【実況】蜘蛛の糸 | 台本、雑記置場

台本、雑記置場

声劇台本・宣伝を書き綴っていく予定です。
御用の方はTwitter、mail、またはブログメッセージにてご連絡頂けましたら幸いです。
Twitter:@akiratypeo913
mail:akira3_akira3★yahoo.co.jp ★→@に変えてください


テーマ:


 ある日のお昼過ぎ、お釈迦様が蓮の咲く池をのぞき込みました。

透き通った水の下では、罪人たちが地獄の池でもがいています。

 お釈迦様はカンダタという男を目にとめ、彼に向けて池の上から

蜘蛛の糸をすうっと垂らしました。


 場所は変わってここは地獄……。

 暗闇に差し込む糸という光は、零れてきた天からのチャンス……。

 そして、天空への道。『挑戦』という名の極楽の誘惑!


 糸は目の前だ。カンダタ、その糸をどうする、どうする!? 

手を伸ばし……今! 掴んだ! 昇ったぁ! 


さあ、レースの始まりです。


 人生という名の過酷なレース。彼らはそこに悪の華を咲かせ、

今なお地獄の淵でのたうつ大いなる悪人! 偉大なる愚者たち!

 天より伸びる一本の糸は一筋の希望か、届かぬ絶望か!?

それを決めるのは罪人の意思か、天の采配か!?

地獄一危険な昇り棒は待ったなし一方通行進行中!

 本命カンダタ昇る、速い! 鬼の形相で天へと吠えるか!?

対抗馬シンデタも負けていない! 伊達に死んでないこの男たち!

 おおっと奥から追い上げてくるのは大穴ジルドレー!!

糸の先には幼女は見えるか、お前の髭はまだ青いか!?

天国への扉はロリコンに微笑むのか、ジルドレ速い! 速いぃ!  

 最終コーナーを昇って三者横一線、ゴールは目前、

ああぁ~っとぉ! ゴール! ゴールしたのはジルド……(プツン)




 ……お釈迦様は憂鬱そうにため息をつくと、落ちていくカンダタに

悲しそうな目を向けて、財布をしまい蓮の池から離れていくのでした。

緒方あきらさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス