきた常識がいかにウソだったか、それを実感させてくれたのが今日の師弟ライブである。

{99595026-AAF1-471C-8780-32A3C76F305E:01}
10月8日(日)AKIRA&みかん師弟ライブ@滋賀県近江八幡市「心の窓」にて
{2E65EF1E-CF73-4CFA-9478-48BB2F817C30:01}
Photo by Ootani
会場の「心の窓」は琵琶湖が見下ろせる絶景の場所にあり、オーナーのすみれさんは森でつんできた薬草のハーブティーをふるまう。

{6218F355-1258-49B2-AE78-FE04FC1D1FC9:01}
63人の人々が主催者中園慶子の情熱に打たれ、琵琶湖湖畔の「癒やしろ地」へ集まってくる。

{EDD9356B-1BB6-4B32-9261-35D82BC48EF1:01}
慶子は救護施設で働いている。
幼い頃から脳性小児麻痺のいとこを介護する親の姿が焼きついているという。
ところが父を看取った病院で慶子はがんを宣告されてしまう。
父の四十九日に入院し、翌日手術を受けた。
ステージ2b、中リスク、32センチの開腹で子宮、卵巣、リンパ80個、大網切除というたいへんな手術だった。
半年間抗がん薬治療を受けたが、副作用が強く入院退院を繰り返した。
元同僚の赤木さんが、医療ケアが必要な難病の方のグループホーム「じゅう楽」を立ち上げ、看取り士 柴田久美子さんとのコラボAKIRA ライブを主催する。
「AKIRAさんの言葉や歌は、私がずっと感情を抑えてきたところに触れることばかりで、どの曲も染み入ります
毎日のように、我が家から見える琵琶湖をみながら風を部屋に通し一人でAKIRA歌を聴いています。
お世話になった人たちへ恩返しがしたくて、このライブを主催しました」

{AAA07809-824D-499D-A4A8-9ECAF00A425C:01}
オープニングアクトはライブ初デビューのとおるんだ。
「僕は人の期待に応えようとがんばりすぎ、それができない自分を否定し、高校の時不登校になり、引きこもっていました。就職してからも苦しみ、やっと33歳で自分を生きると決めました。
同じ生きづらさを抱える人にメッセージを伝えていきたいと思います」
1.Being you(ギター ボーカル とおるん)
2.我が子への手紙(ギター ボーカル とおるん)
とおるんはむっちゃ緊張しながらも、見事初ステージをやりとげた。
「あなたのままでいてくれてありがとう」「不登校でも不出勤でも生きてくれ」と叫ぶひたむきな姿に会場は大きな拍手を贈った。

