世界の厚さに挑む意義

テーマ:

「フレーム」とか「尺度」のお話し

昨日、情報遮断して亀海vsコットを観た

スーパーライトの時代から、日本中量級の図抜けたトップボクサー・・・それが、亀海喜寛選手

 

あの小野寺洋介山を子ども扱いした日本タイトル挑戦

 

 

 

コット戦、1ラウンド目は取ったものの、あとは・・・

スリッピングアウエィーでパンチを殺すも・・・

 

あの「マエストリート」のボクシングが全くポイントアウトできない・・・

 

相手に「自分のボクシングをさせない」スキルを持った百戦錬磨のボクサー・・・コット

 

これが世界標準だと言わんばかりのボクシングを見せつけられた

 

 

現在の日本人最強ボクサーの「フレーム」「尺度」では、世界の中量級トップへは届かないのかよ・・・と

 

 

いやいや、待て待て

 

決して悲観している訳ではなく、今後日本人がこの階級へチャレンジすべく大きな扉を開ける先鋒となった一戦で、実は沢山のヒントを残してくれた彼なのではと思う

 

 

超一流の世界で戦うことの難しさや意義を・・・みなさんも勝ち負け以上に感じてもらいたい

 

 

「そこ」に行った人間しかわからない領域・・・是非、今後を担う有能なボクサーに伝承して欲しいと思う

 

それくらい価値がある一戦だったとオヤジは感じるのですよ

 

 

人生は負けて学ぶことが圧倒的に多いはず

 

総ては「敗北」から始まる・・・BY オヤジ(笑)

 

 

ボクシングは美しく残酷・・・だからこそボクサーをリスペクトするんだよ


亀海選手&偉大なるコット  ありがとうm(_ _)m

AD

日本ユース王座決定戦

テーマ:

昨日行われた日本ユース王座決定戦

キッズボクシング出身の2名が出場しました

 

「富岡樹」君と「石井龍誠」君

 

前者はアマチュアボクシング経由でプロへ、後者はプロ直行

 

 

富岡君は右のオーソドックスで非凡なジャブの使い手

 

石井君は若干変則のサウスポーで遠い距離からの左が武器

 

歩んできた道は違えど、ずっと応援したい「思い出がいっぱい詰まった」ボクサーたち

 

 

特に、富岡君はアマチュア時代に「アンフェア」な判定に何度も泣かされ、一時期心配な時期があった

よくぞここまで立ち直ってユース王者になりました
 

いろんな人たちに支えられての栄冠だったと思います

樹君、おめでとうクラッカー

 

 

一方の龍誠君、惜しくも判定で敗れましたがまだまだ伸びしろ十分、これからも目が離せません目
 

龍誠、頑張れメラメラ

 

 

 

しかし、時代の流れは本当に早いなぁ~あせる

AD

判断の行方

テーマ:

その、一瞬の判断で物事がどちらかに傾くことが多々ある

 

傾いた方向にもそれぞれの思惑があり

 

悲しい思いをしたり、悔しい思いをしたり、逆に幸福になったりする

 

結局、その判断の良し悪しは当事者のみぞ知るところであり

 

時間の経過とともに明らかになっていくのだと思う

 

 

しかし・・・オレは・・・オレは・・・本当に一番近くにいた人の直感(総合的な判断)を信じたい

 

https://youtu.be/cqpBHVYCX6I

AD

10日遅れの誕生会にて

テーマ:

今日は10日遅れでオヤジの誕生会をやっていただきました^^;

 

長男HIRO一家も駆けつけてくれたので、家飲みは超奮発して寫楽の大吟醸で乾杯・・・

山田錦特Aの精米歩合20%という、未だかつてない純米大吟醸

 

過去に飲んだ日本酒のなかで最高峰の旨さでした!(^^)!
 

値段を聞かずに発注して・・・少し後悔しております(泣)

 

 

一通り歓談の後は・・・超レアショット

AKIRAの部屋で、子ども&孫1の「スマプラ」対決!!!

心休まる一日でございました

 

オヤジ・・・まだまだ生きなきゃなんねーなぁ

 

因みに左からHIRO(28)、蓮(4)、AYA(24)、AKIRA(16)

 

孫2の慶人はママとお風呂です(笑)