王国の釼 前編 | 台本、雑記置場

台本、雑記置場

声劇台本・宣伝を書き綴っていく予定です。
御用の方はTwitter、mail、またはブログメッセージにてご連絡頂けましたら幸いです。
Twitter:@akiratypeo913
mail:akira3_akira3★yahoo.co.jp ★→@に変えてください


テーマ:

王国の釼 前編


CAST
・ロクス
貧しい貴族の家系の騎士。元の名を捨て実力のみで騎士団の中核に成り上がり、
黒騎士の称号と祝福を受ける。生まれ育った祖国のために戦う騎士。
・ティアナ
ギルハルト王国で孤児院を運営するシスター。貧しいギルハルトには身寄りのない
子供が多く、孤児院にその身を寄せている。
・アウグスト
ギルハルト王国の国王。貧しい国を存続させるために他国への侵略を企てる。
野心というより、国民を守る事を第一にした結果の侵攻に踏み出す。
・オイゲン
ギルハルト王国の若き大臣にして参謀。侵攻に出ようとする王をいさめ、
国の宝であるブルーダイヤを交易に使い国を栄えさせようと建策する。
・バロル
新興国ルインスの若き国王。国の繁栄のためには手段をいとわない男。
・ジャミル
ルインス王国の女騎士。残虐な作戦を好んで行う戦闘狂。
・ゼリク
ルインス王国の騎士。ジャミルの双子の弟。崩れた言葉を使い血を好む。
  姉と同じく残忍な性格。
・語り


~劇中表記~

ロクス:♂:
ティアナ:♀:
アウグスト:♂:
オイゲン:♂:
バロル:♂:
ジャミル:♀:
ゼリク:♂:
語り:不問:


~7人ver~
ロクス:♂:
ティアナ:♀:
アウグスト、バロル:♂:
オイゲン:♂:
ジャミル:♀:
ゼリク:♂:
語り:不問:


~6人ver~
ロクス:♂:
ティアナ、ジャミル:♀:
アウグスト、バロル:♂:
オイゲン:♂:
ゼリク:♂:
語り:不問:


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


語り:風。冷たい風が大地を走る。ギルハルト王国は1年の大半を雪の中で過ごす
  気候の厳しい国であった。厳しい寒さはこの地に住む人と人々が育む作物が
  生きる事を容易には許さない。重厚な白い雪に閉ざされた世界。
  その雪をけたてて一騎の騎馬が駆ける。
  騎士、ロクス。
  これは、数奇な運命をたどる、ひとりの男の物語。


ロクス:ティアナ、私だ。ロクスだ。門をあけてくれ。


SE:門が開く


ティアナ:まあ、ロクス様。ようこそおいでくださいました。こんな時間に
  めずらしいのですね。
ロクス:孤児たちの間で病が流行っていると聞いてな。ここは寒い。孤児院の中が
  冷えてしまう。入ってもよいか?


ティアナ:ええ、もちろんですわ。
ロクス:ふう…。今日も冷える。今年は一段と寒さが厳しいな。子供たちは
  寒い思いをしていないだろうか?


ティアナ:この間ロクス様がお金を出してくれて、孤児院には暖炉も出来ました。
  子供たちは寒がってはいますが、前よりもずっと良いですわ。
ロクス:そうか、良かった。では、これを。


ティアナ:これは…薬草ですか?
ロクス:ああ。知っておろう、我が国の若き大臣であるオイゲン様に頼み、
  遠方の国の薬草を仕入れて貰った。あらゆる病に効くという話だ。
  これを煎じて(せんじて)子供たちに飲ませてやってくれ。


ティアナ:こんな高価なものを…。
ロクス:良い。子は等しく国の宝だ。何よりも守らねばならない。


ティアナ:それでも、ロクス様はいつも私財を投じて子供たちのために尽くして
  下さっています。これ以上のほどこしを受けるわけには…
ロクス:ほどこしなどと。騎士が国のために働いているだけのことだ。
  …なに、私よりもティアナのほうが苦労をすることになる。


ティアナ:どういうことですか?
ロクス:この薬草はな。大層苦いらしい。子供たちに飲ませる苦労は並大抵の
  事ではないだろう。その役目を私はティアナに命じよう。さあ、受け取れ。