{E7FCB38D-0DB7-4AC9-9488-DD7BD5085ACE:01}
つぎは、はやしはこの登場だ。
3.ムーンタイム(アカペラ)
4.光の子どもたち(ギターAKIRA ボーカル はこ)
はこのウィスパーボイスは静かで深い世界観をもっている。
さらに今日は娘まかちゃんを連れてきたので、アップテンポの元気な曲「光の子供たち」に挑戦した。
これがまたはこの世界観を大きく広げ、会場を沸かせる。
{0E9FD2FE-B1E4-447A-8700-B46CD86BD3FF:01}
みかんがメキシコマヤ族のあいさつ「インラケチ」(あなたはもうひとりのわたしです)握手を紹介し、観客全員で交流する。
{B9052409-3D4A-4CAE-83B4-578E01808D91:01}
5.ウレシパモシリ(AKIRA みかん )
{F493D418-CC42-4B6A-9367-53461FA64E1B:01}
前半はミニオペラ「音ちゃん物語」だ。
脚本:中園慶子。朗読:高橋啓子。協力:ふっちー。ギター ボーカル:みかん。
1.ふるさと
「10月7日は私たちが4年前に看取りをした享年81歳、音ちゃんの命日です」
昭和30年、24歳で施設に連れてこられた音ちゃんは、耳が聴こえず、言葉が話せず、身元が不明である。
親も家もなく、夜中に村の中を徘徊していたという。
戦後にできた施設は、親を亡くし身寄りもなく地域でひとりでは暮らせずなんらかの障がいのある人たちと、戦争でご主人を亡くされた寮母さんと呼ばれる数名の職員が助け合いながら畑作業や鶏を飼い生活扶助を受け施設で暮らしていた。
炊事や洗濯、病人の看病や病院での付き添いなど、今は職員がしていることを、それぞれが自分のできる役割をはたし、助けあっていた。
「障がいがあることで石を投げられたり、びっこびっこと意地悪をされ悔しい思いしたが負けじと頑張った」と彼らは話す。
2.H(叡智)
言葉が話せない音ちゃんは「お腹が空いた」「トイレに行きたい」「邪魔をしんといて」と基本的な欲求を満たす時、わかってもらえなかったり邪魔をされると怒って「うー」と険しい顔になり、防衛するために手がでたり、噛んだりと自分を守った。しかし自分の居心地の良い場所を探しては、誰かしらの側にすっーとやってきて、こきざみに身体を揺らして寄り添う音ちゃんの姿にまわりは癒されたという。
3.僕の居場所
ある日、後ろ姿の音ちゃんに声をかけると、振り返った! 耳が聞こえてるよ!
音ちゃんのことを、聞こえない、話せないとバカにしていた施設で暮らす長老にも伝え、音ちゃんへのひどい悪態を注意した。職員や仲間のみんなが話しかけることも増え、音ちゃんとの交流が広がった。
4.レラ(替え歌音ちゃんバージョン)
音ちゃんは皆と交流するようになり無断外出をすることが少なくなる。
音ちゃんは持病に喘息があり少しづつ呼吸機能が弱っていった。
誤嚥性肺炎を繰り返し、食べる事で命を縮めてしまう状態が続き、胃瘻(いろう)を造る方が良いと勧められたが、成年後見制度の手続きはできておらず、胃瘻をするとなると救護施設では暮らせなくなる。
胃瘻をつくらずに8年が過ぎたころから少しづつ衰弱し、低栄養状態で浮腫ができ、皮膚から浸出液が漏れはじめる。
やがて歩けなくなり、食べる事が好きだった音ちゃんがいっさい食べなくなった。
5.Annual rings
音ちゃんの個室はたくさんの人が見舞いにきていつも賑やかだった。
やがて音ちゃんは目を開かなくなり、呼吸をしながら静かに過ごす。
虫が一匹部屋に入ってきて、音ちゃんのまわりをブンブン飛びまわる。
「音ちゃんと長年一緒に暮らし、先に旅立ったシゲちゃんのようなヤンチャな虫だねえ。
シゲちゃんが音ちゃんを迎えに来たのかなぁ」
音ちゃんの部屋で思い出話しに花が咲く。「若い時シゲちゃんと無断外出してタクシーで帰ってきたんやてー。」
「話せない音ちゃんと重度の知的障がいのしんちゃんが、どうやってタクシーに乗ったんやろう」
「音ちゃん、女ずきでべっぴんさんが好きやったなぁ」
「音ちゃん、いちご狩り楽しかったなぁ」
「音ちゃん、パン食い競争、うまく噛めへんから手でちぎってたなぁ」
音ちゃんの息がゆっくりとゆっくりと大きくなり、脈が弱くなり、だき抱えて音ちゃんと呼ぶ。
最後にもう一息した音ちゃんは、大好きな職員の腕の中でにっこり笑った。
「音ちゃんのお顔は穏やかで微笑んでいました。
看取りした私たちもとても満たされました。
音ちゃんの故郷、湖南の新米をお供えしました。
音ちゃんの故郷で取れたお米やで、お腹いっぱい食べてね。
ありがとう 音ちゃん、ありがとう、ありがとう!」
(終)

音ちゃんはなんて素晴らしい人生を生きたんだろう!
音ちゃんは、家族を失い、村をさまよい、障がいをもっていたからこそ、やさしい人々に出会えた。
音ちゃんも彼らに全身全霊でやさしさを返し、大きな愛を教えてくれた。
そして死んだあとまでオレたちにすばらしいメッセージをとどけてくれる。
誰が音ちゃんを価値のない人間と言えるのか?
誰が音ちゃんの人生を無意味と言えるのか?
誰もいない。
抱きしめられ、微笑みながら世を去った音ちゃんの人生は最高に幸せだった。
{249DCC77-F4B7-47D9-97CE-B3B1FA0CD30D:01}
みかんオリジナル曲「私が私に近寄って」
11.和解の歌(ギター ボーカル みかん)

