きっとうまくいく 9月の模試では結果がほしい | 日能研の歩き方

日能研の歩き方

全国3万の日能研生に送る日能研の歩き方。
中学受験に成功する方法を日能研スタッフが公開します。

夏休みあれだけ勉強したのだから、9月の公開模試で結果がほしいですよね。

結果、すなわち偏差値アップです。

 

 

あれほど勉強したのだから偏差値10くらい上がると子ども達は思っているかもしれません。

残念ながら偏差値は相対評価ですからそううまくはいきません。

自分ががんばったとしても、みんなががんばったら偏差値はそのままです。

 

塾の言い訳のように思われるかもしれませんが、夏休み前の偏差値50と9月の偏差値50の中身の違いは分かっていただけますか? 

同じ偏差値でもその価値は違います。

ですのでまずは親御さんがその価値の違いに気づいてほしいです。(子どもの努力を認めてあげましょう)

 

子ども達の様子を見ていると偏差値60以上の子ども達は、(きっと)全力でやっていますし、家族も一丸となってサポートしていますから、椅子取りゲームに例えると、空席を見つけるのはかなり難しいと言えます。

 

だからと言ってもう伸びないとあきらめる必要はありません。秋の勉強方法を間違わなければ伸びしろはあります。

特に50前後の子どもたちはここから大きく順位が入れ替わります。

あきらめなければ空席は必ず見つかります。

 

私の教室では毎年6年生に「公開模試必勝法」というプリントを配付します。

その内容を抜粋してお送りします。

 

★国語

まずは、国語から。模試で結果を出すには国語の対策は重要です。その理由はたいていの模試、入試では国語は1科目目だからです。

国語がうまくいけば残りの科目もうまくいく。国語を失敗すると次の科目にも影響を及ぼします。

 

国語で失敗した生徒と話をするとたいていの場合、時間配分のミスです。よくあるミスです。

①知識の問題で思い出せそうで思い出せなくて、時間を食ってしまった。

②読解問題の一問目で時間を食ってしまって、二問目はろくに読めなかった。

 

以上のようなミスをしないように私は次のようにアドバイスしています。

①あらかじめ時間配分を決めてから試験に臨む。知識は10分、読解1問目に20分、2問目に20分、計50分とする。

②知識については、反射で出てこなかったらあきらめる。深追いしない。

 

種明かしをすると、公開模試の国語は時間が足らないように作られています。国語の入試問題のボリュームは文章題の文字数ではかるのですが、平均的な入試問題よりも公開模試の方が文字数が多いことがほとんどです。

 

これは、日能研の公開模試に限ることではなく、模試のあるあるなのです。

なぜならば、本番の入試よりも簡単な模試など存在意義がありませんから。

模試というのはそういう設計なのだと思います。

ですから、全問解こうとしない取捨選択の眼力やあきらめの良さも必要なのです。

 

また、読解問題もごていねいに□1からやる必要はありません。

自分だったら、設問数の多い問題から取り組みます。

そのほうが得点できる可能性が高まりますから。

物語文から解くとか論説文から解くなど文の種類で決めておいてもいいでしょう。

 

大切なことは、試験が始まる前にこう動くと決めておくことです。

そうじゃないと「国語、始め!」の合図の後の周りの生徒の鉛筆の走る音にビビってフリーズしてしまうからです。

 

試験が始まったら、大設問の数を数えてその上に20分、20分、10分など時間の割り当てを書いてみてはどうでしょうか。

そうするだけでも安心するはずです。

 

国語は「日本語」だから何とかなるという考えは捨てるべきです。

国語=語学ですから大人が英語を勉強する手順でやっていくと力がついていきます。

 

★国語の勉強法=大人が英語を勉強する手順

①後期も漢字語句をやるべき

覚えていたと思っても時間がたつと忘れます。

定期的に記憶のメンテナンスをしないとせっかく覚えたことを忘れてしまいます。

具体的にはステージVのテキストの巻末、合格完成語句をコツコツやりましょう。

よく出るところを集中的にやるのが効率がよいです。

枝葉の知識は差がつきません。みんなができる漢字語句を間違えれば落ちます。

模試まであと数日、この時期だからこそ1日数分漢字に触れましょう。

 