ティアナ:それは苦労しそうですわね。…ありがとうございます、ロクス様。
  その役目、喜んで全ういたしますわ。
ロクス:感謝する。さて、では俺はもう行くよ。


ティアナ:え?子供たちには会って行かれないのですか?
ロクス:昼過ぎに登城(とじょう)するようにと国王陛下より仰せつかっている。
  今、子らにあっては昼までに帰らせてはくれまい。


ティアナ:みな、ロクス様に遊んで貰いたくて仕方がないですからね。
  では、お勤めいってらっしゃいませ。
ロクス:また夜に寄ろう。皆によろしくいっておいてくれ。では。


語り:元々貧しい国であったギルハルトには、孤児が絶えなかった。ティアナの
  住まう孤児院は、常に子供たちが腹をすかせ、寒さに震えて暮らしている。
  子は国の宝。その信念のもと、ロクスは足しげく孤児院に通い、支援し
  続けていた。
   没落した貴族の家系であったロクスはその剣の腕で出世し、今では軍を
  預かるまでになっていた。国の内政を司るオイゲンと、軍を統治するロクス。
  王の元に集った二人の英知が王城の奥に呼ばれたのであった。


オイゲン:国王様、それだけはなりません!


語り:王の執務室に向かう中、ロクスはオイゲンの大音声(だいおんじょう)を
  耳にする。冷静で物静かなオイゲンには似つかわしくない声であった。


ロクス:失礼いたします、騎士ロクス、ただ今参りました。オイゲン様、声が
  執務室の外まで響いております。一体いかがなさいました?
アウグスト:来たか、ロクス。入れ。


ロクス:ははっ。
オイゲン:国王様、早まってはなりません。そのような道、決して国の取るべき
  方法ではありません。このオイゲン、かような行動は御止めいたしますぞ。


ロクス:オイゲン様、一体どうされたのです?
オイゲン:ロクス、お前の考えも聴きたい。国の大事だ。


ロクス:…穏やかではありませんな。
アウグスト:この度訪れた雪の猛威についてだ。作物は育たず、我が国の食糧庫は
  もはやその蓄えを失いつつある。


ロクス:それほどに…。
アウグスト:この死の雪の中、強きギルハルトの民は屈せずとも、作物を育む事は
  容易ではない。このままではこれより来たる冬を越せぬ。そこで私は決意した。


ロクス:決意、と申しますと?
アウグスト:他国を攻める。豊かな国を奪い、我が領地とし、そこで我が国の
  臣民を豊かに住まわすのだ。このままでは国は自壊してゆくであろう。
  滅びがはじまってしまう、その前に打って出るのだ。


ロクス:このままでは、滅び…。
オイゲン:今必要なことは侵略などではありません!ひとたび戦を起こせば、
  どれほどの人間が犠牲になるとお思いですか!?民を守るために、民や騎士に
  死ねと、そう命じるのですか!?


アウグスト:このまま滅びゆく道を、私は国民に強いる事は出来ぬ。
オイゲン:死か戦いか。それだけなのですか?違うはずです!道はほかにも
  ありましょう。作れぬのであれば奪う。そのような理はございません!
  ロクス、君はどう思う?


ロクス:…登城の前に、孤児院に寄ってまいりました。孤児院では、孤児たちは
  腹をすかせ、寒さで震え、病に倒れ…。国王様のおっしゃる通り、この冬を
  越すのは苦しいかもしれません。
   もし冬を越せたところで、豊かになる見込みもございません。民や子を
  守るために、豊かな土地があれば…。何度となく、願ったことでございます。
オイゲン:ロクス!君まで何をいう!


ロクス:オイゲン様。民は、子供たちは飢え、苦しみ、疲れ果てています。
  …私は、どんな方法でも、彼らを救ってあげたい。
アウグスト:軍の頂点にいるお前がそういってくれるのであれば、心強い。
  ならば騎士ロクスに命ずる…


オイゲン:お待ちください!
アウグスト:オイゲン…お前はこの国の現状をどうみるのだ。


オイゲン:…外交を。今すぐに私を使者にお立て下さい。見事、国に冬を越せる
  だけの食糧を手に入れてまいりましょう。
ロクス:オイゲン様、いかにオイゲン様であっても、我が国の惨状をしる諸国から
  食糧を手に入れるなどということは不可能です。豊かな国々は、いつも我が
  ギルハルトの苦境をただ見ているだけではないですか。


オイゲン:ブルーダイアを私にお預けください。
アウグスト:ブルーダイアを…?


