デビルダンス@スリランカ | New 天の邪鬼日記

New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。

{39D83D6D-19AC-4FA3-B735-82B53EB3CA87:01}
ヤモリの恩返しは、Wi-Fiだけでは終わらなかった。
3年前にはじめてオレがスリランカにきたのは、悪魔祓いの儀式を見るためだった。
友人の文化人類学者上田紀行さんからいろいろ教えてもらい、儀式を探した。
この儀式はお金もかかるし、内戦の終了とともに激減した。
「アキラ、今晩デビルダンスがあるぞ!」
このホテルのオーナー、GGが言った。
{F2723244-25E4-44DE-B752-6797884FCA02:01}
「こっから8キロくらいの村にあるもと大臣の家でおこなわれる。
夜の9時くらいにはじまって、朝の5時くらいまでつづく」
トゥクトゥクの運転手スレシと交渉し、送迎プラスガイド料で6000ルピー(約5000円)で連れていってもらえることになった。
立派な大臣官邸には、100人以上の 村人がつめかけてくる。
{5B7E1063-32ED-4949-8D77-C3A52E49BB05:01}
デビルダンスの主催者は大金をかけ(小規模7万円~大規模15万円)、シャーマンでもある舞踏家グループを呼び、食事や飲み物を振る舞い、無料で村人を楽しませる。
コミュニティに利益を還元する循環システムは、世界中じゅうの先住民にみられる。
{310ABD72-7EA3-42FE-A52A-1AC851EA6E6F:01}
今夜のデビルダンスは病人を癒す儀式じゃなく、主催者の娘の成長(5歳?)を祝福する儀式だ。
庭にバナナの皮でつくられたデビルハウスを建てるのもシャーマンたちの仕事だ。
{20ACCCFD-3B52-479F-ABD2-E721FC9DFBC7:01}
3人の叩く力強い太鼓に合わせ、3人のダンサーが15時間も休む間もなく踊る。
音楽も踊りもとてつもなくレベルが高く、演出も考え抜かれている。
{9E7AE51F-FDEF-469C-B968-4EF38418A78F:01}
さまざまな衣装に着替え、水牛や猿の精霊、そして悪魔になる。
炎をまき散らしたり、お笑い漫談がはいったり、観客をあきさせない。
{9EAEF94F-2A81-48ED-A815-4872323573D0:01}

デビルダンスにおいてスリランカ人は、悪魔を恐ろしい者や排斥すべき者というより、共存していく仲間のようにあつかっている。
西洋のような徹底した善と悪の分離がないんだ。
悪魔はいたずら好きで、ユーモラスで、人間と同じ臆病者である。
とちゅうでダンサーがトランス状態にはいり、地面に倒れて痙攣する。
みんなが押さえつけようとすると暴れて、門から外に逃げ出す。
{208AE06E-5483-41DC-841E-2BD0DEC5B52F:01}
彼は離魂症と呼ばれてきた肉体から逃げる魂の象徴である。
村人に捕らわれた魂は再び門のなかに帰り、コミュニティ に迎えられる。
{989B27D7-9E32-4171-A1A1-9F9D8437CF03:01}
オレは今、神話学者ジョセフ・キャンベルが提唱した物語の元型「ヒーローズジャーニー」(英雄の旅)を研究してるので、儀式のディティールにさまざまな象徴を見つける。
デビルダンスは、人類の古層によこたわった普遍的な知恵を授けてくれる。
悪魔は大切な教師だ。
{E04C5815-2A7E-4855-A0D6-EC996B08466E:01}


※1/3から4/1まで自分と向き合う情報断食に入ります。
スリランカで「秘伝書」を書いてきます。
「ライフシアター」やCDの注文は4/1以降お願いします。
携帯は3ヶ月間つながりません。
Facebookも見ないようにするので、最低限必要なメールだけこちらへお願いします。
akiramaniacom@yahoo.co.jp

ライブスケジュール
※ミュージシャン:AKIRAX映画監督:広田奈津子X作家:山元加津子 対談電子書籍。
アマゾンにて好評発売中!(350円)
ピラミッドの上のコンビニおむすび-私たちが知っていたこと-山元-加津子
幻冬舎文庫「COTTON 100%」発売記念AKIRA絵画販売中(No1.2.3.5.8が売れたので残り5点早い者勝ち)
著作ページ
CDページ
AKIRAライブの作り方