第3回 規則性Ⅱ─数列・周期と規則性(5年生) | 日能研の歩き方

日能研の歩き方

全国3万の日能研生に送る日能研の歩き方。
中学受験に成功する方法を日能研スタッフが公開します。

第3回 規則性Ⅱも、4年生の時にすでにやった内容が出ています。はじめてなのが「等差数列の和の公式」ぐらいでしょうか。

だいたいの生徒が等差数列の□番目の数の公式は自由に使いこなせていました。図形の等差数列は表にして整理するとよいでしょう。ていねいにやってください。

 

★等差数列の□番目の公式

  初めの数+公差×(□-1)

 

一方で和の公式は出てきたばかりですから戸惑う生徒もいました。この公式は今後もよくお世話になるのでいつも通り、レポート用紙などに書いて覚えておきましょう。

 

★等差数列の和の公式

 (初めの数+終わりの数)×個数÷2

※「台形の公式に似ているよね」というと忘れにくいようです。

 

もうひとつのテーマ「周期算」ですが、これも4年時に扱いました。

①周期の数を出す。□番目の数を出す。

②周期の和を出す。□番目までの和を出す。

 

この2つは必ずできるようにしましょう。

上位生は「③周期の和から逆算で□番目を出す」ところまでできるようにしておきましょう。テキストに類題が少ないので大変ですが、しっかりやっておきましょう。特に余りの処理ですね。このあまりが何なのか確認しておきましょう。(実際は正答率30%未満の問題になると思います)

 

ちなみに4年生のときの記事のリンクも載せておきます。

等差数列

https://ameblo.jp/akira11552001/entry-12292413270.html

周期算

https://ameblo.jp/akira11552001/entry-12287593290.html

 

 

中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール【完全版】

 

中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール【完全版】

 

今回の完全版では「公開模試の攻略法」や、算数の成績アップに必ずつながる「リベンジノートの作り方と活用法」など、40ページ相当の大幅な加筆を行っています。特別付録も大幅に内容充実させました。ぜひ、増税前にお手にとってください。過去問のやり方などもアドバイスしています。

第1章
なぜ6年生になると、成績が急伸したり急落したりするのか
第2章
即効性アリ! 6年生で成績が伸び悩んだり、急落した時の学習法
第3章
6年生で伸びるための5年生での学び方
第4章
最後まで伸びる! 受験直前の取り組み方
第5章
6年生で必ず成績が上がる学び方 7つのルール
特別付録
使える! 役立つ! 絶対トクする虎の巻

 

★チャンネル登録はこちら

https://www.youtube.com/channel/UCr9fjwmchq40_FviImk2fxQ?sub_confirmation=1

★インスタ
https://www.instagram.com/akira_arukikata/?hl=ja

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと押してくださいね。

にほんブログ村