オイゲン:この厳しき雪の世界が作り出す結晶。解けない宝玉。我がギルハルトの
  至宝にして年にわずかしか取れない奇跡の石。あれが有れば、他国との外交を
  進める事が出来ます。
アウグスト:ならん!我が国の宝をみすみすほかの国に渡せるものか!


オイゲン:確かにブルーダイアは我が国の宝、しかし!真の宝は民であり子であり、
  国の未来でございます。ブルーダイアなど国の未来に比べれば、ただの石に
  過ぎません。
アウグスト:むう…。


オイゲン:このオイゲン、その石を預かり国の未来を手にして御覧に入れましょう。
  この冬さえ凌げれば、私は次の冬までに雪の中でも生きる作物の種子を仕入れて
  ご覧にいれましょう。どうか、国の未来を血に染めるようなことはしないで
  くださいませ…。
ロクス:未来を血に染める…。


オイゲン:ロクス、一度でも血に染まった道を作ってしまえば、子供たちもその
  道を歩むことになるのだ。侵略は、決してしてはいけない。
ロクス:オイゲン様…。


アウグスト:…オイゲン、交渉はそれでも難しかろう。我が国の窮地を敵に知らせて
  やるようなものでもある。危険な賭けだということ、わかっているのか?
オイゲン:重々承知しております。しかし、戦よりも傷のつかない策です。
  剣を取るのは、すべての道が閉ざされた時でしょう。今はまだ我らにとりうる
  道はいくつもあると考えます。


アウグスト:お前がそこまで言うのであれば、ブルーダイアをお前に託そう。
オイゲン:ははっ、ありがとうございます。


アウグスト:しかし、どの国へ向かう?隣国レウスは豊かな国だが閉鎖的だ。
  我が国との交渉も何度も断られているぞ。
オイゲン:南の新興国、ルインスへ。


ロクス:ルインス…。近年台頭してきた軍事国家ですか。
オイゲン:今最も勢いのある国だ。だがその勢いゆえに他国からは敬遠されている。
  我が国は貧しいとはいえ伝統ある国。こちらから手を尽くせば交渉の席につか
  せることも可能であろう。


ロクス:交渉するには危険過ぎる相手である、と考えます。
オイゲン:私もそう思う。だが、他国も皆そう思っている。国としてルインスは
  孤立しかけているのだ。他国との外交は、示威という意味でルインスに大きな
  利益が出る。


アウグスト:だがそれは逆に、諸国にはルインスと我らが組んだと見受けられる
  事になるのだぞ。あの国は戦を重ねている、恨みも多く買っているぞ?
オイゲン:侵攻をすれば我が国も同じ道を辿ります。ご安心を。ルインスと組む
  事を進言したのはこのオイゲン。この盟約が不利になったときは、この首を
  はね、他国にけじめとされてください。


アウグスト:命を捨てるのか?オイゲン。それも不名誉な死でだ。
オイゲン:このオイゲン、剣をとることは出来ません。血で汚れる代わりに、
  この名と身、どのようによごそうとも後悔はありません。すべてはギルハルト
  王国のために。


アウグスト:…そこまでの覚悟か。ならばオイゲン、全てをお前に任せるとしよう。
  この国の未来、見事その手で開いてみせよ。
オイゲン:かしこまりました。支度をし、明日にはたとうと思います。


アウグスト:ふむ。黒騎士団の一隊をお前に預けよう。
オイゲン:必要ありません。騎馬隊を率いていけば諸国にもルインスにも警戒
  されましょう。わが身1つで行く所存でございます。


アウグスト:むう…。しかし一人でなど…
オイゲン:目立たぬよう、旅人の姿で参りましょう。この雪深い土地、そうそう
  旅人1人見とがめられはしません。


ロクス:いえ、オイゲン様。私も参りましょう。
オイゲン:ロクス?


