情報エクスプレスを読もう | 日能研の歩き方

日能研の歩き方

全国3万の日能研生に送る日能研の歩き方。
中学受験に成功する方法を日能研スタッフが公開します。

「情報エクスプレス」

公開模試が終わると配布される冊子のことです。

主に6年生向けですが、4,5年生にも配布されるはずです。日能研生でなくても公開模試を受ければ配布されるようです。

 

前半は「学習情報」のページです。

こちらには今回の公開模試の問題についていろいろと書かれています。これを読まないのはもったいないです。

 

後半は「志望者動向」のページです。

今回は6/30の公開模試の志望者動向ですからまだ様子見と言ったところですが、今年のトレンドがわかることも事実です。

 

志望者動向は2つのものさしがあります。

 

①前年比

昨年の今の時期の登録者数との比較です。入試日程やコースが変更になった場合は必ずしも現状に即していない場合もあるので分析が必要です。また、あくまでも公開模試受験生の登録状況ですから参考値であると踏まえる必要もあります。

 

前年比が130%なんて数字を見ると気合を入れていかなければいけないと感じます。例年通りという考えは捨てないといけないでしょう。

150%という数字を見たら本を閉じたくなります。近寄ってはいけないと本能が判断します。

 

②志望者の平均偏差値

もう一つのものさしが志望者の平均偏差値です。たとえば、前年比が減っていたとしても、志望者の平均偏差値が上がっていれば、そこは少数精鋭の戦いと判断できます。ですから前年比減=楽観視とはいかないのです。

「人気傾向」「油断できない入試」「注意が必要」「厳しい入試になるでしょう」などのキーワードは見るのもつらいものです。

 

一方、癒される言葉が「敬遠傾向」「チャンスの可能性」「昨年人気の反動」などです。

 

また、隔年現象という言葉もありますから本来は前年と一昨年まで見ておくとより傾向がつかめます。いわゆる揺り戻しというやつですね。

結局、楽な入試何てどこにもないと気づいてがっかりするだけなのですが、知らないよりは知っていた方がよい情報がたくさん詰まっていますので、来月以降もウォッチをよろしくお願いします。

 

2020年入試のポイント

①算数1科目入試のブレイク

②午後入試新規参入校のブレイク

この2つに当てはまる学校は人気があります。

 

③青学の2/2→2/3への移動

2/2が日曜日ですから、青学が2/3へ移動します。その反動で2/2、2/3の大学附属校の難易度に変化がおきそうです。

 

 

↓二月の勝者予約はじまっています。まだの方はこの機会にどうぞ。

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (6) (ビッグ コミックス)

 

★著書

↓過去問をやった後の注意点などはこちらを参考にしてほしいです(現在予約受付中)
中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール【完全版】

 

中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール【完全版】

 

中学受験 偏差値が届かなくても受かる子、充分でも落ちる子 必ず合格できる学び方と7つのルール
https://amzn.to/2w3ul7o

★チャンネル登録はこちら

https://www.youtube.com/channel/UCr9fjwmchq40_FviImk2fxQ?sub_confirmation=1

★インスタ
https://www.instagram.com/akira_arukikata/?hl=ja

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと押してくださいね。

にほんブログ村