またインプットの作業は入試間際にやるものではありません。

中学生、高校生の中間期末テストのように一夜漬けは効きません

入試までに3周するつもりでスケジュールを立てましょう。

入試間際にやるのはインプットではなくテスト形式ですばやくアウトプットする練習をすべきなのです。

 

②できれば毎日、少なくとも2日に1度、文章に触れる

高校野球しかり、練習でできないことは本番でできない。というのが私の方針です。

普段あまり文章に触れていないのに、模試の時だけ猛スピードで読めるというのは妄想です。

授業で扱った文章でも構いません。1題5分程度で黙読をしてみましょう。

 

③最後に、問題の指示をよく読む

聞かれたことに答えないと点数はもらえません。

・カタカナで答えなさい。(ひらがな、漢字は×)

・正しいもの(正しくないもの)を選びなさい。

・抜き出しなさい。(自分で変えてはだめ)

・〇〇字以内で答えなさい。

(20字~25字が一要素です。60字なら要素3つ、100字なら5つくらい)

 

 

★算数

次に、算数編です。

残り数日で急に問題が解けるようになるということはまずありません。

しかし、偏差値を上げることはできます。

 

テストの際の心構えを変えることです。

□1番の計算問題6題のミスをなくすこと。

これが偏差値が上がる一番かんたんな方法です。

私の教室は5クラスあるのですが、過去の□1番の正解状況をお伝えします。

 

昨年の11月の公開模試算数の□1全問正解だった率です。少し計算さぼっていませんか……。

今の時期も計算は大切にしてください。


1番手クラス=71.4%  2番手=45.8%  3番手=65.2%  4番手=38.4%  5番手=15.3%

 

テスト終了5分前にもう一度□1番の見直しをすると多くの生徒にとって点数アップ、偏差値アップするというわけです。

 

□1番についての注意点を箇条書きでまとめておきます。

詳細は過去記事を参考にしていただけると幸いです。

 

・計算スペース取りに注意。表紙にも計算はできる。

・ミスの多い暗算はしない。ひっ算かっこ悪くない。

・6年生は普段から小さめの字で計算する練習をはじめる。

・(家での)計算は罫線のないノート。自由帳にするようにしてみる。

 理由はテストの余白は罫線がないので。

・四則混合、逆算は記号に番号を振る。習った通りに計算する。

・単位換算は毎回出るので一度しっかり勉強しておく。(計算と漢字D問題)

・たし算、引き算のときは小数に、かけ算、わり算のときは分数にできないか考える。

・よくでる計算は暗記しておく。(平方数、3.14の段、分数・小数の変換)

・分配法則を使えるかチェックをする。

・素数と仲良くなる。(17で約分できないか)

 

なお、□2番については満点にこだわるのはやや危険です。

正答率10%または一けたの地雷問題が隠れていることが多いからです。

自分の経験上、角度の問題と規則性の問題は一見すると解けそうなのではまらないように注意が必要です。(後回しにする)

 

もうひとつ□2番での注意があるとしたら、

聞かれたことに答えているかのチェックです。

これは誰しも経験があるでしょう。

 

・過不足算で聞かれていないものを答えた。(人数なのにノートの数を答えた)※出てきた数には単位を書いてミス回避!

・和差算で男子ではなく女子を答えた。(問題の女子に〇をつけてミス回避!)

・速さで単位をミスって答えた。km、m 時速、秒速など。

(問題文に線を引く、速さは広義の単位換算と心得るべし!)