ロクス:国王様の決定が出たのであれば、今、国の命運を預かるのはオイゲン様
  です。単身、危険な場所に向かわせるわけにはいきませぬ。しかし、軍が
  動けば国も手薄になり、諸国にも警戒されます。ここは私がオイゲン様を
  身に代えてもお守りいたしましょう。
オイゲン:ロクス、この道中は危険だ。君は国を守れ。


ロクス:危険な橋も渡りきれば勝ちです。その勝算はオイゲン様の中にあります。
  私はその賭けにかけたい。どうか共にお連れください。
アウグスト:ロクス、その覚悟見事。オイゲンと共に我が国の命運、変えてみよ。


ロクス:ははっ!
オイゲン:しかし…


アウグスト:戦も賭け。外交も賭け。我が国の置かれた状況はあまりに厳しい。
  そうは思わぬか、ロクス。オイゲン。しかし、命を懸けて国のために働こうと
  してくれる者たちがいる。私はその者たちにも報いたいのだ。国の事はこの
  私が直々に見る。心配いたすな。
オイゲン:…お心遣い、胸が張り裂ける思いです。必ずや…必ずや我が国の未来、
  この手で持ち帰って見せます。


語り:執務室を後にすると、オイゲンとロクスはその日のうちに使いを出し、
  ルインスとの交渉の準備に取り掛かった。オイゲンとの打ち合わせを済ませる
  と、明日の出立を前に、ロクスは身支度も程々に孤児院へと向かった。


ティアナ:ロクス様!ようこそおいでくだされました。ロクス様に命じられた
  役目、きちんと果たしましたわ。
ロクス:そうか。ティアナ、ありがとう。大義であったな。

ティアナ:いいえ、そんな。ロクス様こそ、こんなに遅くまでお城の勤め、
  大変ですのね。ご無理はなされないでくださいね。
ロクス:そのことだがな。


語り:ひとつ間を置くと、ロクスは今日城であったことをティアナに丁寧に
  説明したのであった。


ロクス:戦争か、外交か。オイゲン様は国の未来を血で汚さない道を選びたいと
  おっしゃった。私もそう思う。そしてその外交に命を懸けてのぞみたい。
  …数日はここにも来れなくなる。交渉の進み具合によっては、ひと月以上
  来れぬかもしれん。命を失うこともある。
ティアナ:私には、国事や国政はわかりません。ですが、ロクス様もオイゲン様も、
  国を良く支えてくださっていることは理解しているつもりです。どうか、
  道中お気を付けて…。…ここも、寂しくなります。……私も…。


ロクス:ティアナ…。私にもしもの事があれば、我が家の財産はすべてこの孤児院に
  回したいのだが。
ティアナ:そんな…。おやめください、そんな事考えたくもありません。


ロクス:しかし、危険な事だ。これからも国の危機の前には、私が身命をなげうつ
  事も多くなるだろう。君と、子供たちが心配だ。せめて残せるものは残したい。
ティアナ:…ですが。


ロクス:言うべきか、悩んだ。しかし、悔いは残したくない。ティアナ。
  私の妻となって欲しいのだ。
ティアナ:え…。それは…。


ロクス:孤児院に私の財が流れる事を、我が一族の者も納得する形が必要なのだ。
  それには私の婚礼が一番話も速い。妻と妻が育てる孤児たちのためという
  名目があれば、一族も異を挟めまい。名ばかりのものでよい。私の家に名を
  連ねてくれないだろうか?
ティアナ:…ロクス様は、冷たいお人ですね。冷たいのに、どこまでも優しい。
  …けれど…、女心は全くわかってくださらないのですね。


ロクス:…私は。
ティアナ:騎士の勤めの中、毎日この孤児院に通い子供たちを守ってくださる
  あなた様の事を、私がどう思っているか…。お考えくださったことは1度でも
  ありますか?私はいつも、ロクス様を見ていました。けれど、ロクス様は
  私だけを見て下さることなど一瞬も無かった。それでも、良かった。
  それなのに…。


ロクス:ティアナ…。
ティアナ:それなのに、今度は孤児院のために名ばかりの婚姻などと…。
  ロクス様のお心遣いは人として、限りなく優しいです。ですが、貴方を想う
  女の身には、その言葉はあまりにも残酷です。


