歌いすぎて血を吐いた@北海道 | New 天の邪鬼日記

New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
歌いすぎて血を吐いた。
連日連夜のレコーディングで11曲中9曲を録り終え、「空の約束」を歌っているときだった。
今日もすでに6時間以上歌い続け出し、「空の約束」は高音がつづく難曲だ。
なにか口の中にサビのような味を感じた。
ティッシュをあててみると、唾液に血が混じっていた。
被災地で1日5本のライブや過酷なツアーをくぐりぬけてきたが、歌いすぎて血を吐いたのははじめてだ。
よくライブで「人はみな生まれる前に、今回はこんな人生を送りますと空に約束します」などと言っているが、オレの「空の約束」は、
「血を吐くまで歌います」だったのか!(笑えない)
New 天の邪鬼日記-110911akira

それでも「空の約束」、「魂の本」、「トゥルーストーリー」を一日で歌い終え、全11曲を歌い終えた。
明日コーラスを録ればボーカルの録音は終了する。
いつも山に登りはじめは「永遠に頂上にはとどかない」と思ってしまうが、どんなに苦しくても登りつづければ必ず夢にとどく。
「こんな苦労もう二度と味わいたくない」と思うが、気がつくとまた新しい山に登りはじめてしまうのである。
ドMだね。

AKIRAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス