New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 最近時間が加速しているような気がしない?
 1日が1年がやけに早いのだ。今日も「alone」の梱包と発送だけで終わってしまったし、ライブ活動が本格化した今年はあっという間だった。
 子どものころや学生時代ってもっと時間がゆっくり流れていた気がするんだけど。
 たんにオレが今忙しいだけなのか?
 それとも時代が加速しているのか?
 サイケデリック・ムーブメントの教祖テレンス・マッケンナ(勝手に通称マツケン)は「タイムウェーブ」というあやしい理論を構築し、カオスやフラクタタルなどをつかって人類の歴史をコンピュータで計算した。
 彼によると時間はらせん状のエネルギーで、ゆっくりと動き出し、だんだんと加速していく。時間の感覚は速まり、情報量は増大し、極大点「タイムウェーブ・ゼロ」に到達するのがマヤ暦の終わり2012年12月12月21日午前11時10分。この日は冬至の太陽が銀河系の中心である銀河黄道に昇り、春分点の歳差運動が原因で2万6千年に一回だけ起きるだという。
 マッケンナは2001年に死んでいるし、この理論が本当に正しいのかは謎のままだ。マッケンナもこの日のことをインタビューされて、「天変地異や宇宙人の来襲などは可能性が低い」と答えている。
「われわれは、自分たちの創造物だとみなしているもの、たとえばコンピュータやテクノロジーが、実際には、異なったレベルのわれわれ自身であることを当然のこととして認めるようになるだろう。そして、世俗的な歴史の迷路を遍歴しおえたあかつきには、われわれが最初に知っていたこと、すなわち、自己と他者、生と死、文明と自然といった概念や言葉に左右されない、縫い目のない自然との古代的な融合を回復するだろう」と言っている。(CD-マガジン『INTRO イントロ』より)
 こんなユートピアみたいな時代がたった7年後に来るとは信じがたいが、たしかにオレたちはその方向にむかって進んでいる気がする。政治家や時代おくれのスクエアー(石頭)はともかく、少なくともオレのまわりにいる素敵な友人たちはそうだ。
 情報量は数十年まえとは比べものにならないほど増えているし、滅亡にしろ、パラダイムシフト(時代の転換)にしろ、人々のペースが速まっている気がするなあ。
 情報を集める時代から情報を捨てる時代になってきた。
 テレビという合法ドラッグを毎日摂取していると、むだな情報で頭がいっぱいになり、「直感情報」がはいってこなくなる。
 「直感情報」というのは「内なる声」とでも言い換えてよい。
 本来のオレたちは「すべてを知っている」はずなんだけど、現代人は教育や情報がチリとつもって「人間ゴミ屋敷」になってしまった。
 必要なときに必要なものが見つかんないとイライラするよね。そこで解決方法はひとつ。
 大掃除。
 年末はおつむからっぽにして、ゆっくりしよう。
 ただでさえ「モモ」にでてくるような時間泥棒に盗まれてんだから、ピンポイントで必要なことを選びとらないとね。

 「やらねばならないこと」じゃなく、
 「やりたいこと」から。

※あっ、新発売のおつむ掃除機「alone」は明日の午前中までにメールくれれば、大晦日にまにあうと思うよ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AKIRAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。