ロクス:残酷なことは、承知の上だ。私はな、ティアナ。国の未来を背負う事を
  誓った時、己を捨てた。恋だの愛だのという気持ちは、国事を背負う身には
  不要なのだ。それでも…今の危機を脱したあかつきには、君と共に花開く
  庭園を二人で歩きたい。捨てきれぬ思いを、君にだけは見せたい。
  …本当になんとも思わぬ相手に婚姻を迫れるほどには、わが心は凍っていない。
ティアナ:ロクス様…。


ロクス:ロクスと呼んでくれ。
ティアナ:そんな、恐れ多い…


ロクス:婚姻を受けてくれるのであれば…返事として、そう呼んでくれ。
ティアナ:……ロクス。

ロクス:ティアナ、ありがとう。


語り:ランプが映し出した黒く伸びた二つ影。その影がそっと触れ合い、そして
  重なる。永遠のようなほんの一瞬、その影は空間を泳いだ。
  朝日がランプの作り出した影を消し去り、新たな影を生む。ロクスは鎧を
  着け剣を履き(はき)、出立に備えた。


ティアナ:ロクス様…。無事のお戻りをお待ちしておりますわ。
ロクス:それまで子供たちを頼んだぞ、ティアナ。それと…


ティアナ:いかがなさいましたか?
ロクス:私の事はロクスと呼べ。


ティアナ:そんな…。すぐには、その…出来ません。
ロクス:あまり従順になりすぎなくてよい、窮屈になるぞ。戻ったら、名を
  呼んでくれ。それを楽しみに私は国を発とう。


語り:ロクスはティアナの髪を1度撫で、馬に乗りオイゲンと共に南のルインスへ
  と向かったのであった。一方ルインスでは、オイゲンの使いから手紙を受けた
  国王バロルと二人の騎士の姿があった。


ジャミル:バロル様、失礼いたしますわ。
ゼリク:バロル様ぁ、さっきのアレ、なんです?


バロル:来たかジャミル。ゼリク。我が国の繁栄を見込んで、ギルハルトの
  飢えたネズミどもが、食い物を寄越せと言いに来るという事だ。
ゼリク:はっ!なんすかそれは。なめやがってよぉ…。さっきの使者、殺さなくて
  いいんです~?


バロル:はやるな、ゼリク。どうもねずみは手土産くらいは持ってくるらしい。
ジャミル:手土産と申しますと?


バロル:ブルーダイア。噂に聞いたことがあるがな。
ジャミル:雪に磨かれし青き結晶。その石でとぎあげた剣はどんなつるぎよりも
  切れるという噂の?


バロル:その通り。その噂が虚か実か判断はつかぬが…一見の価値はあろう?
ゼリク:いいっすねぇ!ギルハルトっつったら雪の国じゃあないですか。
  好きなんですよね、真っ白い雪に流れる血。


ジャミル:あんたは気が早いんだよゼリク。黙りな。
ゼリク:ねえさん、俺たちゃ今や飛ぶ鳥落とすってやつだぜ、じっとしてるのは
  性にあわねぇよ。


ジャミル:その鳥がお宝持ってくるっていうんだ。せいぜいお行儀よくして
  いようじゃないのさ。探して奪うよりもよっぽど楽さね。
バロル:そういうことだ。ブルーダイアのうわさが本物であれば奪う。だが
  まずは真贋を確かめてみてからだ。明日には正式な使者が来る。少しの間は
  待つとしよう。


ゼリク:へーへー!そうでございますかよっと。早く戦になんねーかなぁ~。
ジャミル:口が過ぎると明日の謁見に立ち会えないよ、ゼリク。いいのかい?

ゼリク:はいはい、かしこまりましたよっと。

      
語り:翌日。オイゲンとロクスがルインス王国に到着すると、すぐさま謁見の間に
  通された。


バロル:ギルハルトの使者よ、遠路はるばるご苦労であった。
オイゲン:ルインス王国バロル様、お会いできて光栄でございます、わたくしは
  ギルハルト王国の大臣、オイゲンと申します。こちらに控えたるは騎士ロクス
  という者です。我々は…


ゼリク:ふわぁ~あ…。
バロル:前口上はよい。時が惜しい、本題に入ろうではないかオイゲンとやら。


オイゲン:…はっ。この度我がギルハルトは、ルインス王国との交易を申し入れ
  たく存じます。
バロル:使いより話しも聴いている。まずはブルーダイアを確かめたい。


オイゲン:ほんの一部ですが、これに。
ジャミル:一部…。どういうことさね?出し惜しみは感心しないよ?