音ちゃんオペラにオレも観客も涙した。
慶子の脚本も音ちゃんのキャラを生き生きと描写していたし、音ちゃんを知っている高橋啓子さんの朗読のとくに音ちゃんが亡くなる前の方言のところが胸を打ち、みかんの歌が楔をさす。
死者のメッセージをやさしく届ける傑作オペラだった。
{8F59825C-5FB8-4F70-A677-486DDEE2D251:01}
さてさて後半はAKIRA ライブだ。
音ちゃんオペラの感動を引き継いで、ひとりひとりの人生のすばらしさを伝えていこう。
12.Hello my mom!
13.無条件の愛
{45D6669F-2582-4862-B883-57D9A73A5177:01}
敗北ジャンケンの3大クイーンは、
一位 滋賀県草津市 トモヨにAKIRADVD
二位 エチガワ アツコにみかんXフセイン対談本
三位 富山県高岡市 ジュンコにAKIRAがマレーシアで買ったスナックが贈られる。14.ハイボクノウタ
ここでスペシャルゲスト、重度障害者を支えてきた「びわこ学園」のクモデ園長とタナベさんに登場してもらう。
15.勇者の石(クモデ先生とタナベさんに捧ぐ)
「みなさんと同じように、うちでも障害のある人たちが命を精いっぱい燃やし続けています。
慶子さんの情熱に呼ばれ、来てよかった。AKIRAさんの熱いメッセージをうちの勇者たちにも届けたいと思います」
{59136E86-C71E-41F7-84A6-244813741A12:01}
16.青空の向こう(ピアノ ボーカル AKIRA)
17.空の上はいつも晴れだから(ピアノ ボーカル AKIRA)
ここで埼玉からきた侍ソウルダイスケをステージに呼ぶ。
{9707E875-2A32-4360-B4C0-4D667BB1F26F:01}
「俺は6歳年下の嫁ミミ(享年30才)をがんで亡くしました。
ふたりの共通点は母子家庭の一番上で、初デートで二人とも泣いてしまいました。ミミは父親が小さい時からいなくて、甘えることができなくて、ようやく甘えられる事ができたのが俺でした。
結婚後ミミは28歳で子宮ガンになり、5年後の生存率データなしという特殊な病気でした。
自分が選んだ女が、かわいそうがられたくなかったので、羨ましがられるような女にすると誓い、夢は新婚旅行でいった世界一美しい海の与論島で癒しの場をつくること
です。今年の2/19に、ミミを抱きしめて看取りました。
AKIRAさんが俺たちをモデルに作ってくれた歌を歌います」
18.尊尊我無(ギター ボーカル ダイスケ)
絵本作家ジキリンはダイスケとミミの物語を製作中である。
19.Hug yourself(AKIRA X みかんデュエット)
20.祝福の歌(ギター、ハーモニカ、ボーカルAKIRA)
主催者慶子は前回のライブでこの歌に感動し、リクエストした。
海外向けの英語アルバムにも収録した名曲にもかかわらず、ひさびさにライブで歌った。
{6F2B6A4C-3563-4FB3-8861-068FD87F7BA0:01}
神様、あんたはとんでもない嘘つきだな
砂浜にはいつもオレとあんたの足跡がふたつならんでいた
だけどオレが悲しみのどん底にあるとき足跡がひとつ消えていた
つまりあんたはオレを見捨てたんだな

私の子供よ わたしはつねにあなたとともにある
私の子供よ 目を開いてよく見るがいい
ひとつになった足跡が砂に重くめりこんでいるのを
そのときわたしはあなたを背負って歩いていた
たとえ誰がきみを否定しようとも
オレは胸をはりきみを祝福するよ
たとえきみがきみを信じなくても
オレは腕ひろげきみを祝福するよ
Gods bless the child だめなままでいいGods bless the child 弱いままでいい
オレはなにもあげられないから
さあ受けとっておくれ 祝福の歌
{746932AF-2208-4543-B245-97FBBF2F3606:01}
21.puzzle
22.家族(AKIRA X みかんデュエット)
23.move!
24.なんくるないさ
{69898151-8DFF-4272-B6FF-BE372876741F:01}
メディスンサークル(聖なる輪)をつくる。
{BF68EE54-8C7E-4E67-B1F1-8583DDDC018E:01}
25.えん
26.ありがとう
{ECA1A600-7842-428C-98EB-ACEE0C329502:01}
とちゅうでギターの音が鳴らなくなったり、弦を切ったり、いろんなトラブルも音ちゃんのメッセージのように思える。
死者は虫やトラブルを使って「ぼくもここにいるからねー」ということを知らせる。まあまあ穏便に! 死者ってけっこう自己主張が強いのよねえ。
音ちゃん、だいじょうぶ。あんたの思い は十分伝わってるから。
あとは、生者が自分で選び取る人生を応援してちょ。
カメラマン:大谷幸久。
{8ED92D72-29F9-44BB-8CF1-59A746AD34EB:01}
裏方代表:淵ノ上健一。受付:高橋啓子、阪口由美子。送迎、駐車場:中園安保、浅井元気、淵ノ上健一。送迎:おおが清志
{20FAF253-A7D2-4337-BA29-89DA32066639:01}

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

AKIRAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。