・小問を解き終わったらもう一度問題を読んで聞かれたことに答えたかチェックする。

 

ここまでラスト5分でやろうとすると時間が足りません。

後期も日々の計算と漢字をがんばってやりましょう。

継続は力なりでスピードアップしていきます。

最後の1問も5点、計算問題も5点。であればラスト5分は□1番の見直しをすべきです。

 

偏差50前後であれば大設問の□3番以降は(1)を中心に解いていきます。

問題によっては(1)と(2)の難易度に雲泥の差があります。

 

問題文が長くていやになりそうな問題であっても(1)は誘導問題で、すぐ解ける場合があります。なので食わず嫌いはもったいないです。

(1)がまったく思いつかないときは(2),(3)の問題文にも目を通しましょう。そうすると(2)(3)の条件を使わずに(1)を解かなければいけないことがわかり、消去法で道が見えることがあります。

 

(2)や(3)が仮に解けそうであっても時間がかかりそうな場合は、後回しにします。

後回しにしたことを忘れないように問題に特別なしるしをつけておきましょう。自分は★マークをつけるようにしています。

 

偏差60中盤から後半を狙う場合は、ほぼ捨て問はありません。正答率10%の問題であっても2問に1問は正解しないといけないのです。

最後には、経験と野生の勘がものをいうときがあります。普段生徒には勘はだめだと言っていますが本番ではありです。もしかしたらこうかもという勘で自分を信じて突き進んで解けることもあります。ただし、ある程度進んでみて、あっ違うなと思ったらすばやく撤退する勇気も必要です。

 

テストで高得点をとる秘訣は、最後までファイティングポーズをとり続けることです。あきらめないことです。止めの合図があるまで鉛筆をおかないことです。(逆に止めの合図のあとも鉛筆を持って字を書いていると不正行為とみなされ、本番の入試では退場させられます。)

 

 

★理社

そろそろ皆さんも飽きてきたでしょうから、これで最後にしようと思います。理社編です。

夏休みは関東系の教室はメモチェが配布されていたでしょうから、そろそろ1周目が終わるころでしょうか? 

その他のエリアであっても夏期本体のテキストの作業ノートなりインプット学習はやってきてことでしょう。

 

暗記で大切なのは定期的なメンテナンスです。

今は覚えていると思っても時間がたつと忘れてしまうこともあります。

メンテナンスというのは忘れる前にもう一度チェックすることです。

覚えていると油断しないで毎日15分程度で構いませんからメモチェを入試まで続けましょう。

 

・合格完成語句

・計算と漢字

・メモチェ

 

これを9月以降、勉強をはじめるときに必ずやる。

できれば朝やることをお勧めします。いわゆる朝勉です。

続けていくとどんどんスピードアップします。

このとき気を付けたいのが、単語カードやまとめノート作りに時間をかける自己満足の勉強にならないようにすることです。

 

子どもが単語カード作っているときは現実逃避している可能性が高いです。

必ず書いて覚えるようにし、残された貴重な時間をインプットの時間に今は使うべきでしょう。

冬休み近くになるとあれもやらなきゃこれもやらなきゃとあせり、落ち着いて暗記の作業はできなくなります。

 

最後に子ども達の成績を毎年見ているとこの時期は時事の弱さを感じます。総理大臣やアメリカの大統領、都知事の名前と顔、政党名など答えられるようにしておきましょう。(もちろんまだ問題は見ていませんから、例年からの傾向です)

ちなみに時事問題は10月までのできごとが出題されることが多いです。

10月はノーベル賞の発表がありますのでノーベル賞まではチェックしておきたいです。

受験学年以外の皆さんも小学生新聞や小学生向けのニュース雑誌などに定期的に目を通し、世の中のことに関心を持ちましょう。

 

月刊ニュースがわかる 2019年 9月号

 

ジュニアエラ 2019年 09 月号 [雑誌]

 

新聞はたまりやすいので月刊誌の方が気軽に読めると思います。

TVニュースでもいいのですが、情報量は文字の方が多いと思うので、文字で読む方をおすすめします。

 

★チャンネル登録はこちら

https://www.youtube.com/channel/UCr9fjwmchq40_FviImk2fxQ?sub_confirmation=1

★インスタ
https://www.instagram.com/akira_arukikata/?hl=ja

 

★著書

↓発売日にご覧になりたい方はぜひご予約をお願いします!
中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール【完全版】

 

中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール【完全版】

 

中学受験 偏差値が届かなくても受かる子、充分でも落ちる子 必ず合格できる学び方と7つのルール
https://amzn.to/2w3ul7o

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと押してくださいね。

にほんブログ村