ロクス:(…なんだ、この騎士どもは)
オイゲン:荷は順次運びこみましょう。我らの役目は交渉の成立。ご理解下さい。

バロル:ふむ、これがブルーダイアか…。ジャミル!ゼリク!


語り:ブルーダイアを受け取ったバロルは、おもむろに傍らに控えていた二人の
  騎士にブルーダイアを放り投げる。その刹那、二人の騎士は腰の剣を抜き
  払い、両側よりブルーダイアに剣をぶつけた。その剣は1本は折れ、もう
  1本は大きなヒビが入っていた。ブルーダイアには傷一つない。


ジャミル:こいつぁ驚いた。あたしの剣が形無しだ。
ゼリク:おいおい、鉄鋼を練り合わせた業物だぜ?こりゃあすげーや。


ロクス:…速い。
オイゲン:…何をなさいますか?バロル王。


バロル:交渉品の品定めをしたまでの事よ。しかし、なかなかのものだな。
  貴国はこれをどれほど蓄えているのか。
オイゲン:通常の作りの倉にて3つ分はございます。また、毎年わずかではあり
  ますが生成されております。もっとも、我が国の者しか生成は出来ません。


バロル:それは誠かな?
オイゲン:雪の吹きすさぶ風の結晶。他所のものにはたやすくは作れませんぞ。


バロル:なかなかに言う。それで、これを交易にあて貴国が望む食糧は
  いかほどのものか。
オイゲン:国民がこの冬を過ごせるだけのものがあれば…。


バロル:ブルーダイアをすべて。それで貴国が1年暮らせる食糧をだそう。
オイゲン:ブルーダイアをすべては出せません。その条件であらば、4分の1を
  お譲りいたします。一季節を凌ぐ食糧を頂きたく存じます。


バロル:すべては渡せぬという事か。
ゼリク:なぁなぁ、どうせまた飢えるんだろぉ?全部寄越して、もらえるだけ
  くいもんもってけよ。


オイゲン:我が身命にとして、次の冬を乗り越える策もねります。貴国にただ
  食糧を頂きすぎては申し訳が立ちません。
バロル:…まあよい。我が国は戦続きではあるが幸い食糧には困っていない。
  そのうえブルーダイアは武具に最適な鉱物だ。その取引、受けようではないか。


オイゲン:速やかなるご英断、ありがとうございます。
バロル:これで交渉は成立だな。食糧を貴公らがその目で選びもってゆけ。
  早速運んできたブルーダイアはこちらに入れて貰おうか。


オイゲン:…かしこまりました、そのように合図を送り手配いたします。
バロル:あくまで手の内は明かさぬか。まあよい、強行軍であっただろう。
  宿舎を用意させてある、今宵はゆるりと休むがよい。ジャミル、案内を。

ジャミル:はい。さあ、二人ともこちらへ。


語り:オイゲンとロクス、そしてジャミルが出ていく。それを見届けると、
  バロルは静かな声でゼリクに言った。


バロル:ゼリク…。手筈通りにやれ。お前は国のほうだ。
ゼリク:生成がどうのこうのと言ってましたが、ブルーダイアはどうします?


バロル:構わん。職人や技術者とおぼしき者は殺さず捕えろ。どこかに工房でも
  あるのであろう、抑えておけ。
ゼリク:ほかは?


バロル:好きにしろ。
ゼリク:ふうん、ほんとに俺の好きにしちまっていいんです?


バロル:あの小賢しい大臣を片づけた後、ジャミルもそちらに回す。
  それまではせいぜい姉のいない所ではねをのばすがいい。
ゼリク:あっはは!さっすがバロル様は話がわかる。んじゃあまあ、お言葉に
  あまえちゃいましょうかねぇ~!


バロル:わかっているとは思うが。それに見合う手柄は立てよ。いいな?
ゼリク:くっくっく…。こりゃあ楽しくなってきた。騎士ゼリク、承知つかまつり
  ましたよっと。あっちでバロル様をお迎えする準備をしておきますよ。
  くくく、はっははははは!


