New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 「祈りプロジェクト、連発してまずいんじゃないですか?」
 というメールをもらう。
 たしかにヤバイのだ。
 世の中に病気の人はいっぱいいる。100万人のガン患者に「わたしのお母さんに、噂で聞いた祈りプロジェクトをやってください」と言われても不可能である。
 「わたしのお父さんがガンで」というメールをもらうと、「祈プロ」はやらず、個人的に祈ることにしている。
 朝起きて仏壇を開けると、「ババ、トト、キヤーペ、クオーモ(死んだ両親や猫たちの名)、お願いします。Daiのお母さんとマキとヤヨイとハルカとみんながよりよくなりますように」などと祈る。
 むむ、しかしDaiのお母さんだけ会ったことないし、顔が浮かばない。
 つーわけで、また突然いってきちゃいましたー!(笑)
0606常子

 Daiのお母さんはツネちゃんという。
「全国から送られてくるメールを読ませてもらったら、すっごいうれしくて、もりもりと力が湧いてきたんです。昨日からもう食事もとれるんです」
 ツネちゃんはずっとボランティアで障害者や高齢者に水泳を教えてきた。60歳をすぎてからホノルルマラソンやボストンマラソンに挑戦し、トライアスロンまでやる。
「よく息子の試合を見に行ってたでしょ。おもしろそうだからジムでわたしもキックボクシングをはじめちゃったのよ」
 こんなことを天然ボケを噛ましながら笑顔でしゃべる。て、鉄人だあー。
「今まで健康を当たり前だと思って暮らしてきたんだけど、病気になっていろいろ気づかされたわ。とくに家族の大切さにね」
 ツネちゃんは家族の交換日記を見せてくれた。
 お父さんをはじめ、Daiや、Daiのお姉さんやインド人の旦那さん、小学6年になる娘さん(ツネちゃんにとっては孫娘)が幼い文字でこう書いていた。
「おばあちゃんが家にいないとギャグがきけないのがさみしいです。早く元気になってたくさんギャグをとばしてください」
 そうそうツネちゃんはむっちゃ明るくて、大らかで、家族の元気の源なのだ。
「ほんとうに家族はわたしの宝物です」
 そうキッパリと言い切っちゃうツネちゃんがすごい。
 オレは終始笑わされながら、確信したね。
 直るわ、この人。
 家族をはじめ、ツネちゃんの笑顔を必要としてる人がたくさんいる。こうやって惜しみなく愛を与えてる人はまだまだ生かされるね。
「おかげで元気になりました」
「いやいや、どっちが病人かわからない……つーか、こっちこそ元気をもらいました」
 ツネちゃんが退院したら、いっしょに石垣島のトライアスロンに挑戦しよう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AKIRAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。