語り:その頃、宿舎では…


ジャミル:こちらですわ。どうぞ。
オイゲン:ありがとうございます。ええと…


ジャミル:ルインスの騎士、ジャミルと申しますわ。オイゲン様。
オイゲン:ジャミル殿か、その名、覚えておきます。では…


ロクス:失礼します。
ジャミル:ギルハルトの騎士ロクス。


ロクス:…何か?
ジャミル:随分と腕が立つそうだねぇ、噂はかねがね。「黒騎士ロクス」ってね。
  いつか一緒に遊んでみたいもんだ。

ロクス:…ご冗談を。失礼。


・・・


オイゲン:ルインス王国…。噂以上だな。
ロクス:しかしオイゲン様、首尾よく食糧を得る事は出来そうですね。


オイゲン:…許可は得た。一部の食糧はすでに早馬を使い、人も雇って

  運びはじめて貰っている。
ロクス:なぜそのような事を?


オイゲン:どうにも読めぬ。ブルーダイアを兵器としてしか見ていない事や、
  生成法にまで話が及ぶ事からしても…。私は大きなミスをしたのかも
  しれぬ。相手を見誤ったという気がしてならぬ。
ロクス:…危険な国ではあるでしょう。しかし、だからこそ瞬く間に話が
  まとまった、という見方も出来ます。平和な国家ではありえない速さです。


オイゲン:それだけではないかもしれぬ。…とにかく、今宵はこの宿舎で
  過ごすのは危険かもしれん。すでに監視もついていよう。日が暮れると
  同時に闇にまぎれてここを出よう。急ぎギルハルトに戻るのだ。
ロクス:かしこまりました、道中の護衛はお任せを。


語り:日が傾き、夜の闇が宿舎を覆う頃、ロクスとオイゲンは食糧を運ぶわずかな
  輸送隊を連れて、密かに宿舎を抜け出し、山間の道を駆けたのであった。
  ほどなくして背後より赤い光…。オイゲンの読みは正しく、その赤い光は
  先ほどまでいた宿舎の燃えさかる炎であった。


オイゲン:…やはりか。
ロクス:信じられません…。国家間の交易がなりたったばかりだというのに、
  その国の重臣を殺そうなどと。


オイゲン:奪うことでしか生きられぬ。我が国とルインスは同じかもしれん。
  だからこそ、分かり合えると思った…。ロクス、許せ。私の考えは甘すぎた。
ロクス:いえ。オイゲン様の策がなる事が、最も血の流れない道でありました。
  無念です…。ここまでする相手です、追撃もあるでしょう。急ぎギルハルトへ。


ジャミル:おやおやつれないねぇ。もう帰っちゃうのかい?オイゲン様、
  それに黒騎士ロクス。
ロクス:…すでに囲まれていた、か。不覚。


ジャミル:はん、少々知恵を絞った所で、ここはあたしらの庭だよ?逃げられると
  思ったのかい?    
オイゲン:ルインスとギルハルトは置かれた立場も近い。なぜ歩み寄る事を
  拒んだ?バロル様は何を考えている?


ジャミル:ぬるいんだよ、あんたらは!欲しいものは奪う。邪魔なものは殺す。
  それだけの事だろ。まぁ、飢えて痩せ細った連中にはわからないかもねぇ。
  牙を失った犬っころはそのまま死んじまいな!
ロクス:牙が無いかどうか、確かめてみるのだな。


オイゲン:よせ、ロクス!君だけでも囲みを越え、急ぎギルハルトに戻るのだ!
  ルインスは必ずや攻めて来よう。戦の準備をせねばならぬ。
ロクス:しかし、すでに囲まれています!


オイゲン:私が先頭に立ち、食糧を運ぶものたちを囮にしよう。その間に行け。
ロクス:なにを…!ぐっ!?


オイゲン:今国に必要なものは、策をあやまった大臣ではない。強い騎士だ。
  君は生きて国に戻るのだ。皆の者!これより包囲を突破する、私に続け!
ジャミル:むっ、力ずくで包囲を破ろうってかい。案外強攻な手段もとれるじゃ
  ないかい。お前たち、一人も逃がすんじゃあないよ!


語り:オイゲンに剣の柄尻で強く打たれたロクスが、闇の中地面に倒れ込む。
  オイゲンが先頭にたち、輸送隊は駆け出す。ギルハルト王国とは
  真逆の方向に駆け出した輸送隊に、ジャミルは一瞬反応が遅れる。逃げ切れる
  と踏んだ輸送隊に勢いがついた。慌ててジャミルは騎士を率いて後を追って
  ゆく。騎士たちが去ったあと、ロクスは闇の中を起き上がった。


ロクス:オイゲン様…どうか、ご無事で。……帰らねば。ギルハルトへ。


語り:深い闇の中、赤い光を背に一人の騎士が去ってゆく。その頃、輸送隊と
  それを追った騎士たちは激しくぶつかりあっていた。輸送隊にまともに戦える
  者などなく、それは一方的な虐殺でしかなかった。


オイゲン:ここまでだ!皆の者、もはや逃げ道はない。投降するのだ!命を
  粗末にしてはならん!
ジャミル:…投降?それを許すと思って?


オイゲン:このオイゲンの首はくれてやる。だが、隊の者の命は保証して欲しい。
ジャミル:あらあら、随分と都合の良い話しね。暴れるだけ暴れて殺さないで
  下さいってかい?


オイゲン:捕虜に対する処遇も国としての姿勢であろう。少しでもルインスの
  汚名を濯ぐ(そそぐ)機会を設けたまで。そのうえでの頼みだ。
ジャミル:はん、わからない人ねぇ、大臣様?あたしらにゃ汚名の1つや2つ、
  今更どうってことないんだよ!


オイゲン:私は貴国の利を語っているのだ。国に仕える騎士であらば、せめて
  国王の意を確かめてみては如何か(いかがか)?バロル様は聡明な方で
  あると見受けた。この利も理解できよう。
ジャミル:利だのなんだのまどろっこしいんだよ。あたしはね。ここにバロル様
  から任されて来ているんだ。バロル様の名前を語って言いたいこと言うのは
  感心しないね。…殺せ!


オイゲン:…ふう、これ以上は時間は稼げないか。
ジャミル:…何を言って…。むっ、黒騎士はどうした!?どこだい!


オイゲン:さあて、今頃はお前の後ろで機会をうかがっているかもしれないな。
ジャミル:なんだと…?


オイゲン:ロクスほどの男、この山道で木々に紛れ背後をとるのは簡単だ。
  輸送隊に手をだせば、お前の身が危ないぞ。
ジャミル:…第1部隊、森の後方を見てこい!ほかの者は抜刀!警戒を怠るな。


オイゲン:私がなぜこんな回りくどい事をしたか…。考えなかったようだな。
ジャミル:無駄な抵抗を…。


語り:不意に強い風が吹く。ガサガサと木の揺れる音、その1つ1つにジャミルは
  気を取られる。オイゲンの策にはまりいないロクスを警戒し、輸送隊と騎士達
  がにらみ合う。空が白み始めたころ、後方に送っていた部隊より連絡が入る。


ジャミル:異常は無いだと?…きっちりと背後をあらったんだろうね?
  黒騎士の奇襲なんざごめんだよ?
オイゲン:ふ、ふふふ…はっはははは!


ジャミル:何がおかしい?
オイゲン:ロクスならばとうにギルハルトに戻っていよう。騎士ジャミル、お前は
  いないロクスに怯えて我が前で何も出来ず立っていたに過ぎん。己の無能さを
  恥じるがいい!

ジャミル:貴様…小賢しい!はかったな!全員切り捨てろ!!


語り:明け始めた山の片隅で、何本もの白刃が舞う。騎士たちが去った後には、
  切り裂かれた何人もの男たちが倒れ込んでいた。大きな木を背に、その胸を
  貫かれたオイゲンが横たわっていた。


オイゲン:ロクス…時は、稼いだ…。後は、君に…。アウグスト様…、
  血の流れない未来を…開けなかった…、お許し、を…。
  ギルハルトに、平和と、えいこ、う…を……。


語り:朝日が射し込む。その光にオイゲンは腕を伸ばした。視界が暗くなる。
  太陽を掴んだかのような錯覚。この光とぬくもりを、ギルハルトへ。
  オイゲンの最後の願いは、彼の伸ばした腕とともに地面に落ち、消えた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続く






にほんブログ村

参加しています。よろしければクリックお願いします!


緒方あきらさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス